シェビーバンフェイスにカスタムしたバモスから本物のアメ車へ格上げ!

バン

シボレー

'カタチから入る'逸楽アメ車生活

アストロ

アメマガ2021年6月号

BLUE RIVER

2001 CHEVROLET ASTRO & HONDA VAMOS

"カタチから入る"逸楽アメ車生活


2001 CHEVROLET ASTRO & HONDA VAMOS

10年前にパンク系バンド「ANTHELL」を一緒に結成後、5年前に結婚したMASARU&HIMEさん。音楽活動に重きを置くため、選ぶ愛車は常に機材が積めて車中泊可能が必須条件。しかしアメ車風の軽バンでは限界を感じて、遂に本物のアメ車をオーダー!

バンドのイメージカラー赤黒にこだわって製作!

大阪を拠点としながら日本全国を周り、さらには台湾や中国といった海外でも音楽活動をするMASARU & HIMEさん。ANTHELLという名のパンクバンドで名前の由来は「蟻地獄」。Aで始まるとリストの上位に上がりやすく、漢字で表現しても格好良いことが決め手となった。

 

そんな彼らが選ぶ初めてのアメ車はAで始まるアストロ。これも何かの縁があるのではと感じる筆者。聞くところによると、撮影当日まで写真のバモスを愛用しており、バモス歴はざっと10年を上回る。シェビーバンフェイスに魅了されて購入したこともあって「次に乗るなら本物のシェビーバン!」と当初は考えていたそうだが、ブルーリバーに相談して自宅の駐車スペースまでシェビーバンで乗り付けてもらい、停めてみるとハミ出る始末。

 

しかし角目のビンテージなフェイスは譲れないと悩んでいた矢先に山倉氏から「カーゴフェイスをベースにイメージするアストロを製作しましょうか?」と提案されたのがアストロ購入の決め手となった。

2001 CHEVROLET ASTRO

実はブルーリバーがかつて軽自動車のアメリカンカスタムをしていた時からの付き合いで、長く愛用してロングドライブも日常茶飯事な彼らのカーライフを熟知していたため、作るなら程度の良いディーラー車をベースにした方が良いと探すも皆無。なので2001年モデルをベースに外装レストアレベルのオールペイントを敢行。ビンテージな雰囲気を色濃くすべく、立体的なサイドパネルは取り去り、リアバンパーはスムースタイプに換装後クローム処理を施す。さらにルーフ&サイドミラーの塗り分けに赤黒を取り入れて2人のイメージカラーを導入した。

 

ホイールも定番のビレットや昨今トレンドの純正然としたスチール系ではなく、個性的でプレーンな3ピースをチョイス。残すはクローム加工を施したカーゴフェイスを待つのみだったが、本誌締め切りのタイミングに間に合わず、最初で最後の純正顔での誌面掲載となった。撮影時初めて仕上がった自分の愛車を見て、「これなら行き先や予定も決めず、ノリで2~3日車中泊しながら旅もできる!」とご満悦な2人。

 

また、今まで機材車両とアーティスト移動の2台体制だった地方ライブ遠征も、アストロ一台で動けると大喜び。愛車のスケールがビッグになったことで、アーティストとしても大きな節目となるハズ。夢をBIGに持ち続けるべく、クルマもBIGにすることは、モチベーションを高める最良の選択と言える。

2001 CHEVROLET ASTRO DSC_1041 DSC_1061 DSC_1038 DSC_1050 DSC_1059

塗りたてホヤホヤのソリッドブラックは極艶で新車レベルの輝きを誇り、赤いルーフとサイドミラーのコントラストが際立つ。お任せでオーダーしたホイールは3ピースのMOZZER17インチ。現状225/50R17のタイヤは今後もう少し太めのタイヤへ換装予定。内装は実にクリーンでセカンドシートは車中泊に便利なリクライニング機能付き!

IMG_7383 IMG_7393

わざわざサイドパネルを外して塗り替えるなら、本国仕様のベース車両を選べば手間が省ける。しかし長年愛用することを見据えてディーラーモデルの程度重視というところがポイント。ブルーリバー全盛期にフルエアロやファントムグリルなど、お金をかけて数々のアストロを製作してきた山倉氏も、当時とは異なるお金の掛け方ではあったが、ニーズに合わせたアストロ作りに全力を尽くしてくれた。

IMG_2906

OWNER : MASARU & HIME(ANTHELL)


THANKS:BLUE RIVER【ブルーリバー】

TEL:0725-56-6400
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 6月号掲載

関連記事

RELATED


ライバル達が生産終了するなかエクスプレスは今も現役販売される

2017 Chevrolet Express 2500 LONG EXPLORER CONVERSION

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガール

免許を所得してすぐの頃に街中を走っているアストロを見掛けた彼女。当時は名前も分からなかったけれど、その姿を決して忘れることはなく、二年前にようやく手に入れ、いずれは子供たちともその魅力を分かち合いたいと、家族全員がアメ車に乗ることを目論む。

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

【日本で一番売れたアメ車】シボレーアストロ/GMCサファリが根強い人気の真髄とは?

80年代の名車、シボレー・アストロとGMCサファリの魅力を解説。日本にミニバンの概念を広め、日本車の基礎を築いた存在を語る。絶版にも関わらず、愛され続ける車として多くの人に支持され、、アメリカでの人気も高く、ハイルーフ改造車としても注目を集めたシボレー・アストロとGMCサファリの魅力を紹介していこう。
American Cars Best20 CHEVROLET ASTRO(シボレーアストロ)GMC SAFARI(GMCサファリ) 1985y-

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!