ふくよかで独特の優美さを誇るEボディ・バラクーダ

クーペ

プリマス

ホットロッド

アメマガ2020年9月号

クーダ340

バラクーダ クーガ

バラクーダ

HOT ROD Ecstasy ホットロッダーの悦楽

1970 PLYMOUTH 'CUDA 340

HOT ROD Ecstasy ホットロッダーの悦楽


1970 PLYMOUTH 'CUDA 340

1970 PLYMOUTH 'CUDA 340

大人のための贅沢でカジュアルなアップグレードされた美しきカマス

箱型クーペ車において最も美しいスタイリングのE ボディ・バラクーダ。希少マッスルの象徴的な存在のコレクタブルカーとオリジナルを保持しながらも、EFI&5速マニュアルでアップデートした贅沢にしてカジュアルなストリートカー。

ふくよかで独特の優美さを誇るEボディ・バラクーダ

コレクタブルな希少マッスルカーを代表するMOPAR系の中でも、70年型のバラクーダは希少性、人気、パフォーマンス、そして、スタイリングの美しさでもトップレベル。ダッジ・チャレンジャーとはプラットフォームを共有する兄弟車でありながら、ディテールやキャラクターに明確な違いがあり、マニアなファンこそ好みがはっきりと割れる。直線基調のシャープな印象のチャレンジャーに対して、バラクーダはルーフの形状や「ダブルバブル」なフードなど、ふくよかで独特の優美さがある。


しかし、販売店の少なかったプリマスブランドということもあり、出荷台数はチャレンジャーよりも少ないため、とりわけ希少な存在。スタンダードなバラクーダに対して実質的にハイパフォーマンスな「クーダ」の中でも340エンジン搭載車は、スモールブロックという点で、実際のパワーや値打ちの面でもビッグブロック車に劣るが、マニュアルミッションとローギアなファイナルレシオとの組み合わせによって、V8ならではのトルクと、V8らしからぬ軽快なフィーリングが味わえて魅力的。 しかも、この個体は、本来のキャブレターを4バレルタイプのスロットルボディによるEFIにアレンジ。


マニュアルミッションはオーバードライブ付きの5速に、エアコンも社外品でアップデートしていることで、軽量で軽快な340クーダの持ち味を最大限に引き出しつつ、フレンドリーに楽しめるのがポイント。外観では、リアのリム幅がワイドになっている以外は、すべてオリジナルのデザインを保持。希少なMOPARマッスルを現代において楽しむ最良のアレンジといえるのだ。

1970 PLYMOUTH 'CUDA 340

340ciならではの軽快さをEFI によって極めてシルキーに体感できる。トレメック製5速マニュアルならではのスムースなシフトフィーリングを“ピストルグリップ” で味わえるとは、なんとも羨ましい!ローギアによるクイックさも最高に気持ち良い!

1970 PLYMOUTH 'CUDA 340

ロー&ワイドに特化したスタイリングは兄弟車のダッジ・チャレンジャーと共通だが、ドーム状のルーフや、“ダブルバブル” なフードなど、切れ味の良いカーブの美しさが魅力。クォーターからデッキにかけてのエッジを際立たせる“ ホッケーストライプ”もMOPARらしいチャームポイント。

IMG_2349

4連装&ウッド調のメータークラスターは、オプションのラリータイプ。EFIのインジケーターの設置と、エアコンのコントロール部、オプションの“タフ” ステアリングは社外品ながら、その他はストックを保持する。

IMG_2367

MOPARマッスルでは定番中の定番であるラリーホイール。唯一の15インチによる純正オプションということもポイント。現車はリアのホイールをワイド加工している。装着タイヤはBFGラジアルT/A(F:235/60R15、R:255/60R15)。

IMG_2361IMG_2358

MOPARマッスル=ビッグブロックというイメージが強いが、340エンジンは、軽快でスポーティな走りをマニュアルミッションで楽しむには最高。3.9のローギヤによる加速感とオーバードライブよる高速走行が両立する理想的な仕様。


アメ車マガジン 2020年 9月号掲載

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】