マスタングのワイドボディ化でオンリーワンを目指す

クーペ

フォード

ラッピング&ペイント

BCレーシング

ユニバーサルエア

アメマガ2020年2月号

ワイドボディ

SAVINI

マスタング

MUSTANG INNOVATION

コーストモータリング

マスタングGT

埼玉県

2012 FORD MUSTANG GT

伝統と進化に挑む MASTANG INNOVATION


2012 FORD MUSTANG GT

クルマをワイドに見せるためのアイテムが「オーバーフェンダー」。だがここ最近は、これまでの常識では測れない、よりワイド化したものが主流。このマスタング も時流を捉えつつワイドボディ化が図られているが、流行に安易に媚を売らないオリジナリティを取り入れている。

「ワイド&ロー」をキーワードにメイク

クルマをカッコ良く魅せる条件の一つとして「ワイド&ロー」というキーワードがある。セダンやスポーツ、SUV、トラックなど、ジャンル問わずこのキーワードをベースとしてメイクされたカスタムモデルは数知れず。そんな中でコーストモータリング が仕上げたマスタング にも、ワイド&ローのエッセンスがふんだんに取り入れられている。


ワイドの肝はDURAFLEXのサーキットスタイル75mmワイドフェンダーフレア。ここ最近はワイドボディスタイルの流行りを受けてジャパンメイドのキットも数多くある中で、USメイドにこだわってセレクトしたもの。その理由はもちろん誰かと同じでは面白くないという〝オンリーワン〟の追求にほかならない。

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

75mmという出幅のフェンダーフレアによってワイド化したおかげで、フロント12J、リア14Jというディープリムの装着を可能としたことでリムの選択にも頭を悩ませそうだが、USメイドにこだわったフェンダーフレア同様にリムもUSメイドのSAVINIをチョイス。鍛造3ピースのこのリムは組み合わせ次第でサイズやカラーを自在に選択できるだけに、このワイドボディスタイルには最適な組み合わせだったと言える。


その一方で、ローの肝となる足回りにはBCレーシングのコイルオーバーキットをインストールするとともに、ユニバーサルエアのエアサスもセット。コイルオーバーとエアサス、どちらか一つでも十分にロースタイルの実現が可能なところを、贅沢に両方取り入れることで可能な限りのロワードを生み出しているというわけだ。


「できるだけワイドに、かつ限りなく低く、そして極太なリムを履かせたい」という要求に対して導き出した応えが、確かに体現されている。

2012 FORD MUSTANG GT、2012 フォード マスタングGT

ボディキットを装着しているだけでもかなりのインパクトを稼いでいるエクステリアに、ラッピングでアクセントをプラス。同ショップのイメージカラーであるグリーンの差し色がブラックのボディに映える。エンジンを掛けると、両サイド出しのエキゾーストからは力強い咆哮が放たれる。製作を担当したのは志村工業で、エキマニからエンドまでをステンレス素材を用いてワンオフにて仕上げている。

ワイドボディ化を図るために用いたのはDURAFLEXのサーキットスタイルの75mmワイドフェンダーフレア。あえてUSメイドにこだわってセレクトしたもので、個性を引き上げている。フロントにも同ブランドであるR500スタイルのカーボン製1ピースフロントリップスポイラーを纏わせてローなフォルムに貢献。

SAVINI鍛造ラインFORGEDのXLTシリーズ「SV25‐XLT」

足もとを彩るのはSAVINI鍛造ラインFORGEDのXLTシリーズ「SV25‐XLT」。サイズはフロントが20×12J、リアは20×14J。センターからリムへと向かう10本のツインスポーク。1本1本は細めでシャープな印象を受けるが、スポークエンドはエッジを効かせたデザインとなっており、10本構成とすることで骨太感を演出してスポーティな装いを醸し出す。

BCレーシングのコイルオーバーをインストールしただけでは物足りず、ユニバーサルエアのエアサスまでをプラスしてワイド&ロースタイルを体現。


Thanks:コーストモータリング【COAST MOTORING】

TEL:04-2946-7203
HP:http://coast-jp.com


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2020年 2月号掲載


最新記事


2023/12/04

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

クーペ

ダッジ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

2023/12/01

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

2023/11/30

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

クーペ

ビンテージ

シボレー

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

2023/11/29

走りが楽しいクルマだから、潜在能力を引き出したい!【2016 チャレンジャー392スキャットパック】

クーペ

ダッジ

見せるカスタムを施したチャレンジャー数多くあるが、マッスルカーらしく走れるチャレンジャーを提案するのは、広島CARBOXがその最右翼。今回はマッスルカーの本質を楽しむ、オーナーを紹介しよう。

ランキング


2022/05/31

知名度が抜群に高いのがファースト・ジェネレーションのダッジ・チャレンジャー

クーペ

ビンテージ

1973 DODGE CHALLENGER

2019/03/27

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]