結婚を機にC6から、チャージャーデイトナにシフト

セダン

ダッジ

チャージャー DAYTONA

BUBU阪神

チャージャー

兵庫県

アメマガ2019年9月号

DODGE CHARGER DAYTONA


DODGE CHARGER DAYTONA

DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ

OWNER : HIROKI HONGOU
元々イエローカラーの C6 に乗っていた本郷氏。「2シーターだと将来的に困るのでは?」と、妻と相談した結果行き着いた先が現在の愛車チャージャーデイトナ。〝イエローカラーで低くて格好良いクルマ!〟の条件を満たすクールでスタイリッシュな4枚ドアが決め手となった。

C6も現在の愛車もBUBUのサポート体制が購入を後押し!

DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ
初めての愛車に選んだ C6 の時から全国に店舗展開するBUBUの安心感に魅了され、次の車両もBUBUでと決めていたと言う本郷さん。ここまでBUBUを信頼するのは C6 で不具合が出た時の迅速な対応にある。 C6 のイエローカラーをオーダーした際、BUBUに在庫がなかったので、他店在庫車をBUBUさんから買えないか? と本郷さんからお願いして買ったという経緯があったものの、自社在庫車両同様にしっかりと診てもらい、改善、修理を行なってくれたことで、次のクルマもBUBUで買うと決意。

ダッジは日本に正規ディーラーが存在しないこともあって、なおさらディーラー同等レベルのアフターサポート体制を持つBUBUの存在は大きく、2019年の2月に BUBU阪神 が尼崎市にオープンしたことで、より一層のサポート体制向上が得られたこともBUBUを選んだ理由の一つ。

DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ
ちなみにデイトナは最初の希望ではなく、旧モデルのスーパービーを狙っていたが、たまたま在庫していた新型のデイトナを奥様が見た時に発した「この顔の方がええやん!」というひと言で即決。どちらかと言えばアメ車よりも国産ミニバンを勧める妻が多いなかで、4枚ドアのセダンと条件は絞られても、アメ車を格好良いと誉めてくれるパートナーに恵まれたことも本郷さんがアメ車ライフを続けられる大きな要因となっている。愛車の現状はアイバッハのプロキットでローダウンを施し、ハーストのシフトノブへ換装した状態ではあるが、マフラーやホイールも物色中。



ちなみに19歳になって免許を取った弟も兄の影響でアメ車信者となり、3年後には チャレンジャーR/Tプラムクレイジー に乗りたいという目標を掲げてガソリンスタンドでアルバイトに勤しんでいるそうだ。最近はもっぱら兄と共にアメ車イベントやミーティングに出掛けるのが日課となり、最初は車種名すら出てこなかった弟の「R/Tプラムクレイジーがええな!」という一言には驚いたという。

妻の理解ももちろんではあるが、弟が一緒になってアメ車に興味を持ってくれるのは兄としても喜ばしい限り。近い将来兄弟でアメ車乗りになったら、チャージャーデイトナと プラムクレイジーチャレンジャーR/T を並べて、再び本誌に登場してもらいたいものだ。

DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ

20インチ、ハイパーブラックフォージドホイールにデイトナならではのブラックのグラフィックアクセントが映えるイエロージャケット。4枚ドアセダンらしからぬマッスルカー然とした雰囲気は、ファミリーユースを見据えた最良の一台。
370hpを生み出す5.7ℓV8 HEMIエンジ ンを8速ATで駆動
370hpを生み出す5.7ℓV8HEMIエンジンを8速ATで駆動。剥き出しのエアクリーナーは標準装備される。シフトアップ、ダウンはパドルシフトでも操作が可能でアグレッシブな走りを存分に堪能できる所も特筆物だ。


保証内容の充実と万全のアフターサービスを約束
アメリカから直輸入された車両をメインに販売するB.C.Dの2号店『BUBU阪神』
現代版マッスルカーの大本命! 一度味わうと虜になる DAYTONA392の魅力


Thanks:BUBU阪神
TEL:06‐6427‐5151
HP:http://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 9月号掲載


最新記事


2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

2023/09/19

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

ピックアップトラック

フォード

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

ランキング


2023/09/20

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

ピックアップトラック

ジープ

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

2023/09/19

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

ピックアップトラック

フォード

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2023/09/18

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

ピックアップトラック

シボレー

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。