【WORK VS XV】WORKの放つアイテムは王道のメッシュスタイル!

クーペ

ダッジ

ホイール

エッジカスタムズ

EDGE CUSTOMS

エッジカスタムズ R-LINE

THE BOTTOMS

WORK

岐阜県

ラグジ

WORK VS

アメマガ2021年4月号

WORK VS XV × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

THE BOTTOMS


WORK VS XV × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

カスタムする上で、必要不可欠な存在と言えるアルミホイール。流行り廃りの影響が非常に大きいが、それでも「王道」と呼ばれるスタイルがある。それがWORK VS XVだ!

 

アルミホイールのチョイス1つで、愛車の雰囲気はエレガントにも、スポーティにも演出できる。そんなユーザーの希望を1977年から約半世紀に渡り、様々なアイテムでサポートし続けるWORK。アメ車の場合、特殊なP.C.D.を採用することから選択肢が少ない様に思えるが、ある意味クルマをカスタムすることがマニアックになりつつある今だからこそ、ヘビーユーザーにも満足してもらえる様に、豊富なラインナップを展開する。

WORK VS XV × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE
WORK VS XV × EDGE CUSTOMS CHALLENGER R-LINE

さて、本誌でも何度か紹介しているエッジカスタムズ・チャレンジャーRラインの足もとを彩るのは、WORKが2020年の12月に発売したアイテム「VS XV」だ。最大のポイントは、クラシカルな雰囲気を醸し出すメッシュデザインだが、単なる懐古趣味ではなく、細部には最新技術を凝縮。メッシュ部分は軽快さを強調すべく、ワーク史上もっとも細い形状を実現。


3ピース構造の場合、ディスク部分の造形がフラットになりがちだが、メッシュが交差する部分からセンターハブへ向かって落ち込む流行りのコンケイブデザインも採用。またリムとディスクに段差を設けることで、3ピースらしさやメッシュデザインをしっかり強調させている。もちろん強度面は疎かにせず、マッスルカーの強大なパワー&トルクもしっかり受け止めてくれる。アルミホイールを選ぶ際、デザインだけに目を奪われがちだが、デザインに加えて性能面も疎かにしないのが、まさにWORKの矜持と言えるだろう。


基本のカラーバリエーションは、ディスクが3色でリムはオプションを含めて6色を設定。ピアスボルトはクロームだけでなく、デモカーの様にゴールドにも変更可能。またディスク部分は12色から選べるセミオーダーカラープランを採用するので、自分だけの組み合わせを創り上げることも可能だ。

_45I2496
_45I2508

最大のポイントはスポークの細さ。見える部分を可能な限り細くするが、厚みを持たせることで軽快感を実現しつつ強度もしっかり確保する。3ピースだからできる自由なインセットサイズや、ピアスボルトの色で個性を追求できるので、カスタムの自由度も極めて高い。外側から一度盛り上がり、中心に向かって落ち込むラウンドディスクは、今までのメッシュデザインにはない立体感を実現。このエッジカスタムズ・チャレンジャーRラインの様な、言うなれば突き抜けたカスタム車両にも見事にマッチする。


_45I2551

★装着ホイール/ VS XV
★装着ホイールカラー/ブラックアルマイトリム×マットダークガンメタ(MDG)
★マッチングサイズ/ F:20×10.5J 5H-115 R:20×14J 5H-115
★マッチングタイヤ/ NITTO INVO(F:285/30ZR20 R:345/25R20)

PRODUCED by LUXZ

所在地:〒500-8228 岐阜県岐阜市長森本町2-1-4
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp

株式会社ワーク

所在地:〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
URL:https://www.work-wheels.co.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 4月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。