チャージャー392HEMIスキャットパックにワイドボディの組み合わせ

セダン

ダッジ

BUBU阪神

チャージャー

チャージャー SCATPACK WIDEBODY

アメマガ2021年9月号

兵庫県

ワイドボディ

HIGH PERFORMANCE MUSCLE CARS
2021 DODGE CHARGER SCATPACK WIDEBODY [SMOKE SHOW]


2021 DODGE CHARGER SCATPACK WIDEBODY [SMOKE SHOW]

HIGH PERFORMANCE MUSCLE CARS

2021年新たに加わった新色「SMOKE SHOW」のワイドボディが日本上陸

ここ最近はダッジブランドの新色ラッシュ! こちらのページで掲載した新色ブルーのチャレンジャー に加え、 こちらのページのシナモンスティック と来て、今回はデストロイヤーグレーよりもワントーン明るいスモークショウ!ワイドボディのシルエットを色濃く印象付ける個性的なボディカラーで、モパーマッスルの最旬トレンドをご堪能あれ!

クールなのにジェントル色の醸し出す色気に迫る

全グレードにV8エンジンを搭載してクライスラー系マッスルカーの大本命として1966年にリリースされたダッジ・チャージャー。翌年には440マグナムエンジンを搭載したR/Tも登場し、本格的なモパーマッスルカーシーンの幕が開けた。

2021 DODGE CHARGER SCATPACK WIDEBODY [SMOKE SHOW]

当時のチャージャーと現行モデルを比較すると4枚ドアでセダンユースも可能なキャラクターの影響もあってか、チャレンジャーほど色濃く伝統を継承されている様には見えないが、サイドドアにエッジを利かせたパネルラインに始まり、ボンネット形状などのアウトライン、スーパービーのロゴ、392、R/Tグレードと、見れば見るほどにそのルーツが明かされ、噛めば噛むほどに味わい深くモパーマッスルファンを魅力し続ける。今回紹介するのはその進化系にして最旬のモデル、スキャットパックのワイドボディだ。

DSC_6924

ワイドフォルムを決定づけるオーバーフェンダーに加え、踏ん張りの利くワイドトレッドパフォーマンスタイヤ(305/35ZR20)を標準で装備。さらにビルシュタイン・アダプティブサスペンションを採用しており、392HEMIの強力なパワーをスポイルすることなくモパーマッスルのハイパフォーマンス性を余すことなく堪能可能。またインテリアにはブラック×キャラメルナッパ&アルカンターラがあしらわれ、Harman Kardonプレミアムオーディオ、アップルカープレイ&アンドロイドオートと至れり尽くせりの装備が充実。


しかし、すべてがまとまり過ぎて定番色では少々味気ない。せっかくなら他の車種では味わえないダッジらしい色で乗ることこそ粋な大人の嗜みである。決して奇抜ではない。だけど白や黒といった定番カラーとは一線を画す。ジェントルな大人たちが個性を主張する上で、ダッジブランドの新色はマストな選択肢と言えるだろう。

DSC_6893

20インチカーボンブラックホイールにワイドボディの恩恵を受けて、ハイパフォーマンスタイヤ305/35ZR20のワイドトレッドをアッサリと履きこなす。ブレーキシステムはブレンボ製6podを標準装備しており、スキャットパックのポテンシャルを最大限に発揮する。

DSC_6899DSC_6908

6.4ℓ V8 SRT HEMI MDS エンジンを搭載しており、マニュアルモード付の8速ATで操る。392HEMIスキャットパックにワイドボディの組み合わせも今期の最旬トレンドだ。ボンネットフードと新色のワントーン明るいグレー「スモークショウ」のカラーコントラストも特筆物。

DSC_6851 DSC_6855

スーパービーの刺繍が入るキャラメルナッパ& アルカンターラ×ブラックインテリア。シートヒーター& ベンチレーション、ステアリングヒーター、ブラインドスポット、クロストラフィックアラートなどの装備が充実。4ドアセダンとしてファミリーユースもこなす万能モパーマッスルだ。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]