シンプルながらもワイルドなストリートリフトスタイルを具現化させたシルバラード

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2019年7月号

シルバラード

ナオキモータービルド

大阪府

AMERICAN 4×4 & TRUCK

AMERICAN 4X4 & TRUCK
CHEVROLET SILVERADO


CHEVROLET SILVERADO

AMERICAN 4X4 & TRUCK

広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。

白×黒のモノトーン基調で魅せる、ワイルドフルサイズトラック!

CHEVROLET SILVERADO、シボレーシルバラード

カラードリムやカスタムペイント、ピンストライプなどに頼らず、シンプルながらもワイルドなストリートリフトスタイルを具現化させた シルバラード 。硬派なルックスにほんのりピンクの差し色を添えた個性溢れるカスタムセンスに迫る。

6インチリフトで37インチタイヤをゆとり履き!

CHEVROLET SILVERADO、シボレーシルバラード

スラムド or リフトアップと大きく分けて二通りのスタイルが存在するフルサイズトラックにおけるカスタムシーンにおいて、近年では2WDベースでもリフトアップカスタムを施すなど、アゲ方向のカスタムに軍配が上がる昨今、豪快なハイリフトとまではいかずともマイルドとも言い難い絶妙な上げ幅でインパクトを発揮する一台がこの シルバラード


過激なカスタムペイントやカラードリムを取り入れずとも、ウインチバンパーの強靭なフェイス回りにポケットスタイルのオーバーフェンダー、そしてCSTのリフトアップキットで6インチの上げ幅に余裕のフェンダークリアランスで履きこなす12JのTIS 544 20インチ×ジオランダーMT(37×12.5R20)のボトムスが大人のゆとりを感じさせる。

タイヤとフェンダーの隙間は好みではあるが、多少の悪路を走破する上でこのクリアランスは必須であり、大胆なワイドトレッドを避けた12Jに控えめな出幅のフェンダーの相性も抜群。RBP、アメリカントラックス、KMC、FUELなど様々なブランドがひしめくオフロードホイールの中で、TISを選ぶセンスも特筆物。


リフトアップとタイヤ外径アップで2.1mを超える車体だけにどこでもスンナリとはいかないものの、AMP電動ステップのインストールで乗降性は確保。高くなったベッド部へのアクセスはヒッチステップを踏み台に折り畳み式のトノカバーを付けて実用性を損なわない工夫を実施。

インテリアは日本国内の某シートカバーメーカーがSEMAへ出展する際に製作したもので張り替えレベルのクォリティーを誇り、シンプルなツートンカラーでハイグレードモデルさながらの室内空間へ誘う。


過激&ワイルドが定番のコンセプトとされるハイリフトスタイルのなかで、快適性や大人らしさを絶妙に融合させた シルバラード 。必要なものと不要なものを明確にしながら仕立てた〝シンプル イズ ベスト〟なフルサイズトラックカスタムは、大人カスタムのお手本的存在である。





ビレットグリルにウインチバンパーの硬派なフェイス回りにはLED ライトバーを完備。リフトアップスタイルに映えるトーイングミラーの換装に、乗降性を考慮したAMP 電動ステップ、ヒッチボールとしての役割だけでなくベッドへのステップとしても重宝するヒッチステップなど、シンプルながら“ 理にかなった” アイテムで彩る。

ナオキモータービルドでワンオフ製作したサイド出しマフラーもクール!


APS製トノカバー
APS製トノカバー
ダンパー式のFRP製トノカバーではなく、3段階で折り畳めるAPS 製トノカバーを採用。雨にさらしたくないキャンプ道具の積載から、高さのある自転車やアウトドアギアを積載する際まで、シーンに応じて荷台を使いこなすのが大人の嗜み。




一見するとオリジナルインテリアと見間違うレベルのクォリティーを誇るシートカバーは日本の某大手メーカーがSEMA出展用に製作した逸品。ツートン切り替えのスティッチなど細部まで仕立ての良さが際立ち、モノトーン調のエクステリアとマッチ。




オリジナルのコイルサスペンションを生かしたCSTのリフトアップキット。アームを初めとする各部位置補正に、ロングストロークショックでオリジナルの乗り味を保ちながら37インチサイズのタイヤを履きこなす。

リアフェンダーアーチに若干の加工は必要となるものの、タイヤハウスのクリアランスは余裕となり、ステアリングの切り幅も問題なし!


カーショーよりも見応えのある100台オーバーのミーティング【ナオキモータビルド&スターキーズ 滝畑BBQクルージング】
【リアデザインの至宝】エルカミーノが誇る最高の魅力、そのリアフォルムとは?
世代によって個性が異なる、シボレーのピックアップ
今こそゲットしたいアストロ!!【1994 Chevy Astro】


Naoki Motor Build
TEL:072-236-7300
HP:https://naoki-mb.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良

アメ車マガジン 2019年 7月号掲載


最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE