高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

ショップ

アメマガ2023年2月号

やっぱり OBS!

オールドボディスタイル

ナオキモータービルド

大阪府

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

やっぱり OBS!


OBSのメカニズム

「TBIとVORTECって結局どう違うの!?」素朴な質問をカジュアルに検証!

開業10周年を迎えたナオキモータービルド。代表の宮田氏が初めてOBSを手にしたのは開業当初のことで、VORTECエンジン搭載のC-1500レギュラーキャブだったという。このクルマをキッカケにOBSの魅力に惚れ込んでしまい、よりディープな383に積み替えられた88年型C-1500レギュラーキャブを所有することとなったそうだ。この個体はとにかくご機嫌で、踏めば踏んだだけ期待値を超えて応えてくれただけに、383に慣れ親しんだ後に350エンジン搭載の92年型C-1500に乗り変えた時は「あれ? 調子悪い!?」と勘違いした記憶が今も鮮明に残っていると言う。

 

しかしTBIとVORTECを比較して明確に差が出るか? と聞くと、答えは「NO!」だ。簡潔に言うとヘッドとインテークマニホールド、インジェクターの違い程度で、ヘッドより下はほとんど変わらないとので、エンジンの不具合が起きる箇所もほぼ同じ。インマニのガスケットやオイルパンからのオイル漏れ、それに水漏れなども両ユニット問わず共通した症状らしい。

強いて言えば、TBIはドロドロと昔ながらのアメ車らしい排気音で、VORTECはドロドロ感は控え目のスムーズな排気音を奏でる。ちなみに96年からVORTECに変更された本国モデルに対してメキシコ産はTBI搭載を継続していたため、97年モデルでもTBIを搭載した個体が存在する。話によると本国モデルとメキシコモデルのTBIはエンジンフィーリングが微妙に異なる様に感じるとのことで、ACドライヤーや配管に異なるパーツが組まれるなど、明らかに異なる部分もある。

 

ミッションはモデルイヤーやオプションにもよるがTH700R4(4L60)を筆頭に、4L60Eの4ATと5MT。454SSには3ATの設定も存在。現行モデルの様に8速や10速ATではなく、大排気量を最低限のシフトチェンジで豪快に走らせる感覚は、OBSならではの魅力だ。

 

また、コンピューター制御も現在ほど複雑ではないため、どちらのエンジンもチューニングパーツが豊富に出回っており、撮影車両のVORTECはインテーク、ヘダース、コンピューターの書き換えでリミッターカットを施してハイパフォーマンス化するなど、エアクリーナーやマフラー換装程度の吸排気効率向上レベルではなく、本格的にエンジンをアップデートできる点も特筆物。一方でTBIはインジェクションシステムをあえて取り去ってキャブレター化するオーナーも存在しており、多種多様な心地良いエンジンフィーリングや乗り味の追究に対して、豊富なアフターパーツを駆使して様々なアレンジができるアメ車は現行車両では存在しない。

 

すなわち90年代のOBSは過剰なコンピューター制御に煩わされることなく、リアルにイジって楽しめる最後のアメ車と言える。TBIもVORTECも整備やメンテナンスを怠らなければ50万kmを超えて走れる頑丈なエンジンであるとも噂されているだけに、モデルイヤーや走行距離ばかりに惑わされず、良い個体を長く愛用して次世代のアメ車オーナーへと紡いでいきたいものだ。

VORTEC


TBIと見比べてみると確かにオルタネーターの位置やコンデンサー、ラジエターファンの位置までほとんど変更がないVORTEC。不具合箇所もほぼ似た症状とのことだったが、強いて言えばデストリビューターのナット取り付け部分が経年劣化で欠けたり割れたりする個体が多いそうだ。


TBIがヘッド上にレイアウトされるのに対してVORTECのエアクリーナーはイマドキ。剥き出しタイプの吸気効率の良いエアクリーナーへ換装すれば体感できるレベルでパフォーマンスアップを計れる。


コンピューターチューニングを施してリミッターカット&ヘダースまでとなると、もはやマニアックな世界観。その気になればここまで出来てしまうのもVORTECの魅力だ。

TBI


今の20代からしてみるとドロドロサウンドは、昔ながらのアメ車らしいフィーリングで新鮮に映ると若者からも人気のTBI。エアクリーナーやマフラーの換装で、よりその音色を鮮明に楽しめる点もTBIの魅力。

エアクリーナーとスロットルバルブの間にインジェクターを搭載した、いわゆるキャブインジェクションと呼ばれるTBI。メキシコ産のTBIはACドライヤーや配管レイアウトなど本国モデルと異なる点もある。


THANKS:ナオキモータービルド
TEL:072-236-7300
https://naoki-mb.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2ドアタホは小回りが効いてフォルムも美しい!

ひと昔前までは日本の一般的な駐車場にギリギリ収まる全長約5mの4枚ドアが断然人気だったタホ。しかし、ここ最近は2ドアのショートボディの人気が急上昇中。その理由と魅力についてナオキモータービルドの在庫車両をモデルに検証してきた。

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger