公道走行認可最大スペック760馬力の猛馬 マスタングシェルビーGT500

クーペ

フォード

新車インプレッション

マスタング

シェルビーGT500

アメマガ2020年2月号

シェルビー

MUSTANG INNOVATION

2020 FORD MUSTANG Shelby GT500

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION


2020 FORD MUSTANG Shelby GT500

次期マスタングに向けた最後の大きなフューチャーモデルになる

チャレンジャーやカマロといった、実質ライバルともいえるモデルがハイパフォーマンスモデルを登場させる中、沈黙を続けたマスタング。しかし遂に2020年モデルとして、シェルビーGT500が登場する。

最後の最後に本気を出したマスタング

まるで、現世代マスタング最終章を演出するように、2019年のSEMAにもハイパフォーマンス系マスタングがズラリと並んだ。その中心に鎮座するのは当然、シェルビーGT500だ。最新モデルの正式発表は2019年1月。その時点ではエンジン出力は700馬力+とされていたが、2019年6月に発表では760馬力という数字が公になった。


フォードのインハウスチューナーであるシェルビーの名に恥じないためにも、単なるスーパーチャージャーによるブーストアップで達成した数字ではない。ドライバビリティを高めるために気筒室内のフリクションのさらなる低減や、補器類の見直しなど、細部に渡って検証が続いた。フォードがオフィシャルとしてストリートリーガル(公道走行許可)製品として世に提供できるギリギリのスペックだ。


フォードのグローバルマーケットを透過するするジム・ファーレイ氏は「キャロル(シェルビー)はいつも、より速いシェルビーの市場導入を目指していた」と、シェルビーブランドのあるべき姿、そしてフォードのスポーツイメージのけん引役であるシェルビーGT500の商品価値を表現している。シェルビーGT500の売り文句は、ストリート、レーストラック(ロードコースおよびオーバルコース)、そしてドラッグストリップで、ディーラーで購入してすぐ走れる状態で、即ハイパフォーマンスな走りが安定してできるクルマだ、としている。

2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 フォードマスタングシェルビーGT500

加速性能は、停止状態から時速60マイル(96km)まで3秒半ば、またクオーターマイル(400m)までは11秒台を軽々と叩き出す。トランスミッションはTREMEC 7速デュアルクラッチシステムを採用した。


コーナーリング性能では、サスペンションジオメトリーの変更に伴い、スプリングのバネレートの最適化。その上で、フォードの最新技術、MagneRideを採用した。電動パワステについても路面からのフィードバックがしっかりと分かり、さらにクルマ全体とドライバーの一体感がさらに増すように大幅な見直しを図った。


また、ブレーキシステムはストリートリーガルとして最大級の容量を誇るディスクとキャリパーを採用。フォードGTやマスタングGT4からの技術的なフィードバックによって実現した。

2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 Mustang Shelby GT500 wheel 2020 Mustang Shelby GT500 spoiler 2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 2020 Mustang Shelby GT500 interior

ファンクション(機能)を象徴するエクステリアデザイン。それが、シェルビーのモットーである。例えば、ダブルフロントグリルによって、前方からエンジンルームへの空気吸入量を約50%向上させた。オプションのハンドリングパッケージにはガーニーフラップ付きに空力デバイスなども用意。

2020 Mustang Shelby GT500 vent

5.2L V型8気筒に水冷式インタクーラーを装着したスーパーチャージャー。ストリートリーガルとして過去最大となる760馬力を絞り出す。ストリートリーガルとしての使い易さこと、フォード中核チューナー、シェルビーの真骨頂だ。スーパーチャージャーの外板には、睨みをきかせるコブラのロゴ。

2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 interior

カーボンファイバー製のインパネ。ドアパネルにはDark Slate Mikoと呼ばれるスエード生地を初採用。さらに、シェルビーとして初となる12インチサイズのインパネクラスター。音響でも12スピーカーのハイクオリティ。コネクティビティサービスではフォード最新のSYNC3を標準装備とした。


解説:桃田健史(モータージャーナリスト)
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


最新記事


2023/03/30

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

オープン

フォード

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

2023/03/28

ビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

ショップ

アメ車に乗っていたら、やっぱりアメリカンカルチャーは否応なしに気になるもの。以前から全国各地のアメリカン雑貨専門店を紹介してきたが、今回はその中でもビンテージアイテムに特化した「KANCHI HOUSE」を紹介しよう。

2023/03/27

覇王ホイールの新たなディビジョンとして誕生したのが「IRON WORKS」だ。

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

アウトドア

既製品のラックにオプション品でアレンジ。もちろんそれは効率的かつ確実。だけど、本当はもう少し手前にこのアイテムを積みたいとか、もっとインパクトのあるシルエットにしたいなど、こだわればこだわるほどに欲が出る。そんなアナタに朗報!

ランキング


2023/03/30

大排気量のマッスルカーよりも、唯一無二の存在というべきカスタムカーの方が好きだった

オープン

フォード

クライスラー300を皮切りに、V8 チャレンジャー、そしてこのマスタングと乗り継いできたオーナー氏。誰もが一度は大排気量のマッスルカーに乗りたいと思うが、いざ乗ってみて分かったことは「マッスルよりもカスタムカーが好き」という事実だった。

2023/03/29

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、決意!

SUV

シボレー

「初めての愛車はシボレーSUV」。20代の頃、コンビニで立ち読みしたアメマガを見て、そう決意した吉田さん。金銭的な問題で初の愛車は国産コンパクトカーにしたが、入社した会社の同期がタホに乗っていることを知り、負けていられないと、夢のアメ車購入へ踏み出した。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

大阪の老舗アメリカン雑貨のアンダーウッドブランドには同業者も買い付けに訪れる

ショップ

UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】