マグナムのリフトアップを可能にするJET CITY×KRZ共同開発リフトアップ用エアサス

ステーションワゴン

ダッジ

EXTREME AMERICAN

リフトアップ

KRZ

アメマガ2021年5月号

マグナム

ジェットシティ

DODGE MAGNUM

EXTREME AMERICAN


DODGE MAGNUM

こんなクルマを“本気”で作るからJET CITYは面白い!

2020年末に開催のX5ファイナルで堂々デビューした、ジェットシティのダッジ・マグナム世紀末モデル。既製品のパーツはほとんどなく、ワンオフで溶接加工して製作された。だが一番の見所は、KRZと共同開発したリフトアップ用エアサスによって、リフトアップがされているところだ。

SUV以外でもリフトアップを楽しむ

202年末のX5ファイルに訪れた来場者はザワついていた。ハイエンド大径ホイールを履きエアサス着地、綺羅びやかなハイリフトモデル達が並ぶ会場に、映画マッドマックスから飛び出してきた「武装スタイル」のダッジ・マグナムが鎮座する光景に、良い意味でも悪い意味でも来場者の視線は釘付けになっていた。製作したのは広島のジェットシティ。同ショップを知る来場者やエントリー者からは、「やっぱりジェットか」の声が聞こえてくる。「こんなモデルを本気で作るのはジェットしかいない」は、もはや業界の常識だ。


X5ファイルから遡ること数ヶ月前、ジェットシティのファクトリーには、カーショップとは思えないほどの鉄パイプや鉄板が並べられていた。それらを見ながら、「装甲車を作る」と代表の萩原氏は笑って答えたが、当然冗談だと思ったのは言うまでもない。それが数ヶ月後、まさかの姿になったマグナムが登場したのである。

DODGE MAGNUM DODGE MAGNUMDODGE MAGNUM

リアに装着されるヒッチラックこそ既製品だが、それ以外のルーフラック、F・Rバンパー、ブルバー、フェンダー、ガラスガード、マフラーといった部分は完全ワンオフで製作され、出幅などのサイズは「細かいことは不明」と、まさに製作しながら仕上げられていったものだ。


だが、年密な計画によって生み出したものもある。それが、ジェットとエアサス・パフォーマンスブレーキブランドであるKRZが共同開発した「リフトアップ用エアサス」だ。これまでジェットはエアサスによる完全着地を徹底的に極め、KRZもそれに答えるように特殊に改良を加えるなど、互いにリスペクトし切磋琢磨してきた。そうした深い関係性と、常に新しい物に挑戦するジェットの取り組みに、KRZも今までにないリフトアップ用エアサスの開発に快諾。そしてそのテスト車両として選んだのが、リフトアップのイメージが全く無いダッジ・マグナム。その理由は「たまたま下取りで入った」と語るが、リフトアップ=SUVという固定概念を崩す意味がそこには込められている。


開発されたリフトアップ用エアサスは、縮小時がノーマル車高よりやや高く、最大アップ時で約11cmアップとなる。装着には足回りのアーム類をワンオフで加工する必要があるが、そこは完全着地で培われた経験と技術で対応。エアサスシステムはFeelAirを採用し、ホイールはGRID GD10の20×12J。タイヤはFEDERAL M/Tの33×12.50R20LTを組み込む。

DODGE MAGNUM

リフトアップ用エアサスは、アメリカではすでに製品化されているものもあるが、それらは全てSUV用。マグナムのようなステーションワゴンやセダン用は、何処のメーカーも「誰もやらないだろう」と設定していない。それを、ジェットとKRZは「本気」で開発し作り上げたのだ。この世紀末スタイルは、外装の奇抜さが一番のウリではなく、リフトアップとは縁もゆかりも無い車両を、新境地に導く新たなスタイルとして提案している。今後は同パーツを組み込んだ、300C、カマロ、コルベットなどの構想もあるとか、ないとか。エアサスの「サゲ」ではなく、「アゲ」のジェットにも注目だ。

見どころは外観にあらず!?最大のポイントは“足”にあり

DODGE MAGNUM _DSC3505 _DSC3456_DSC3524

既製品で使ったのはリアのヒッチラックのみ。それ以外はパイプと鉄板を溶接加工して作り上げている。当初はオフロード仕様という構想だったが、もっとインパクトあるスタイルを目指そうと武装化が始まった。

_DSC3508 _DSC3536 _DSC3479

SUV顔負けのワンオフフェンダーに包まれるホイールは、GRID GD10の20×12J。オフセットは-40にもなる。タイヤはFEDERAL M/Tの33×12.50R20LT。マフラーはダミーではなく、排気がしっかり通じている。SUVではない車両をリフトアップさせるため、ジェットシティとKRZが共同開発したリフトアップ用エアサス。エアバッグは既製品を使うものの、アブソーバーやブラケットは細かいセッティングの上開発。装着のために足回りアーム類の加工が施されている。エアサスシステムはFeelAirを採用する。

DSC00048


JET CITY【ジェットシティ】

https://jetcity-motoring.com/
所在地:広島県安芸郡海田町国信2-6-43
TEL:082-820-0377

DSC00233


KRZ international
HP:https://krz.cc/
Photo:高原義卓Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 5月号掲載

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD