ポテンシャルは低め…でもスタイリッシュ、エアロダイナミクスによるセクシーボディ

クーペ

ビンテージ

プリマス

プリマス

THE GREAT PLYMOUTH

サテライト

アメマガ2019年8月号

THE GREAT PLYMOUTH
1973 Plymouth Satellite


1973 Plymouth Satellite

華麗なるプリマス

ロードランナー に代表される、プリマスBボディの中では、ある意味最もニッチな存在のセカンドジェネレーション後期。マッスルが終息する過渡期(73~74)なだけに、ポテンシャルは低めでも、そのスタイリングの美しさは抜群なのだ。

ロードランナールックのサテライト

1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト
マッスルカーのメインストリームである、インターミディにおけるプリマス車といえば、何はなくとも ロードランナー がお馴染みだ。ベーシックなサテライトに、パワフルなビッグブロックを搭載した、メーカー純正ホットロッドとして、レースシーンでも大活躍した。ポテンシャルの高さを基準にすると、マスキー法の制定で、非力化が始まった71年型以前に限定されてしまい、MOPARでは70年型が頂点となる。


レースシーンを基準にしても、NASCARでも圧倒的な強さを誇ったHEMIエンジン の搭載も71年を境に制限されることになった。そうしたあらゆる状況から、エンジンパワーの低下をカバーするべく、エアロダイナミクスに重点が置かれるようになる。

1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト
オーソドックスな箱型ボディにノーズコーンと巨大なリアウィングを追加したスーパーバードのような手法ではなく、空気力学に乗っ取って根本的に新しいスタイリングによるボディが71年に導入されている。

そこでは、水中眼鏡のような特徴的なマスクに注目されるが、曲線基調のグラマラスなボディの美しさはかなり魅力的。ところが、その魅力は、実車を見ないとなかなか伝わらない。国内ではおそらく、数台しか存在しないため、目にする機会は極めて稀。

1973 Plymouth Satellite、1973 プリマス サテライト
この個体は、オーナーの希望で、アメリカよりオーダー輸入した。幼少期の頃から父親が チャレンジャー に乗っていたこともあり、MOPARへの免疫力が高く、王道の69ロードランナーを求める過程で、73年型の魅力にハマったそう。スタイリングありきで、日常使用の目的やコストパフォーマンスを踏まえて、サテライトをベースに、 ロードランナー の要素を取り込んでいる。


セカンドジェネレーション初期(71~72)レザートップのトリミングによって、デッキの位置に対してルーフが低い、このモデルの特徴的なスタイリングが強調されている。73年型はマイノリティな存在ではあるが、そのスタイリングの美しさには定評があり、アメリカではそれなりの人気を誇っている。


インテリアは、ダッシュや内張など、基本的に2nd 初期と同等のデザイン。横型のスピードメーターは、スタンダードなサテライトならでは。スポーツタイプよりも、時代性が感じ取れて、意味見ると新鮮かつ魅力的。ダッシュ、コラム、内装の全てが、車体色とお揃いのブルーなのが素敵!!
 

ビッグブロック440はラインアップこそされても、280hpと車重の重さに対し非力。それに対して、ベーシックな318ci は2bblで170hp ながら、バランスが良く、現代においても、必要にして十分なポテンシャル。ATはオーバードライブのない3速だが、高速巡航も踏まえたギヤ比設定で、ノープロブレム。
 

ホイールは一見ラリーに見えるが、ドッグディッシュ・タイプをベースに、ラリーホイール用のハブキャップとクロームリングをセット。リム幅に対してマイナスオフセットな深リムルックなのが◎! 往年の雰囲気に合うホワイトレターのタイヤは、クーパーコブラ・ラジアルG/T(P225/70R15)。


Thanks:サブライム
TEL:0877-48-3711
HP:http://www.cuda.jp/


Photo ◆ Hiroshi Nose Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]