誰でも乗れるクルマには乗りたくない、目指すは究極のシェルビーGT500

クーペ

フォード

カーボックス

広島県

シェルビーGT500

シェルビー

SOUL OF FORD

アメマガ2019年6月号

2012y FORD SHELBY GT500 SVT

SOUL OF FORD


2012y FORD SHELBY GT500 SVT

2012y フォードシェルビーGT500SVT、2012y FORD SHELBY GT500 SVT

OWNER:小川さん

ポルシェ一筋のオーナーが走りの楽しさを求めシェルビーGT500を購入

数々のカスタムモデルを製作し続けるカーボックスにおいて、終わりのない作業が続くのが、小川さんの12年型シェルビーGT500だ。走りの楽しさを求め、さらには究極のスタイルを手に入れるために進化速度が桁違いなのだ。今回は作業が一段落したということで、現在のスタイルを披露することになった。
 

作業一つが軽自動車を買えてしまう内容

2012y フォードシェルビーGT500SVT、2012y FORD SHELBY GT500 SVT

カーボックスを頻繁に訪れると分かることだが、ファクトリーに置いている時間のほうが長いのでは? と思える程いつも作業中のクルマがある。それが、小川さんの12年型マスタング・シェルビーGT500だ。

愛車はポルシェ一筋だった小川さんだが、誰でも楽に乗れるように進化した現行モデルに運転する面白みを感じなくなり、未だにV8の大排気量を突き進む「ヤンチャなイメージがあった」アメ車に興味を持ち始め、カーボックスがスペシャルモデルとして大切に保管していた、スーパーチャージャー搭載でMT仕様というシェルビーGT500を即決購入。

CERVINIS製4インチカウルフード(マットブラック)

「ただ速いだけではなく、クルマを操る楽しさがあって、見た目も極めたい」。小川さんがクルマに求める理想は、まさにカーボックスが車両製作に掲げるテーマだ。両者の思いが重なったことで、究極のスタイルを作るべくこだわりの作業がスタートする。

リアウインドウルーバー(マットブラック)、サイドウ インドウ・ダクトタイプ張替え施工
当初からHREホイールに変更するなど、軽自動車が買えるほどの作業&パーツ代になったが、それに満足することなく毎年イメージチェンジを繰り返し、今ではカーボックス・ファクトリーのレギュラーポジションを獲得する。

リアウイング(一部ガンメタ)
そして今回、同モデルの作業が一段落。HREホイールからBC FORGEDに変更され、さらにはボディサイドの星条旗まで…。撮影終了後は、もちろんファクトリーに戻って行った。


マ グナフローエキゾースト・パイプ加工
BC FORGED・HCS151・20インチホイール(センター:ブラッ シュドアンバー/リム:マットブラック)、タイヤ/ピレリ・P-ZERO、タイヤステッカー
ドリルドスリット、ディアブロチューニング、小径プーリー装着
究極のスタイルを手に入れるべく、車両購入時点からカスタムに着手し、HREホイールをインストールするなどスタート時点から飛び抜けたメニューを施した小川さんだが、カスタム熱は冷めることなく毎年のようにイメージチェンジを繰り返す。

そして今回も大幅なリニューアルが施された。

CERVINIS製4インチカウルフード(マットブラック)、リアウイング(一部ガンメタ)、BC Racing RM-MAコイルオーバー、BC FORGED・HCS151・20インチホイール(センター:ブラッシュドアンバー/リム:マットブラック)、タイヤ/ピレリ・P-ZERO、タイヤステッカー、マグナフローエキゾースト・パイプ加工、リアウインドウルーバー(マットブラック)、サイドウインドウ・ダクトタイプ張替え施工、サイドデカール、フロントキャリパー・ブレンボ4ポッド(レッド塗装)/ローター・ドリルドスリット、リアキャリパーローター・WILWOOD4ポッド/ドリルドスリット、ディアブロチューニング、小径プーリー装着などだ。


Thanks/CAR BOX【カーボックス】
TEL:082-815-8448
URL:http://www.bs-carbox.jp


■Photo:高原義卓
■Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2019年 6月号掲載


最新記事


2023/12/06

BCDには目利きの効いた、刺さるアメ車が勢揃い!【BUBU阪神】

ショップ

現地スタッフとの連携で独自のネットワークを駆使して良質な車両を仕入れて販売するBCD(BUBUカリフォルニアダイレクト)。その2店舗目として人気を博すBUBU阪神。景気低迷の最中でもコンスタントに売れる人気店の魅力に迫る!

2023/12/05

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

SUV

ジープ

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

2023/12/04

-アメカルにまつわるエトセトラ- #33 NICE BUDDY

コラム

2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

ランキング


2023/12/05

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

SUV

ジープ

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

2023/12/04

-アメカルにまつわるエトセトラ- #33 NICE BUDDY

コラム

2016/07/12

【1969y Chevrolet CHEVELLE】どこに出しても自慢できるベストコンディションモデル

ビンテージ

GMを代表するハードトップセダンがシェベル。現在あるクルマとはまったく異なるデザインであり、それが逆に新鮮で格好良い。海や街中、どんなシーンでも衆目を集め、賞賛される。美しさとコンディションを併せ持つこの1台は必見のトレジャーだ。