トイ・ストーリーなどのピクサー系ホビーも充実する大阪の新スポット!【SOJIJI BASE】

ショップ

大阪府

AMERICAN雑貨探訪

SOJIJI BASE&GARAGE

アメマガ2020年6月号

SOJIJI BASE

AMERICAN 雑貨探訪


SOJIJI BASE & GARAGE

ネット販売が主流の昨今、実店舗を構えるアメリカン雑貨屋は減少傾向と言われているが、大阪北摂地域にはまだまだ未開拓のお店が沢山。なかでも2017年に誕生した茨木市のSOJIJI BASEはアメリカン雑貨のみならず多彩なホビーとアパレルが充実!

子供も一緒に宝探し気分を味わえる豊富な品揃え!

ちょっとした日用品からタイヤ&ホイールのセットまで何でもネットで購入できる時代。スピーディーな物流のおかげで早ければ頼んで翌日には届く便利な世の中だが、アメリカン雑貨やアンティーク家具、珍しい玩具などはやっぱりその眼で見て吟味を重ねて買いたいものである。またネットサーフィンでは味わえない宝探しな気分は、小銭を握りしめて駄菓子屋で品定めをしていた幼少期の様なワクワク感に似たものがある。

DSC_6673 DSC_6692 DSC_6656

そんな幼心を思い出させてくれるのが紹介する「SOJIJI BASE」。大阪の江坂にあるアパレルショップ・ラバーソウルが母体となり、2017年にオープンした新スポットだ。特筆すべきは多彩なラインナップ。入口付近には子供が喜ぶキーホルダーやペン、消しゴムなどの文房具も取り揃え、奥へ進むにつれてキッチン用品やマグカップ、ネオンサインとディープさを増していき、レジの奥にはガレージ雑貨をはじめ、ヴィンテージ物のサイン、ジュークボックス、本場のガソリンスタンドなど本格的なオブジェも盛りだくさん。

 

二階はスタンダードなカジュアルウェアのアパレルショップとなり、ファミリーで来店してもみんなで楽しめるスケールの大きさは実に魅力的。大阪へお越しの際はぜひ足を運んでみて欲しい!

Character 1,000円でお釣りがくるリーズナブルなディズニー、ピクサーカーズも多数!

DSC_6793DSC_6874 DSC_6634

常時100台以上の品数を取り揃えるディズニーピクサーカーズ。なかでも約50cmのビッグサイズを誇るマックイーンをはじめ、特大ダイキャストなど、小さな男の子から大人まで喜びそうなお宝がズラリ。ミニカーやカーズが大好きな子供たちが思わず目を奪われるコーナー。アウトレット品も揃えており、セールなどで期間限定特価になっている商品もあるので、じっくりと吟味してコレクションの新入りを探すのも面白い。

Interior ガレージのアクセントに取り入れたくなるチェアやサインプレートも豊富!

DSC_6885 DSC_6797 DSC_6783 DSC_6778 DSC_6887 DSC_6775 DSC_6750 DSC_6865

ガレージのアクセントとしてはもちろん、アウトドアへ持ち出しても絵になるミリタリーテイストなスチールチェアは6,800円(税別)。その他、当時物のサインプレートやマイル表示のサインなど、アメリカンガレージ作りには欠かせないアイテムも数多く取り揃えている。また、ポップなキッチン用品やマグカップにウッドラック、ダストボックスなど、奥さんや彼女を連れて来ても一緒になって楽しめる多彩なラインナップは、カップルやファミリー層にも嬉しい。

Apparel 2Fのスタンダードなカジュアルウェアはメンズ中心のラインアップ!

DSC_6707DSC_6722 DSC_6712 DSC_6708 DSC_6720 DSC_6715 DSC_6725

アメ車乗りたちには嬉しいSTPのコラボウェアをはじめ、BILLVANのネルシャツやワークウェア、スウェットなど、スタンダードなアメカジ系ファッションから万人ウケするアイテムまで多数。古着の販売も行なっており、厳選されたユーズドTシャツは一点1,000円から販売。大きな試着室も完備しており小さな子供連れでも一緒に入れるので目を離す心配もなく安心してショッピングを楽しめる。ちなみに一階のトイ・ストーリーコーナーではキッズ&レディース向けのトイ・ストーリーTシャツも各種各サイズ大量に在庫しているのでファミリーでお揃いの品を探すって選択肢もあり!

Antique アメリカンダイナーみたいなリビングを目指す人にお勧めの逸品!

DSC_6781DSC_6782

コカコーラの大型サインプレートやジュークボックス、本国のガソリンスタンドのガスポンプなど、アメリカンダイナーの店舗ディスプレイさながらの大型アイテムも取り揃える。ネット販売のみのアメリカン雑貨なら送料も桁違いに高額になるが、お店に展示しているものをクルマに積んで帰れるのが実店舗の強み。本格的にアメリカンな自宅を目指す人はぜひSOJIJI BASEで実物を吟味してみてはいかがだろう。

Neon Sign & Sign Plate

DSC_6759 DSC_6776

ネオンサインやサインプレートも豊富な品揃えを誇っており、どれも本国から仕入れた一点物ばかり。ちょっとした文字の擦れや角の錆びなども味として楽しめる逸品。スピードリミットやEXITのプレートは味気ないガレージのアクセントとしてはもちろん、エントランスや階段の踊り場、廊下に飾っても手っ取り早くUSテイスト溢れるインテリアを演出してくれるマストアイテムだ。

m&m's チョコディスペンサーm&m's アメフトチョコディスペンサー m&m's コレクションTOY STORY4トーキング& アクションフィギュア トレーラー型ツールセット トレーラー型ツールセット モーターオイルドライバー& ツールセット モーターオイルドライバー& ツールセット 星条旗柄ハンマーラットフィンク ボビングヘッド


SOJIJI BASE & GARAGE

ADDRESS:大阪府茨木市総持寺駅前町1-31
TEL:072-665-7593
URL:http://www.rubbersoulinc.com/sojijibase
OPEN:11:00~20:00
CLOSE:水曜日

2017年に江坂のアパレルショップ・ラバーソウルが母体となってOPENしたアメリカン雑貨の新スポット「SOJIJI BASE」。m&m'sにスポンジボブやトイ・ストーリー、カーズといった定番のキャラクターものから、ドラゴンボール、北斗の拳、ウルトラマンにDr スランプアラレちゃんまで、大人が幼少期にハマったアニメキャラクターのホビーも盛りだくさん。アメリカン雑貨やアパレルアイテムはもちろん、レア物も多数取り扱っているので、宝探し的な気分で訪れてみても楽しめる。ユーズド品など一点物も多いので欲しい物と出会った時は迷わず購入をオススメしたい。

DSC_6809 DSC_6755DSC_6930DSC_6762


★Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 6月号掲載

関連記事

RELATED


【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。