マスタングコンバーチブルで輝ける時間を手に入れよう

オープン

フォード

アメマガ2020年9月号

エコブースト

オートギャラリー

マスタングエコブースト

マスタングコンバーチブル

マスタング

愛されし我らのマスタング

オートギャラリー東京

マスタングエコブーストプレミアム

2018 FORD MUSTANG EcoBoost Premium Convertible

愛されし我らのマスタング Let's Go with MUSTANG


2018 FORD MUSTANG EcoBoost Premium Convertible

関東屈指の敷地面積と在庫数を誇るオートギャラリー東京。同店イチオシのクルマがこの2018年型マスタングコンバーチブル。高年式にも関わらず398万円というベストプライスの理由は自社による直接仕入れとそのタイミング。故障の心配も少ない距離だから安心して乗れるぞ!

人気のコンバーチブルがグッドプライスで登場!

ドライブから街中でのデートまで、どんなシチュエーションにもハマる。それがコンバーチブルの魅力。スポーティーなスタイリングと相まってこれ以上ない時間を演出してくれる生粋のモテクルマがマスタングコンバーチブルだ。

5K6A1860

ご存知のようにマスタングには5.0L/V8エンジンを搭載するGTもあるが、こちらはパフォーマンスと経済性を両立した2.3L/直4エコブーストを搭載するプレミアムパッケージだ。2018年モデルなのでフェイスは現行。スポーツと上品さを取り入れたデザインは老若男女を問わずに乗りやすい。またカスタムはされておらず純正仕様となっているのもポイント。カスタム車はお買い得かもしれないが、メンテナンスなどのランニングコストは純正と比べるとかかりやすいからだ。そういう意味でも、またプライス面でもこのクルマはアメ車ビギナーが乗りやすい1台となっている。

2018 FORD MUSTANG EcoBoost Premium Convertible

コンバーチブル最大の特長である解放感ある車内。しかし急な雨や強い日差しが心配という向きもあるだろう。そんな心配を遮るのが電動ソフトトップ。スイッチを押すと10秒ほどでクローズ完了。あとはレバーをロックすればOKだから、手を汚すこともなくスマートにルーフをセットできる。


アップルカープレイ/アンドロイドオートにも対応するタッチパネル式センターモニターを装備。エアコンコントロールはこのモニターからアクセスすることができる。またプレミアムパッケージなのでレザーシートも奢られる。このシートには3段階調整式のヒーター&クーラーも内蔵しており季節を問わずに快適に過ごすことができる。またパドルシフト付きレザーステアリングなど、上質なインテリアを堪能することができる。またパークセンサーやバックカメラも装備しているのでどこでも安心して運転することができるのもうれしいポイントだ。

走行距離は4.3万kmと美味しいタイミング。故障の心配も当面は大丈夫。こんなクルマでアメ車デビューはいかがだろう?

2018 FORD MUSTANG EcoBoost Premium Convertible 5K6A1870 5K6A18145K6A1970

スポーツモデルのマスタングにあってカスタムが施されていないクルマは珍しいかもしれない。純正18インチアルミやトランクのリアスポイラー、デュアルエキゾーストやスタイリッシュな現行フロントフェイスは幾度見ても飽きることがなくオーナーを楽しませてくれる。また特長的なデザインのLEDテールライトをはじめとしたリアビューもマスタングの魅力だ。

5K6A1794 5K6A1961 5K6A1838 5K6A1851

3スポークステアリングや大きなツインメーターなどスポーツドライビングの想いを高ぶらせてくれるインパネは、ファミリーカーではありえないデザインであり、マスタングを所有する愉しみでもある。それでいてアップルカープレイ/アンドロイドオートに対応するセンターモニターも装備するなど利便性も兼ね備えているのだ。

5K6A1906 5K6A1947

ホールド性に優れたブラックレザーシートは高級感のある肌触りで長距離でも疲れにくい。また電動でのポジションコントロールとなっており、身体に合わせて細かく調整することができる。さらにシートヒーターとベンチレーターも装備されているから快適だ。

5K6A1918

走行距離は4.3万kmということで、ちょうどアタリがついた2.3Lエコブースト。ダウンサイジングターボにより燃費と走りを実現している。またトランスミッションはオートマなので初めての1台としてもおススメのクルマだ。

5K6A18285K6A1832

最新のコンバーチブルの進化を感じさせてくれるのがソフトトップ。ルーフのロックレバーを解除しスイッチを押すと10秒ほどでオープンスタイルが楽しめる。またオープンにしても美しいシルエットが楽しめるのも初代マスタングから受け継がれた伝統だ。


Thanks:AUTO GALLERY TOKYO【オートギャラリー東京】

TEL:042-799-5222
HP:https://www.autogallery.co.jp

5K6A1953
オートギャラリー東京店長 角田芳文さん

現行モデルのマスタングです。お求めやすいプライスのワケは、若い人にもマスタングの面白さを味わってほしいからです。カスタムも当店でできるので、まずはご相談ください!


PHOTO&TEXT:石上智章
アメ車マガジン 2020年 9月号掲載

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]