ロー&ロングな美しいスタイリッシュワゴン ポンティアックボンネビルステーションワゴン

ステーションワゴン

ビンテージ

ポンティアック

アメマガ2020年1月号

ボンネビル

INITIAL P

オートレイド

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon

INITIAL P PONTIAC & PLYMOUTH


1966 Pontiac Bonneville Station Wagon

張り出したプレスラインを境にしたボディー下部の化粧パネルによって、グラマラスなコークボトルラインが際立つ。ルーフの長さでボディがスリムに見えるのもステーションワゴンならではのチャームポイント。


この時代のポンティアックでは、様々なモデルでお約束の縦目ライト採用モデルにおいて、最も洗練された66年型。ボンネビルにおいては、第三世代にあたる63年型から、第四世代の67年型まで縦目4灯式ライトが採用され、各年式ごとにディテールが異なる中、この66年型は、全体的に曲線を取り込んでエレガントな雰囲気があるロー&ロングのスタイリングや、コークボトルラインも、ステーションワゴンではより際立って実にスタイリッシュ。

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン 1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

この個体は、モデルを限定せずに、ステーションワゴンを求めてアメリカでの売り物を模索する中で巡り合った。スタイリングの美しさと、状態の良さが決め手となったのだそう。内外装、機関など、基本的にストックをキープしており、ホイールだけは定番の5スポークにアレンジして魅力を高めている。

1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン 1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン 1966 Pontiac Bonneville Station Wagon、1966 ポンティアック ボンネビル ステーションワゴン

車体色にマッチするブルーで統一された内装は、年代を感じさせないほどグッドコンディション。クリアーのステアリングは劣化しているため、オーナー自身がレザーで編んだ。

ステーションワゴンにおいても、ハードトップ同様のエンジンが設定される。389ciには2bblと4bblの2種。421ciは4bblと6bblによる4種。この個体は389ci、2bblの260hp仕様に3速ATのTH400を連結。

唯一のアレンジとしてホイールはアメリカンレーシング製5スポークを装着。F:16、R:17 によるロッダー的コンビ。タイヤサイズは、F:225/60R16、R:245/50R17。


Special Thanks ◆ Auto Raid

tel:0766-52-8830
HP:http://www.auto-raid.com/


Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2020年 1月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]