公道走行認可最大スペック760馬力の猛馬 マスタングシェルビーGT500

クーペ

フォード

新車インプレッション

マスタング

シェルビーGT500

アメマガ2020年2月号

シェルビー

MUSTANG INNOVATION

2020 FORD MUSTANG Shelby GT500

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION


2020 FORD MUSTANG Shelby GT500

次期マスタングに向けた最後の大きなフューチャーモデルになる

チャレンジャーやカマロといった、実質ライバルともいえるモデルがハイパフォーマンスモデルを登場させる中、沈黙を続けたマスタング。しかし遂に2020年モデルとして、シェルビーGT500が登場する。

最後の最後に本気を出したマスタング

まるで、現世代マスタング最終章を演出するように、2019年のSEMAにもハイパフォーマンス系マスタングがズラリと並んだ。その中心に鎮座するのは当然、シェルビーGT500だ。最新モデルの正式発表は2019年1月。その時点ではエンジン出力は700馬力+とされていたが、2019年6月に発表では760馬力という数字が公になった。


フォードのインハウスチューナーであるシェルビーの名に恥じないためにも、単なるスーパーチャージャーによるブーストアップで達成した数字ではない。ドライバビリティを高めるために気筒室内のフリクションのさらなる低減や、補器類の見直しなど、細部に渡って検証が続いた。フォードがオフィシャルとしてストリートリーガル(公道走行許可)製品として世に提供できるギリギリのスペックだ。


フォードのグローバルマーケットを透過するするジム・ファーレイ氏は「キャロル(シェルビー)はいつも、より速いシェルビーの市場導入を目指していた」と、シェルビーブランドのあるべき姿、そしてフォードのスポーツイメージのけん引役であるシェルビーGT500の商品価値を表現している。シェルビーGT500の売り文句は、ストリート、レーストラック(ロードコースおよびオーバルコース)、そしてドラッグストリップで、ディーラーで購入してすぐ走れる状態で、即ハイパフォーマンスな走りが安定してできるクルマだ、としている。

2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 フォードマスタングシェルビーGT500

加速性能は、停止状態から時速60マイル(96km)まで3秒半ば、またクオーターマイル(400m)までは11秒台を軽々と叩き出す。トランスミッションはTREMEC 7速デュアルクラッチシステムを採用した。


コーナーリング性能では、サスペンションジオメトリーの変更に伴い、スプリングのバネレートの最適化。その上で、フォードの最新技術、MagneRideを採用した。電動パワステについても路面からのフィードバックがしっかりと分かり、さらにクルマ全体とドライバーの一体感がさらに増すように大幅な見直しを図った。


また、ブレーキシステムはストリートリーガルとして最大級の容量を誇るディスクとキャリパーを採用。フォードGTやマスタングGT4からの技術的なフィードバックによって実現した。

2020 フォードマスタングシェルビーGT500 2020 Mustang Shelby GT500 wheel 2020 Mustang Shelby GT500 spoiler 2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 2020 Mustang Shelby GT500 interior

ファンクション(機能)を象徴するエクステリアデザイン。それが、シェルビーのモットーである。例えば、ダブルフロントグリルによって、前方からエンジンルームへの空気吸入量を約50%向上させた。オプションのハンドリングパッケージにはガーニーフラップ付きに空力デバイスなども用意。

2020 Mustang Shelby GT500 vent

5.2L V型8気筒に水冷式インタクーラーを装着したスーパーチャージャー。ストリートリーガルとして過去最大となる760馬力を絞り出す。ストリートリーガルとしての使い易さこと、フォード中核チューナー、シェルビーの真骨頂だ。スーパーチャージャーの外板には、睨みをきかせるコブラのロゴ。

2020 Mustang Shelby GT500 interior 2020 Mustang Shelby GT500 interior

カーボンファイバー製のインパネ。ドアパネルにはDark Slate Mikoと呼ばれるスエード生地を初採用。さらに、シェルビーとして初となる12インチサイズのインパネクラスター。音響でも12スピーカーのハイクオリティ。コネクティビティサービスではフォード最新のSYNC3を標準装備とした。


解説:桃田健史(モータージャーナリスト)
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


関連記事

RELATED


次期マスタング?SUVモデル?EVモデル?大きく変貌を遂げるマスタングが面白くなってきた!

大排気量NAエンジンを6速マニュアルで思いのままに!マスタングシェルビーGT350

2017 FORD MUSTANG SHELBY GT350

GT350マスクをベースに各部をブラッシュアップしたマスタングエコブースト

2015 FORD MUSTANG EcoBoost

エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタング

クラシカルでオシャレなルックスと往年のアメリカ車ならではの深い味わいを求めて、ビンテージカーに注目する人が増えてきている。憧れだったあのクルマも、現代の技術を駆使すれば、気軽に、毎日乗れるクルマとしての信頼性を持っている。世代によって異なる個性を解説しながら、カジュアルに乗れるビンテージカーを紹介していこう。

AMERICAN DAILY VINTAGE CAR
気軽に、楽しく、毎日乗れるアメリカンビンテージカー

夢をカタチにしてくれる プロスピード流マスタング【プロスピード】

岐阜県を本拠地とするカスタムショップ「プロスピード」。同店はマッスルカーからSUVまで、多様なアメ車をカスタムするセンスにも長けている。同店が提案するマスタング2台は、憧れをカタチにしてくれるッ!

 

最新記事


2023/09/26

【グランドワゴニア / ラングラールビコン】392ciのV8を搭載する、正反対なキャラクター!

ショップ

ここ数年、アメ車にもエンジンのダウンサイジング化の波が押し寄せている。だが、そんな時代の流れに抗うかのように登場した、ラングラールビコン392とグランドワゴニア。エンジンこそ同じだが、まったく異なる2台を紹介しよう。

2023/09/25

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

ピックアップトラック

シボレー

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

2023/09/22

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

SUV

ジープ

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

2023/09/21

ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

ランキング


2023/09/25

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

ピックアップトラック

シボレー

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2023/09/20

【ダッジ・チャレンジャーのオーナーを取材!】こだわりの愛車とカーライフを総まとめ

ダッジ

ダッジ・チャレンジャーといえばただの交通手段ではなく、夢と冒険の象徴となる魅惑のクルマ。映画やカルチャー、知人からの影響など、様々な出会いから始まり、カスタムへのこだわりや、ライフスタイル、走行のパワフルさなどいろいろな魅力に沼っていくオーナたち。今回はそんなダッジ・チャレンジャーのオーナーたちのこだわり、魅力をまとめて一挙にご紹介しよう!

2022/02/21

日本では稀少なグレードのダッジ・ラムバンB350

バン

ダッジ

アウトドア

1986 DODGE RAM VAN B350