アメリカから直輸入された車両をメインに販売するB.C.Dの2号店『BUBU阪神』

ショップ

兵庫県

アメマガリコメンドショップ

アメマガ2019年4月号

BUBU阪神

AMEMAG RECOMMEND SHOP 『BUBU 阪神』


AMEMAG RECOMMEND SHOP

BCD、BUBU阪神、BUBU CALIFORNIA DIRECT

日本全国に販社を持つBUBUの中でも、本国でしか購入できないモデルやビンテージモデルを取り扱う店舗「BUBU阪神」が2018年2月1日にオープン。

トータルインポートカーディーラーの魅力

BUBU阪神、BUBU CALIFORNIA DIRECT

直輸入車と聞くと、欲しいクルマをショップにオーダーして本国で買い付けし、そして日本へと輸入し登録・納車までをお願いする様な流れをイメージしがちである。BUBU横浜店ではもちろんそういったオーダーも受け付けているが、本国で人気の高いモデルや、今後日本でも流行りそうなモデルをBUBUカリフォルニア支店から自社輸入。

それらを店頭ショールームに展示しているのだ。それは新車・中古車に限らず、ビンテージモデルから逆輸入車まで幅広いラインナップで、日本にディーラーが存在しないモデルだからこそ、ディーラーレベルのサポート体制で並行輸入車に対する不安なイメージを払拭するスタンスだ。

BUBU阪神

そのBUBU横浜店の営業スタイルを継承するBUBU阪神が2019年2月1日にオープン。BCD(BUBU CAlifornia Direct)の直輸入車をメインに扱う店舗としては2店舗目で、関西では珍しい営業形態だけに期待が高まる。

パソコンの画面やスマホを介してではなく、実際の目で見て触れて、本国モデルを吟味できる所が強みであり、例えるなら、目の前で握ってくれるお寿司屋さん的存在。デリバリーで寿司を頼んでネタの鮮度にがっかりした経験の如く、直輸入車も新車ならともかく、ビンテージモデルや中古並行モデルはできるだけその目で確かめるか、現地でスタッフが実車をくまなくチェックしてもらえるに越したことはない。しかし、関西より西のお客さんにとってBUBU横浜が少々遠い所がネックとなっていた。

本国モデルがズラリと並ぶショールーム

せっかくサポート体制が万全でも、遠方のお客様に遠路はるばる横浜まで来ていただくのは申し訳ないと、アクセスの良好な名神高速尼崎ICより5分の好立地にサービスファクトリーとショールームを併設した店舗を出店。横浜店で店長を務めていた市川さんがBUBU阪神の店長に就任し、横浜で培ってきたノウハウや営業形態で、横浜同様のサービスが行なえる様に配慮した。

ビンテージモデル
開放感のある広いショールームには本国限定モデルやビンテージモデルが展示されており、バーカウンターをモチーフにしたエントランス受付。そして店舗裏側には4基のリフトを完備した大型サービスファクトリー、そこにBUBU横浜店でノウハウを学んだ店長が就任となればもはや万全のサポート体制が整う。直輸入車を直に体感したい方はぜひ、BUBU阪神へ足を運んでみてはいかがだろう。

ショールームにはタンドラなどの逆輸入車モデルも混在
厳選された本国モデルがズラリと並ぶショールーム。その中にビンテージモデルやタンドラなどの逆輸入車モデルも混在しており、心地良いディープなソウルミュージックが流れる店舗はまさにカリフォルニアのショールームさながらの雰囲気。グランドオープンを記念してマスタングの2019年モデルを販売。
 

リフト5基と専門のメカニックが常駐する大型サービスファクトリー。各種メンテナンスはもちろん、板金修理から車検までトータルでサポート。ビンテージモデルから逆輸入車、現行モデルまで幅広く対応する。
 


ファストバックEcoBoostプレミアム4台とGTプレミアム4台、そしてコンバーチブルモデルのプレミアムが用意された。もちろんBUBU阪神以外のBUBU各店舗からも購入可能。


■BUBU阪神
ADDRESS:兵庫県尼崎市南塚口町4-3-37
TEL:06-6427-5151
OPEN:10:00 ~ 19:00
CLOSING DAY:火曜日
URL:http://www.bubu.co.jp
BUBU阪神、BUBU HANSHIN
■Photo & Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

RELATED


保証内容の充実と万全のアフターサービスを約束 BUBU阪神

AMEMAG RECOMMEND SHOP
BUBU阪神

大阪・兵庫でシボレーを探すなら!アメ車ショップまとめガイド

大阪と兵庫周辺エリアででシボレーを探している方必見!シボレーをはじめ、アメ車を扱うおすすめのショップを一挙にご紹介しよう。車好きなら誰もが知る魅力的なシボレーの魅力をお店ごとに記事でまとめているので、存分にご堪能あれ!

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

空港から徒歩圏内の好立地、鹿児島県を代表する覇王ホイールズ!

自社オリジナルブランドのAMEMAG、オーダーメイド鍛造ホイールのHIGH FORGEDを手掛ける鹿児島県の覇王ホイールズ。クロスファイブを初めとする各種イベントでインパクトの強いオフロードビークルが並ぶ姿にカーショップと勘違いする人も続出!?

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。