ワイルドでありながら上品さも併せ持つスタイリッシュなC7

クーペ

シボレー

フルハウス

コルベット

コルベット Z51

埼玉県

アメマガリコメンド・アメリカンカー

C8コルベット

C7コルベット

アメマガリコメンド

アメマガ2020年6月号

2015 Chevrolet Corvette Z51

AMEMAG RECOMMEND AMERICAN CAR


2015 Chevrolet Corvette Z51

FRレイアウトの最後のコルベットC7を今こそ手に入れておくべきでしょ!

各国のスーパースポーツを新旧網羅しながらも、ウエストファリア社の正規ディーラーとキャンピングカーにも精通するワイドバンドなラインナップが特徴のフルハウス。旧車においては特にコンディションの良い個体が揃っているのだ。

 

日本車ではホンダNSXを筆頭に、各国の主要スーパースポーツ系をメインに取り扱っている「フルハウス」。アメ車においてはコルベット、チャレンジャーSRTヘルキャットといったハイパフォーマンスモデルから、リンカーン、キャデラックといった最上級サルーン、67年型カプリスのサバイバー的な個体などもストックしている。

 

今回はフルハウスのストックの中で、最新のC8ではミッドシップを採用し、よりスーパースポーツとして進化したコルベットだが、フロントエンジン最終となるC7をフィーチャーしたい。純粋にスペックを重視するならば、常に最新こそが理想的となるが、コルベットに関しては、ミッドシップへの進化は、運動性能の向上という点では魅力的でも、歴代FRレイアウトでラインナップされてきたモデルとしてのキャラクターを踏まえると、今こそC7の魅力が際立つと言えるだろう。

 

C7コルベットは、ルックスや総合的な運動性能では、スーパースポーツとして世界水準を十分満たしていながら、コストパフォーマンスやランニングコストにおいては、ずば抜けて優れている。高次元のスーパースポーツとしてのポテンシャルと、コルベットならではのアメリカンでフレンドリーなキャラクターをバランス良く兼ね備えている点では、C7は実に魅力的なのである。

 

この個体は、ホイールも含めてブラックで統一されながらも、インテリアではブラウン系を選択していることで、ワイルドでありながらも上品さもある。ステアリングやシフトノブなどにあしらわれたバックスキンとレザーによるコンビネーションの内装の質感の良さもC7の魅力。また、コンペティション・シートや、カーナビなど、純正オプションが充実しているのもポイント。466psを発揮するZ51のポテンシャルを8速ATでイージーに楽しめる。

2015 Chevrolet Corvette Z51

ブラックの車体色によって、C7ならではのエッジの効いたスタイリングが際立つ。ホイールも含めてブラックで統一されているだけに、ブレーキキャリパーの赤が映える。脱着式のトップは素材であるカーボン地が選択されている。ドアミラーはオプションのウィンカー内蔵式。

2015 Chevrolet Corvette Z51 2015 Chevrolet Corvette Z51

ハードなスポーツ走行にも対応するショルダー部に開口のあるコンペティションシート(純正オプション)が目をひく。クラスター周辺はカーボン地でスポーティーな印象。ブラウンの配色や、レーザー&バックスキンによるコンビネーションの内装が、上品洗練されている。

IMG_1856 IMG_1853

新世代LT1である6.2LのV8ドライサンプエンジンは、可変バルブやアクティブ・フューエルマネージメントによって、466psを発揮しながらも、エコモードでは気筒休止システムによって、高速なら12km/L超えと優秀。トランスミッションは、8L90、8速オートマチック。

IMG_1381IMG_1859

76年型が最後となっていた“ スティングレイ” のネーミングがC7では復活し、フェンダー部にはエイをモチーフにしたエンブレムが付く。オプションのコンペティション・シートは、高いホールド性やルックスの良さに加えて、軽量マグネシウムフレームというのが高ポイント。順位ナビ装着も嬉しい。


Special Thanks:Full House【フルハウス】

location:埼玉県三郷市南蓮沼253-1
TEL:048-949-3030
HP:https://www.fullhouse-mac.com/

スポーツモデルをメインに幅広いラインナップでストックも豊富! 希少なモデルでも複数台ストックしているので、展示車両を実際に見て選べるのだ。高品質へのこだわりが、ストック車両からうかがわれる。アフターサービスはもちろんのこと、カスタムにも対応。

Full House【フルハウス】


Photo & Text ★石橋秀樹
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger