GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックアップなのだ。

ピックアップトラック

ビンテージ

C-20

1960-1970

アメリカンビンテージvol.04

スカイオート

フルサイズ・ピックアップのルーツがここに!


AMERICAN DAILY VINTAGE CAR

気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

1960-1970年代

レース活動が活発になり、ハイパフォーマンスカーが次々に登場。大排気量エンジンなどメカニズムにおいても大きな進化を遂げ、後年の「マッスルカーブーム」を作るきっかけとなった時代でもある。

1963y GMC C-20

フルサイズ・ピックアップのルーツがここに!

1963y GMC C-20

アメ車を象徴するクルマ……というと、どんなクルマを思い浮かべるだろう? 大排気量のマッスルカー? コルベットのようなスポーツカー? そう、たとえばフルサイズのトラックも、“アメ車らしい”クルマじゃないだろうか? このC-20は、そのルーツともいえるピックアップなのだ。

大胆なボディワーク繊細な曲線も多用

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。

取材車はGMのコマーシャルカーブランド、GMCのモデルで、シボレーのC/Kシリーズとは兄弟車となる。丸目4灯式のヘッドライトがGMCの特徴的な装備(シボレーは丸目2灯式)。フルサイズの大型ボディだが、ウインドウも含め、エクステリア各部に繊細な曲線が採用され、ビンテージらしい魅力もたっぷり。

インテリアは基本的に鉄板むき出しだが、ボディ同色にペイント。ミッションは4速のフロアシフト式で、ベンチシートのクルマには、珍しい設定。

シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

ステアリングにパワーアシストはなく、装着された265-17インチタイヤを操るには腕力が必要だが、それもまた味わい深い。ホイールベースはショート、スタンダード、ロングと3タイプ用意されたが、この時代のピックアップはまだ、シングルキャブのみの設定だった。

エクステリアとともにインテリアもリペイントなど、レストアを実施。シートは赤いパイピングがされオシャレな雰囲気となる。

直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。
直6、V6、V8と3種のエンジンがラインナップ。取材車は305のV6。
 
足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、 リフレッシュ。
足元はプロコンプの17インチホイールとラジアルタイヤで、リフレッシュ。
 
全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。
全長5.5mにもなるロングホイールベース車、シングルキャブだけにベッドも巨大だ。板敷きでスライドレールのカスタムも。


アメ車を象徴するピックアップの元祖

シボレーが初めて、ピックアップトラックを発表したのは1920年代。しかしそれはクラシックカー然としたもので、現代的なユーティリティを持つトラックとしては、'40年代に登場したフォード・Fシリーズに先を越されてしまった。


ようやくGM(シボレー&GMC)がフルサイズボディの、現代的なピックアップトラックを発表するのは、1960年になってから。2WD(後輪駆動)モデルはCシリーズ、4WDモデルはKシリーズと称され、Fシリーズと人気を二分していく。


ここに紹介するのは、GMCブランドからリリースされた、初代のCシリーズモデルであり、ピックアップの元祖とも言える存在だ。

■取材協力:スカイオート

スカイオート、埼玉県越谷市
所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:0489-76-1235
http://www.skyauto.co.jp


■Text & Photos|アメリカンビンテージカーマガジン
アメリカンビンテージカーマガジン VOL.4


最新記事


2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】