拘りの足回りでC8コルベットを更に引き立たせる

クーペ

シボレー

WORKグノーシス

コルベット

AMERICAN CUSTOMS

埼玉県

C8コルベット

オールインポート

アメマガ2022年4月号

2021 CHEVROLET CORVETTE

AMERICAN CUSTOMS


2021 CHEVROLET CORVETTE

拘りの足回りでC8を更に引き立たせる

新型コルベットのボディパーツが続々と登場し、C8コルベットのカスタムも増えてきた。だが、アメ車を代表するスーパーカーであるコルベットのカスタムは度合が難しい。コルベットらしさを残し、いかに違いを演出するか。埼玉のオールインポートが、その答えの一つを披露する。

フロントリフターを残しローダウンを実現

シボレー・コルベットは、いつの時代もアメ車を象徴するモデルだ。新型のC8がヨーロッパテイストと言われようが、コルベットは「コルベット様」だ。

 

そんなコルベットは他のモデルとは違い、走りを優先した洗練されたスタイリングを持つ。よって過度なカスタムは、空力性は無論、コルベットの美しいボディラインを壊しかねない。コルベットカスタムは、いかに「らしさ」を残しながら違いを引き出すセンスが重要になってくる。

2021 CHEVROLET CORVETTE

その難題の答えの一つとなるC8コルベットを、埼玉のオールインポートが製作した。オールインポートは、チャレンジャーなどに対して、走りを犠牲にしないオリジナルエアサスを製作するなど、車高・足回りには大きな拘りを持つショップ。製作したC8は、純正装備のフロント車高調整機能フロントリフターを犠牲にせずローダウン(F1.75、R2インチ)。ホイールもその車高に合わせ、ミリ単位で特注オーダーしたワーク・グノーシスGR205のF20/R21インチを履く。

 

ボディキットはZERO DESIGNで、ウイングはGMオプションを装着。 ボディキット装着だけでは生み出せない絶妙なロースタイルを、拘りの足回りで実現したC8。派手なパーツだけを組み合わせて仕上げるのではなく、この小さい拘りこそが真のプロショップだ。

_K2A3306 _K2A3309 _K2A3312 _K2A3339

フロントリップスポイラー、サイドスカート、リアディフューザーは、ZERO DESIGNを組み込む。純正デザインを大きく崩さないように、ウイングはGM純正オプションをチョイス。

C8LD-480x322 のコピー ワーク・グノーシスGR205(フロント20、リア21インチ)

一般的にC8のローダウンとなれば、標準装備される車高調整機能のフロントリフターは使えなくなる。だが今回のモデルは、同機能を犠牲にせずローダウンできるPARAGONパフォーマンス製キットを組み込む。これにより、フロント1.75、リア2インチローダウン。ホイールは車高に合わせて特注オーダーした、ワーク・グノーシスGR205(フロント20、リア21インチ)。チタンゴールドディスク・ブラックアルマイトリム。ワーク・超々ジュラルミンナット使用。


ALL IMPORT【オールインポート】

TEL:048-959-9419
HP:https://www.allimport.jp/
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]