カスタムVANのムーブメントのけん引役、ダッジが放つメーカー純正カスタムVAN

バン

ビンテージ

ダッジ

NAOKI MOTOR BUILD

大阪府

B200 VAN

ナオキモータービルド

ダッジバン

不動のDODGE

アメマガ2020年3月号

1977 DODGE B200 Van

不動のDODGE ダッジの魂に魅了される


1977 DODGE B200 Van

カスタムVAN が一大ムーブメントととなったことで、本来の商業バンに留まらず、『ストリートバン』や『アダルト トイズ』といったメーカー純正カスタムVAN ともいえるパッケージを打ち立てたVANのアイコン的存在がダッジ・バンだ。

ベーシックな状態を保持するシンプルでクールなB200

COEだったAシリーズに対して、フロントエンジンの新世代のVANとして70年よりラインアップされたBシリーズ。近年ではRVとしてのニーズの高いバンも、当初はあくまでも商業用がメインだったが、70年代中期にはカスタムVANがムーブメントとなるほどの大ブレークとなったことで、ニーズが大幅に広がった。


オーナーの趣味趣向に合わせて様々なスタイルでカスタムする上で、自由度の高いカーゴバンのニーズが一般的に広まったのだ。窓の形や位置などを独自にアレンジする上で、プレーンなパネルバンが最も都合が良く、ルックスの良さなども踏まえて、ショートボディの人気が高かった。そこで、ダッジは、メーカー純正カスタムVANといえるパッケージをラインナップ。それは人気に便乗したインスタントなモノではなく、仕様からデザインまで、とてもメーカー純正とは思えないほど、クールで魅力的で、大人気となった。『ストリートバン』に続いて、バン以外のピックアップトラックなども連動した『アダルト トイズ』など、遊び心満載でいかにもMOPARらしいアプローチ。

1977 DODGE B200 Van

この個体は、カスタムVANのベースとして最も人気のスタンダードなパネルVAN。外装はストックのままを保持しているが、内装は当時のカスタムVANでは定番のスタイルとしている。ショップのサービスカーとして活躍させるべく入手した現オーナーの使用目的に合わせて、ベーシックなカーゴ状態に変更。ビジネスユースを踏まえたアップデートを施して、信頼性を確保。アメリカでも希少なベーシックな状態を保持するシンプルでクールな個体。

1977 DODGE B200 Van

ベーシックなパネルバンがベースで、ウインドーはリアゲートのみ。ショートのパネルバンが最もシンプルかつ、ボディフォルムのバランスが良く魅力的。板金箇所はサフェーサーのままだが、サービスカーとしてリアルに活躍する個体なだけに、それもまたアメリカ的でイイのだ。

1977 DODGE B200 Van1977 DODGE B200 Van1977 DODGE B200 Van1977 DODGE B200 Van

社外のクラーユニットを装着している以外は、基本的にストック状態を保持する。シートはキャプテンタイプ3座。スキンはリフレッシュ済み。荷室部分は内装を撤去して、本来のカーゴ状態とした。

同時期のピックアップトラックがIビーム式だったのに対して、バンではコイルスプリングによる独立懸架を採用。リアは従来のリジットリーフ式。キャリパー加工などのアレンジによってWELD製をホイールを装着。

設定されたV8エンジンの中でも主流の360ciを搭載。キャブレターはストックの2bblから4bblにアップグレード。バッテリーを移設してコールドエアーインテークを設置。トランスミッションは3速ATのA727。


Thanks /ナオキモータービルド

TEL:072-236-7300
URL:https://naoki-mb.co.jp


★ PHOTO & TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】