家に帰るのが楽しくなる思い描いた理想のデザインこれが本当の注文住宅

HOUSE

アメマガ2021年7月号

ジェネラルアメリカンホーム

マスタング

アメリカンハウス

Let's AMERICAN HOME

アメリカンライフ

OWNER:Mさんファミリー

Let’s AMERICAN HOME


細かい部分まで拘りぬいて、理想の家を手に入れたMさん。ジェネラルアメリカンホームのリアルアメリカンデザインはもちろん、一緒に作り上げる本当の「注文住宅」の凄さを実感し、家に帰るのが楽しくなる日々を送っている。

旅行もキャンプも行かなくなりました

5年前にマイホーム計画をスタートさせたMさん。運良く実家近くに土地を見つけ、建築は某大手ハウスメーカーで契約を結ぶなど、話はトントン拍子に進んでいく。だがしかし、当初は低姿勢で頻繁に意見交換をしていた担当者が、契約後に態度を急変させる。人生で一番大きな買い物である住宅建築だけに、後悔のない家を建てたいと思うのは当然のこと。納得の行く話し合いができなくなったことで、Mさんは契約解除を決断。

_K2A70901

再スタートのマイホーム計画として、各地の住宅展示場に通い始めたMさん。これといったデザインに拘ることなく、アメリカン・北欧・日本モダンデザインなど様々なデザインを見ていくなかで、ハーレーを長年所有し、キャンプなどアウトドアが趣味のMさんの心に一番響いたのがアメリカンだった。インスタで「#アメリカンホーム」で検索すると、庭やポーチでのBBQなど、楽しいライフスタイルを送る多くの写真がアップされたこともあり、アメリカンデザインのマイホームを建てることを決意したMさん。


だが問題は、アメリカンホームを建ててくれるハウスメーカーを知らないこと。「住宅展示場で見た家と、インスタにアップされていた家は、同じアメリカンホームでもデザインが違うんですよ」。理想の家は、まさにインスタで出てきたデザイン。そこでインスタを隈なく見ていくと、ジェネラルアメリカンホームという、リアルアメリカデザインを取り入れるハウスメーカーがあることを知る。「同じ愛知県だし、すぐに電話してオープンハウスを見たいことを伝えたんです」。


オープンハウスこそ開催していなかったものの、すぐに近くの施工宅を案内してもらい、オーナーさんと意見交換。「細かい部分まで自分たちの意見を聞いて施工してくれるし、やりたいことを全て取り入れた理想のデザインです」と、本当に満足している言葉に感動を覚えたMさんは、迷うことなくジェネラルと契約するのであった。

_K2A76311

ジェネラルの幾つかのオープンハウスを通いながらネットや雑誌を熟読し、取り入れたいデザインを構築していったMさん。その理想の家を建てるためにより広い土地を探し、遂に19年6月にサーファーズハウスをベースにするMさん宅は完成する。「大まかな要望を出し、それに対して幾つかのデザインを描いてもらい、またそこから詳細を煮詰めていく。ここまで自由でいいの? というぐらい本当に自由設計でした。契約前も契約後もスタッフさんの対応は変わらず、ご飯でも食べながら話しましょうかなど、レストランで打ち合わせしたことも(笑)」。奥様も「家のデザインはもちろん、スタッフさんのアットホームな人柄が話しやすかったです」と、家族皆んなが完成をワクワクしながら作り上げたMさん宅。


住宅に合わせて初めてのアメ車となる67年型マスタングも購入し、2020年夏には憧れのガレージも完成。 家が好き過ぎて、頻繁に行っていたキャンプも完成以来行かなくなり、キャンプ道具はずっと眠ったまま。旅行に行っても家族皆んなが「やっぱり家がいいね」と家路を急ぐ。「毎日、家に帰るのが楽しい」。その言葉が、満足度を表している。

_K2A72951

当初は実家近くの土地に建築する予定だったが、ガレージやウッドデッキのある広い庭、ポーチなどを理想にしたため、より広い土地(140坪)を探し建築。庭を取り囲むウッドの目隠しは、大工さんと一緒にMさんが貼り付けたものだ。庭は愛犬のドッグラン場でもあり、BBQを楽しむ場所になっている。

_K2A7123_K2A71561 _K2A71651 _K2A72131 _K2A7201_K2A72191

住宅完成から約1年後に完成したガレージ。愛車のマスタングとハーレーを、DIYで製作したリビングスペースから眺めるのがMさんの日課。ガレージにはもう一部屋あり、そこはプロ並みの工具を揃えたDIY ゾーン。ハーレーのカスタムやメンテナンスをするスペースでもある。棚などもMさんがDIYで製作したものだ。

家族皆んなでワクワクしながら作り上げた完全自由設計

_K2A74601_K2A73311

吹き抜けリビングも検討したが、3人の子供部屋の広さを優先。そこでジェネラルが斜め形状の天井に天窓を付けることを提案し、明るさが増した開放感あるリビングとなっている。その天井部分だけにウッドを貼り付けたのもポイントだ。家に帰った子供たちを必ず見られるように、階段はリビングに配置。

_K2A73581 _K2A74091 _K2A7382 _K2A7301_K2A7412

リビングやダイニングに置くソファやテーブルなどは、アメリカ製に拘るのではなく大好きなジーンズ素材のもので統一。ダイニング側は腰壁デザインとなり、一面だけ木材を使ったヘリンボーン壁となる。壁紙に拘るのもMさん宅の特徴で、キッチンの植物柄のほかに、奥様の隠れ部屋でもある(?)パントリー内はウッド&ジーンズ柄となる。5人家族ということで、広いシューズクロークの設置は奥様の要望の一つ。左側2枚のドアからクロークにアクセスが可能。

_K2A7445 _K2A7434 _K2A75471_K2A74721

トイレは同じブルーを使いながらデザインをアレンジ。家族に女子が3人いるため、バスルームは広い鏡とシンク2つを配置。壁にはタイルを貼り付け、床はヘリンボーン調となり、リゾートホテルをイメージさせる。

_K2A74961 _K2A7532_K2A7529 _K2A75081_K2A75171

カラフルなガラスが埋め込まれた壁の階段を登ると、2階の中央部にアクセス。3人の子供部屋、夫婦の寝室、書斎の他、廊下には収納ベンチスペースが広がり、ここは奥様の読書スペースでもある。子供部屋は、本人たちにカタログを見せて壁紙、天井、ドアなど好きなものを選ばせた。左写真は夫婦の寝室。ウッド壁は、DIYで余った木材を使ってMさんが貼り付けたものだ。

1967 FORD MUSTANG

1967 FORD MUSTANG 1967 FORD MUSTANG

2020年春に初めてのアメ車として購入した1967年型マスタング。これまで多くのヴィンテージのハーレーを所有してきただけに、アメ車もヴィンテージを選択。ファーストマスタングは年式によって細かいデザインが変わるが、67がMさんの第一候補。偶然にも近くのショップに67の美品車両が入庫しているの見つけ、運命と思い即決。エンジンやミッションがリビルトに載せ替えられ、コンディションは良好だ。雨の日は乗らないのがポリシーだ。


HOUSE Maker DATA General American Home【ジェネラルアメリカンホーム】

所在地:愛知県刈谷市東境町登り坂100
TEL:0566-91-3007
URL:http://g-a-h.sakura.ne.jp/wp
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 7月号掲載

関連記事

RELATED


見た瞬間に一目ぼれ、将来住む住宅はジェネラルに決めた!

結婚したら一軒家に住む。漠然とそんな思いを持っていたオーナーさんは、先輩が建てた住宅のオープンハウスに行き、その住宅デザインに衝撃を受ける。「マジでカッコイイ!俺もこんな家に住みたい!」。それがジェネラルアメリカンホームとの出会いだった。

デザインは本当に自由、建てながら決められるジェネラルの凄さ

サーフィンがとにかく大好きな相羽さん。夢のマイホームは、やはりサーファーズハウス。SNSで見付けたジェネラルアメリカンホームのオープンハウスに行き、夢は大きく膨らんでいく。完全自由設計で、家族みんなで楽しみながら理想の住宅を造り上げていった。

あのお洒落な家は何?勇気を出してオープンハウスに突撃!

近所に気を使うマンションより戸建てがいい。奥様の希望に答えるべく、浅岡さんが検討したのは建売住宅。やっぱり注文住宅って高いから…。希望に合う住宅が見つからず苦戦していると、目に飛び込んで来たのが輸入住宅のお洒落な家だった。

本当に楽しく住むなら自分たちが考えた大好きな家にしたい!

マンションでも建売でも良いかも。そう考えていた左右田さんだが、「自分の好みを我慢してまで住みたくない!」と、断固反対したのは奥様だ。家族でずっと楽しく住むなら、自分たちが好きなものを取り入れた自由設計が一番。左右田さん夫婦のマイホーム計画がスタート!

目の前に広がる海と大好きなお酒が移住の決め手

愛知県知多半島の内海海岸に魅せられ、今まで考えたこともなかったマイホーム建築を決め、東京から移住した米川さん夫婦。海を見ながら大好きなお酒を飲むこともイメージし、理想の住宅をジェネラルアメリカンホームに依頼したのだった。

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】