ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーのチャレンジャーSRT392

クーペ

ダッジ

ジープ

EXTREME AMERICAN

チャレンジャーSRT392

チャレンジャー

アメマガ2019年10月号

EXTREME AMERICAN
2015y DODGE CHALLENGER SRT392


2015y DODGE CHALLENGER SRT392

速く走ることだけが目的じゃない、曲がる・止まるを最優先

IMPACT BLUE
初のアメ車として、購入を夢見ていた現行 チャレンジャー 。ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーは絶対条件。2年前にその夢を叶え、長野の峠を楽しく走ることを目指し、速さだけではないチューニングを施していく。

目に見えない部分に大きな変化あり!

2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392

自身が身に着けるYシャツやネクタイ、バッグや靴下に至るまで青を選ぶtamaさん。これまで多くのクルマを所有してきたが、それらも当然ボディカラーは青だ。初めてのアメ車となる15年型チャレンジャーSRT392は、以前から欲しかったクルマ。会社が軌道に乗るまで我慢し、2年前にその夢を叶えた。もちろんボディカラーは、モパーの代名詞であるB5ブルー。

日常の足は当時所有していた国産車があったため、 チャレンジャー は趣味であるカメラを持参し、長野の峠をドライブして写真を押えることを主な目的とした。しかしいざ乗り始めると、SRTならではの加速はあるものの、峠特有のコーナリングに対し車両のレスポンスが悪いと感じ、チューニングを施すことになる。


車両外観から見える変化は、ビーストラムエアフード、ブルーの ワーク・エモーション CR 3Pの20インチホイール(特注オーダー)だが、フロント、リア共にサスペンションアーム類を一新、大口径のスウェイバー追加、カーボン製のドライブシャフト交換などで、軽量化とボディ剛性向上を実現。

特注オーダーしたワーク・エモーションCR 3Pの20インチホイール。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ・4S

ブレーキはエンドレスの特注パッドに、超軽量のデモン・パフォーマンスのローターをセット。ローターだけで計10kgは軽量化したという。吸排気系も手が加えられ、ロンチューブヘダース、モパー・コールドエアインテークなどでチューン。他にも細かいチューニングパーツが目白押しでもある。青い三連星の長男は、ただ青いだけではなく、峠の最強マシンへと変化している。


特注オーダーしたワーク・エモーションCR 3Pの20インチホイール。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ・4S(F275/40R/20・R295/35ZR/20)。ブレーキパッドはエンドレスの特注品、ローターはデモンパフォーマンス・ライトウェイトローター。交換作業したtamaさんによれば、純正より4枚で約10kg軽量化したという。


2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392
見えない部分に多く手を加えているが、ボディ外観を見て変化を見て取れるのが、デーモンを匂わせるビーストラムエアフード、現行レッドアイのオプションリアスポイラーの装着。
ディアブロスポーツCPU書き換え、BBK大径スロットルボディー、ブリスク・スパークブラグ、モパー・コールドエアインテーク、ロングチューブヘダースなどによりチューニングを施す。
ディアブロスポーツCPU書き換え、BBK大径スロットルボディー、ブリスク・スパークブラグ、モパー・コールドエアインテーク、ロングチューブヘダースなどによりチューニングを施す。とはいえ、チューニングのメインはエンジンではなく足回り。

アイバッハのフロントコントロールアーム、BMRサスペンション・リアアッパー&ロアアーム交換、スウェイバー追加などで強化を図る。最近では、リアルカーボンのドライブシャフト交換など、驚きのパーツも追加している。撮影後にもレース用ブレーキパッド交換を行なうなど、愛車が変化していくことには貪欲だ。

1973y DODGE CHALLENGER

2015y JEEP GRANDCHEROKEE SRT

5

オーナー:B'PRO Corporation. 玉木(TamaOnline)さん
自宅ガレージにはリフトまでも完備し、工具類も充実。パーツの交換作業は、ここでtamaさん自身が行なっている。今回紹介するアメ車3台の他に所有する軽トラも青で、過去に所有していたクルマすべてが青という青マニア。tamaさんは、パーツの販売や輸入代行等を行なってくれるようなので、気になる方はみんカラなどでコンタクトしてみては?


■写真:古閑章郎
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】