巡り巡って覚醒させる運命を感じた憧れのエルカミーノSS396

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

エルカミーノ SS396

アメマガ2020年7月号

ナオキモータービルド

HOTCHIKIS

エルカミーノ

過激に挑め!! MUSCLE WARS

1969 CHEVROLET EL CAMINO SS396

過激に挑め!! MUSCLE WARS


1969 CHEVROLET EL CAMINO SS396

18歳の免許取りたての宮田氏が地元で何度か目にしたエルカミーノ。そのエルカミーノが巡り巡ってナオキモータービルドのもとへ。数十年間眠り続けた不動車を正統派のレストアではなく、異端児的にアレンジ!

カサカサボディなのに超快調! そのギャップが肝

約3年前、2017年に不動の状態で発掘してきたエルカミーノSS396。69年型エルカミーノ自体現存する個体がそんなに多くないため、買い取りの連絡が入って車両の詳細を聞いた時に「もしかして昔見掛けたあのエルカミか?」の予感が見事に的中。

 

買い取り時にオーナーに話を聞くと、エルカミーノはスターターモーターの不良などで不動となり、いくつか近所の修理工場にお願いしてみたものの、どこも手を付けられず断念。その当時ナオキモータービルドが存在していたなら、また歴史が変わっていたのかもしれないが…。

 

そのまま数十年間眠り続けるも、このまま朽ち果てるのは可哀想だと。できるのであれば、また元気に走らせてあげて欲しいと、前オーナーがナオキモータービルドに余生を委ねたのだ。

 

さいわいフレームやボディに致命的なダメージはなかったが、ネジを含め各部の劣化や錆が侵食しており、思い切って交換が必要なパーツはすべて新品へとアップグレード品に。レンズ類も一新してパリッと仕立てつつも、カサカサのボディはそのままストック。

 

オリジナルの396エンジンはオーバーホールを施し、ハイカム、ハイコンプピストン、ローラーロッカーアーム、さらにはホーリースナイパーのインジェクション化によってすこぶる絶好調に!

 

ナオキモータービルドの核となる足回りのフルチューンも施工済みで、撮影時には間に合わなかったが、既にヴィンテージエアーエアコンキット&フロントランナーも発注済。王道のレストアも悪くないが、カサカサボディにインジェクションという異端児的なアレンジも、実に味わい深い。「見た目より中身だよ!」とはよく言ったものだが、まさにそのとおりの仕様である。

DSC_7696 DSC_7704DSC_7777

朽ち果てる一歩手前と言えるぐらい見事な錆びっぷりのボンネットやリアゲートを“ 味”として楽しむのが今回のプロジェクト。このカサカサボディには似つかわしくない新品のヘッドライトやテールレンズも、ある意味個性である。左右のフェンダーで艶感がまるで異なるのは、補修しないと厳しい部分のみリペイントを施した証であり、このアンバランス感がまた、魅力的に映える。

DSC_7723 DSC_7799 DSC_7807DSC_7812

前後cppチューブアーム&スウェイバーに、HOTCHIKISコイルスプリング、UMIモノチューブショックアブソーバーを皮切りに、フロントドロップスピンドルでがっつりロワードスタイルに。YukonGearポジトラクションやMoserアクスルシャフト、14:1レシオステアリングボックスの換装も相まって驚くほど乗りやすい足回りへ一新。ブレーキはWilwoodブレーキマスターシリンダーにフロント6ポッド、リア4ポッドディスクブレーキ化して、パフォーマンスに見合った制動力強化も抜かりなし。

DSC_7731 DSC_7738DSC_7724

カーペットを総張り替えして3連オートメーターの追加、GRANT GTステアリングの換装済みのインテリア。長年放置されていた割には程度の良いシートはそのままストックしつつ、炎天下でも快適にツーリングできる様にヴィンテージエアーを近々装着予定。手を加えるべき所と残す所の“ 足し算引き算”を熟知しているからこそ成せる技である。

DSC_7713

TH400トランスミッションに2800ハイストールコンバーターを組み合わせ、オーバーホール済みの396オリジナルエンジンを搭載。ハイカムやハイコンプピストン、ローラーロッカーアームに、holley Sniperのインジェクションシステムを導入。キャブ車を愛する同社では珍しいインジェクター仕様と新たな挑戦も特筆物。カサカサのボディ越しの極上エンジンが、妙に色っぽく見える!


SHOP DATA:NAOKI MOTOR BUILD【ナオキモータービルド】

TEL:072-236-7300
HP:https://naoki-mb.co.jp
Photo &Text:石井秋良
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載

最新記事


2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

ランキング


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】