迫力と信頼性の良いとこ取り、検討に加えたいUSトヨタタコマ

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

TRD

タコマ

愛知県

アメマガ2019年12月号

AMERICAN 4×4 & TRUCK

カーズスパーク

2019y TOYOTA TACOMA LONG TRD SPORT 3.5 V6 4WD
2019y TOYOTA TACOMA DOUBLE CAB TRD OFROAD 3.5 V6 4WD

THE AMERICAN 4×4 & TRUCK


タフでワイルドこそ、4駆&トラックの真骨頂

ラングラーが人気を圧倒するも、4駆&トラックの豊富なバリエーションがアメ車の醍醐味だ!
4×4&トラックの特集を決行すると、今や中心となるのがJK&JLラングラーで、とにかくその人気の高さは群を抜く。

そんなジープを含むアメ車は、4×4&トラックのバリエーションが豊富で、タフ&ワイルドな風貌を持つモデルがゴロゴロしている。ラングラーはもちろん、様々な4×4&トラックの魅力を紹介していこう!
アメ車らしい迫力がありつつ、その上でトヨタの信頼性を兼ね備える選択肢がUSトヨタだ。中でも北米で圧倒的な販売台数を誇るタコマは、日本で乗りこなしたい一台だ。

逆輸入車もお手のもの、実車ありきの幅広い提案

トヨタのラインナップにハイラックスが復活し、街中で見かけることも多くなった昨今。しかしハイラックスでは物足りないと感じる層も多いだろう。なにせUSトヨタにタコマやタンドラという上の選択肢があるのだから。

 

愛知県一宮市にあるカーズスパークは、アメリカ本国からの直接仕入れも得意なショップ。今回注目するタコマに限らず、さまざまな車種の取り扱いを実現し、積極的に実車も展示している。日本では馴染みの浅い逆輸入車であっても、店先で実車を見ながら比較検討できるというのは頼もしい限りだ。

2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ

2019 トヨタ タコマ ダブルキャブTRD

なお、もっと上のグレードや、オプション装備を柔軟に選びたいというニーズがあれば、それに沿うよう対応してくれる。USピックアップは、車室の広さとベッドの長さが選択式になっているのが通例だ。タコマの場合、まず車室が控えめサイズなアクセスキャブがある。ただしこれは2ドア。車室の広いダブルキャブなら4ドア。今回の2台はどちらもダブルキャブである。

 

そしてベッド長はショートとロングの2種類。取り回しのしやすさならショートも有りだが、せっかくならロングに乗りたいという気持ちも分かる。このあたりのサイズ感は、やはり実車を見ながら検討したいところ。

 

USトヨタの魅力は、日本車とは一線を画すスタイリッシュなデザインながら、それでいて国産車並みの高い信頼性があること。パッと見はトヨタだが左ハンドルという意外性もある。アメ車好きがハマる選択肢のひとつだ。

2019y TOYOTA TACOMA LONG TRD SPORT 3.5 V6 4WD

2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ

タコマのラインナップ中、オンロード寄りのアッパーミドルクラスに相当するTRDスポーツ。

2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ



ボンネットにダクトが備わり、オーバーフェンダーなどがボディ同色ペイント。オーディオなど贅沢装備が充実。

2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ

車室空間の広いダブルキャブと、ベッド長6フィート(約1.82m)をセレクト。

2019 トヨタ タコマ ロングTRD スポーツ

V6エンジンで278hpを発揮する。

2019y TOYOTA TACOMA DOUBLE CAB TRD OFROAD3.5 V6 4WD

2019 トヨタ タコマ ダブルキャブTRD
2019 トヨタ タコマ ダブルキャブTRD

アッパーミドルクラスのオフロードモデルがTRDオフロード。TRDスポーツと比較して、ボンネットのデザインやオーバーフェンダーのカラーリングが異なる。

こちらのベッド長は、取り回しやすい5フィート(約1.52m)のショート版をセレクトしてある。





4WDモデルはランクルなどと同じくマルチテレインセレクトを備える。


写真&文/加藤山往
アメ車マガジン 2019年 12月号掲載


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。