アメ車専門店のライオンハートがまさかのスクールバスを直輸入!

バン

フォード

アメマガ2020年5月号

E350 COLLINS

スクールバス

愛知県

アメリカ的“働くクルマ”がカッコイイ!!

ライオンハート

E350

AMERICAN VEHICLES FOR THE JOB/COMMERCIAL VEHICLE
1996 FORD E350 COLLINS

アメリカ的“ 働くクルマ”がカッコいい!!


1996 FORD E350 COLLINS

1996 FORD E350 COLLINS

アメリカらしい働くクルマと言えば、やっぱり独特なカラーリングのスクールバス。SUVやラングラーを積極的に取り扱うライオンハートが、何とアメリカから直輸入しちゃいました。

注目度抜群のスクールバス、使い方はユーザー次第だ!

映画やドラマ、はたまた旅行でアメリカに出かけたことがある人なら、必ず目にしたことのあるスクールバス。独特なオレンジがかったイエローに黒のストライプが施されており、ベース車両が変わってもこのカラーリングは普遍的なものとなっている。

 

今回、愛知のライオンハートが独自に輸入したのは、スクールバスの中でも最もコンパクトなモデル。製作したのはスクールバスのビルダーとして非常に有名なCOLLINS社で、ベースとなるのはFORD・E350。フロントのキャビン部分はベース車両の面影が残されているが、そこから後ろは完全にベツモノのボディをドッキングして制作されている。

1996 FORD E350 COLLINS _N6I3044 _N6I3208

ちなみに、一番コンパクトなボディであっても、やはりそれなりのサイズとなっている。もちろんバスとしての使い道はないと思うが、超巨大なバンとして見れば、非常に使いやすいと言えるだろう。また、非常に個性的なデザインを活かしてキッチンカーとしても活用可能。事実、取材を行なった後にはそういったオーダーが入り、このスクールバスは新たなユーザーの手に渡ったそうだ。ライオンハートでは一般的なアメ車はもちろん輸入可能だが、特殊な車両の輸入・販売も実施して行く予定。個人として所有するには厳しい部分があるが、ビジネス用に使うのなら大いにアリ!その存在感は圧倒的だし、まさに広告塔としての役割も兼ね備えている。アメ車でビジネスを展開してみたいと考えている人は、迷っている時間ないと言えそうだ。

1996 FORD E350 COLLINS 1996 FORD E350 COLLINS1996 FORD E350 COLLINS _N6I3083 _N6I3087

E350の面影を色濃く残すが、助手席側大きく変更され、両開きの乗降用ドアを設置。ドアの前側に右側の視界を確保する縦長の窓が新たに設けられている。灯火類はそのままだが、流石にSTOPのサインは撤去されている。

_N6I3156 _N6I3165_N6I3164_N6I3216 _N6I3203

運転席周辺は、基本的にE350のまま。乗降ドアは運転席近くの長いリンクを引くことで開閉させる。ちなみにこの操作、一度やってみると病みつきになってしまう。キャビン内はシートを完全に撤去。後方には住宅用のような、巨大なエアコンが設置されている。

エンジンは7.3Lのパワーストロークディーゼルターボを搭載。子供とは言え16人ほどが乗ることを考慮し、トルクを重視した設計。横浜からお店まで自走したそうだが「まあ、普通に走りますよ」とのこと。

_N6I3072 _N6I3298 _N6I3143

フロントはコイルスプリングで、リヤはリーフを採用。フロントタイヤは235/85R16で、リヤは245/75R16と乗り心地も考慮。ちなみにホイールは8 穴となっており、そこからE350がベースということが窺い知れる。


LIONHEART【ライオンハート】

TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com

SUVやマッスルカーだけでなく、最近ではJLラングラーも積極的に手がけているライオンハート。今までにないジャンルのニーズに対応する為、新たにスクールバスの輸入を開始した。


★ PHOTO:浅井岳男
★ TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2020年 5月号掲載


関連記事

RELATED


トラックをベースにした全長10mのスクールバス【フレイトライナートーマスビルト スクールバス】

1998 FREIGHTLINER THOMAS BUILT SCHOOL BUS
フレイトライナートーマスビルト スクールバス

4WDシステムを搭載する、大変希少なフォードE350

SOUL OF FORD NEVER ENDS
2009y FORD E350 XLT 4WD

2019年型 F-150ラプターが降臨!究極のベストセラーのモンスタートラック

アメリカン・スピリットを体現するプレミアムでパワフルな4x4トラック、2019年型フォードF-150ラプター。このトラックは人気が高く、アメリカ国内でもプレミアム価格で販売されることが多い。しかし、愛知県にあるアメリカ車専門ディーラーのライオンハートは、この新型車をリーズナブルな価格で輸入販売!詳しくは記事をチェック☆

AMERICAN 4X4 & TRUCK
2019 FORD F150 RAPTOR

【フォードE-150 XLT】独特の存在感!フルサイズバンの魅力にやられアメ車へ乗り換え

2007年型フォードE-150 XLTを所有するオーナーに取材。オーナーはカスタマイズよりもアメ車本来の良さや、実用性を評価するタイプで、以前は国産ミニバンに乗っていたが、その広さと独特の存在感に惹かれてアメ車ファンに。フォードE-150 XLTは、6人の大家族でも大満足。バンのサイズが大きいので収納も十分で、カーキャンプなど魅力的なアメ車ライフを語る。

2007y FORD E-150 XLT

【フォードF150】圧倒的な人気を誇るラプタースタイル、マスクだけでなくボディもアレンジ!

2008 FORD F150

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。