4ドアのコロネットを絶妙にアレンジ、マッスルカー的なアプローチの秀作

セダン

ダッジ

ナオキモータービルド

コロネット

不動のDODGE

アメマガ2020年3月号

NAOKI MOTOR BUILD

大阪府

1972 DODGE CORONET

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


1972 DODGE CORONET

4ドア車が2ドア車と独立した専用デザインとなった6世代目(71~74年型)のコロネット の4ドア・セダンをベースに、マッスルカー的なアプローチのストリートカーにアレンジしたオルタナティブな秀作。

セダンをワイルド&スタイリッシュにブラッシュアップ

コロネットというと、マッスルパッケージがラインナップされた5世代目(65~70年型)を真っ先に連想する。49年のデビューから59年の4世代目まではフルサイズだったが、5世代目よりインターミディのBボディとしてダッジの乗用車の主力モデルとして76年までラインナップ。近年はマッスルカー人気で知られるようになったが、そこではあくまでも5世代目の2ドア車に限定されている。


マッスルカーやホットロッドなどのパフォーマンスありきのフィールドにおいては、4ドア車は不向きであり、スタイリング的にも2ドア車よりも劣るため、スルーされがち。それだけに、価格の面では安価で入手しやすいのがポイント。2ドア車に比べて魅力が薄い4ドア車をベースにする以上、それなりの工夫が必要となるが、まずはベース車の選択が重要。そこで、4ドア車が2ドア車とは別のデザインとなり独立した6世代目の72年型とした。兄弟車に当たるプリマスのサテライト では2ドアと4ドアでラインナップするが、この時代のコロネット には2ドアが存在しないのもポイント。

1972 DODGE CORONET

また、6世代目からはチャージャー 同様に空力特性を加味したスムースなボディフォルムとなり、Bピラーを無視すると、2ドアとしても成立しそうなシルエットが魅力大なのである。ダッジのマッスルパッケージを象徴する「バンブルビーストライプ」や、オプションのミラーをチョイスし、社外の5スポークホイールでアップデート感を演出。この個体は、独創的なアプローチとして、アメリカの専門誌でもフィーチャーされた経歴もある。

1972 DODGE CORONET1972 DODGE CORONET

グリルを1周するフロントバンパー、レンズ内蔵のリヤバンパー、長いリヤオーバーハングなど、この時代のMOPAR のアイデンティティがしっかりと反映されている。4ドア車で独立した専用デザインということもあり、特有の魅力がある。車高プロポーションも絶妙。

1972 DODGE CORONET

搭載エンジンは、V8ではスタンダードで唯一のスモールブロックである318ciをベースに、アルミヘッドや4bblキャブでアップグレード。手の込んだディテーリングでルックスも◎!トランスミッションは3速AT。

IMG_5838

サスペンションは、F:トーションバー、R:リジットリーフ。カジュアルかつモダンな細身の5スポークホイールは、ロケット製。装着 タイヤは、ピレリ・P-ZERO(F:245/40ZR18、R:285/40ZR18)。

1972 DODGE CORONET1972 DODGE CORONET

6人乗車のベンチシートによるベーシックな仕様。内張なども含め、基本的にストックをキープ。ステアリングは、ホイールのデザインにマッチするデザインの社外品にアレンジ。Automator製のゲージ&タコメーターを追加。


Thanks /ナオキモータービルド

TEL:072-236-7300
URL:https://naoki-mb.co.jp


★ PHOTO & TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。