黄色いカフェダイニング『サンダンス』絶品バーガーが食べられる!

HOUSE

Let's AMERICAN HOME

アメマガ2021年8月号

サンダンス

エクスプレス

ジェネラルアメリカンホーム

Let's AMERICAN HOME


絶品バーガーが食べられる黄色いカフェダイニングは刈谷市のシンボル!?

愛知県刈谷市民からは「黄色い建物」でお馴染みの、アメリカンスタイルカフェダイニング「サンダンス」。名物のバーガーやポークリブを食べながら、オーナーの小林さんとアメ車談義もできちゃう、アメ車オーナー必見のカフェだ!

最初は黄色を後悔したが今は目立って満足

「今月紹介して欲しい住宅はこちらです」。ジェネラルアメリカンホームから送られてきたメールには細かい住所はなく、黄色い建物の写真のみ。なるほど、これは迷いようがない。

 

訪問した小林さんの黄色い建物は自宅ではなく、アメリカンスタイルカフェダイニングの「サンダンス」。お店が建つ愛知県刈谷市民には、サンダンスの名前と共に「黄色い建物」が浸透しており、細かい住所を伝えるよりも「黄色い建物」が道案内の合言葉。

アメリカンスタイルカフェダイニング「サンダンス」

「当初の予定では、こんなに黄色になるとは思ってもいなかったんですがね(笑)」。2010年にジェネラルアメリカンホームの施工によって建てられたサンダンス。アメリカンスタイルのバーガーを提供することから、お店も思い切ってアメリカンにしようと検討し、何件かのハウスメーカーに相談するも、小林さんの要望する建て替え工期では難しいと全て断られてしまう。困り果てた小林さんだが、一人の友人の存在を思い出す。

 

それがジェネラルアメリカンホームの代表である杉山さんだ。「杉山とは中学の同級生で、彼がアメリカに留学して日本に帰って来るたびに、アメリカの食事が恋しくなったと言って僕の店によく来てくれてたんですよ。その杉山が、日本でハウスメーカーを立ち上げたというんで相談したんです」。だが、小林さんが要望する工期の短さには杉山さんも難色を示すが、最終的に「小林のためなら」ということで快諾。

_K2A01701 _K2A0218_K2A0244_K2A0247

工期の短さを克服するためには、ジェネラルの代表的デザインである、カリフォルニアスタイルや、サーファーズハウスは困難。そこで杉山さんは、ロサンゼルス郊外にある、カントリー調のレストランをイメージしたデザインを提案。

 

さらに、全面を木材壁で施工するのではなく、大部分の壁を印象的なカラーにすることを提案するのだが、そのカラーを「黄色で」と言ったのは小林さん。まさかの黄色のチョイスに杉山さんも困惑したようだが、「面白いかも」ということで黄色に決定。だが実際に塗ってみると…。「さすがに派手でした(笑)。でも建て替えてから、黄色が目立って気になって来店したお客さんが沢山来られて、今では本当に黄色にしてよかったと思ってます」。

 

内装は大枠をジェネラルが作り、細かい部分は小林さんがコツコツDIY。音楽が趣味ということで店内には演奏ステージもあり、プロのミュージシャンを招いたり、小林さんがドラム演奏することも。

_K2A02941

サンダンスが提供する看板メニューは、おにぎりのように具材を包み込むバンズが特徴のハンバーガー。表面がサクサクで中がフワフワのぶ厚いバンズが肉汁溢れるパテを包み込み、一般的なボリュームあるバーガーとはまた違った食感を味わえるとして、刈谷市民はもとより、遠方からも噂を聞きつけ訪れる。バーガーと一緒に多くのお客さんが注文するのが、名物サンダンスリブ。直火で豪快に焼き上げたメキシコ産ポークリブは、ホロホロ食感で病みつきになること間違いなし!

 

小林さんのアメ車歴は長く、過去にエコノライン、シェビーバン、アストロなどを所有。現在の愛車エクスプレスは、約1年前に酔っ払いながらネットオークションで落札してしまったもの(笑)。もちろん、奥様にこっぴどく怒られたのは言うまでもない。メンテナンスを一通り済ませたあと、クラシカルな雰囲気を出すために、クリームカラーでオールペンし、ボディには特殊塗料を使ったウッディペイントを施す。

 

「僕自身アメリカに行ったことがないので、クルマもお店も、見る人によってはリアルじゃないと思うかもしれません。でも僕は、完コピをしたいワケじゃない。アメリカンカルチャーを自分なりに楽しみながら、色々と創作していきたいんです」と、今もなおサンダンスは未完成と語る小林さん。

 

コロナの影響で営業自体は厳しいが、持ち前の明るさと、ケータリングカーで培ったテイクアウトのノウハウにより、営業時間に変更はありつつも、毎日元気に営業中だ。アメマガ読者諸君、黄色い建物に行って応援してくれ!

_K2A01071_K2A01471

基本的にジェネラルアメリカンホームで施工した内装だが、カウンターなど細かい部分は小林さんがDIYで製作。店舗奥には演奏ステージもあり、ミュージシャンを招きライブを開催したり、時には小林さんがドラマーとして演奏することもある。

2000 CHEVROLET EXPRESS

2000 CHEVROLET EXPRESS 2000 CHEVROLET EXPRESS

30年ほど前に購入したエコノラインが初めてのアメ車。だが電気トラブルで全焼するアクシデントに見舞われる。その後アメ車とは距離を置くが、やはりフルサイズバンの広さが欲しくなりシェビーバン、移動販売のトレーラーを牽引する用としてアストロを購入。エクスプレスは、小林さんが酔った勢いでオークションで落札。クリームカラーでオールペンし、特殊塗料を使ったウッディペイントが施されている。

_K2A03181

OWNER: サンダンス・小林和揮さん


アメリカの匂いを感じ落ち着いた空間で食べるバーガーは最高だ

_K2A030311_K2A02971

サンダンスの看板メニューが、アボラーズバーガー(写真上)とサンダンスリブ(写真下)。表面をカッリと焼いたぶ厚いバンズは中がフワフワで、肉汁タップリのパテをしっかりと包み込む。濃厚なアボガドも加わり、新感覚な食感を楽しめる。サンダンスリブは、柔らかく仕上げたメキシコ産のポークリブを直火で豪快に焼き、自家製ソースと絡める。常連さんのなかには、このポークリブを刈谷市の「ソウルフード」と呼ぶ人も。お得なバーガーとリブセットは、やはり一番人気。

アメリカンスタイルカフェダイニング Sundance【サンダンス】

所在地:愛知県刈谷市恩田町4-154-15
TEL:0566-26-7733
URL:http://sundy.jp
営業時間:11:00~14:30 /17:0 ~22:00
定休日:月曜日 ※新型コロナの影響により、営業時間が変更になる場合があります。詳しくはフェイスブックで確認してください。

_K2A0087 _K2A0075 _K2A0081

とにかく黄色い建物が目立つサンダンス。ケータリングカーも所有しており、カーイベントはもちろん、ジェネラルアメリカンホームのオープハウスでもケータリングを行なうこともある。


General American Home【ジェネラルアメリカンホーム】

所在地:愛知県刈谷市東境町登り坂100
TEL:0566-91-3007
URL:http://g-a-h.sakura.ne.jp/wp
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2021年 8月号掲載

関連記事

RELATED


デザインは本当に自由、建てながら決められるジェネラルの凄さ

サーフィンがとにかく大好きな相羽さん。夢のマイホームは、やはりサーファーズハウス。SNSで見付けたジェネラルアメリカンホームのオープンハウスに行き、夢は大きく膨らんでいく。完全自由設計で、家族みんなで楽しみながら理想の住宅を造り上げていった。

あのお洒落な家は何?勇気を出してオープンハウスに突撃!

近所に気を使うマンションより戸建てがいい。奥様の希望に答えるべく、浅岡さんが検討したのは建売住宅。やっぱり注文住宅って高いから…。希望に合う住宅が見つからず苦戦していると、目に飛び込んで来たのが輸入住宅のお洒落な家だった。

本当に楽しく住むなら自分たちが考えた大好きな家にしたい!

マンションでも建売でも良いかも。そう考えていた左右田さんだが、「自分の好みを我慢してまで住みたくない!」と、断固反対したのは奥様だ。家族でずっと楽しく住むなら、自分たちが好きなものを取り入れた自由設計が一番。左右田さん夫婦のマイホーム計画がスタート!

目の前に広がる海と大好きなお酒が移住の決め手

愛知県知多半島の内海海岸に魅せられ、今まで考えたこともなかったマイホーム建築を決め、東京から移住した米川さん夫婦。海を見ながら大好きなお酒を飲むこともイメージし、理想の住宅をジェネラルアメリカンホームに依頼したのだった。

趣味を一番に考え毎日を楽しめるこだわりの理想住宅

アメリカの音楽からアメリカンカルチャーにハマり、クルマなどもアメリカンに染まっていった荒川さん。住む家もアメリカンスタイルを望み、出会ったのがジェネラルアメリカンホーム。趣味を最大限考慮した、まさに理想の住宅が完成した。

 

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。