小学生の頃から憧れ続けたGボディのエルカミ―ノ

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

エルカミーノ

アメマガ2021年9月号

AMERICAN TRUCKS

1987 CHEVROLET EL CAMINO

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


1987 CHEVROLET EL CAMINO

誰しも青春時代に衝撃を受けた記憶は鮮明に残る者である。紹介するYOPPI氏のソレは、地元のハーレーショップがモーターサイクルを荷台に積んで走らせていたオレンジとブラックツートンのエルカミーノ。トラックなのにトラックライクしていない。独特のフォルム造型美はあの頃からずっと虜のままだ。

カメラもクルマも人と人を繋げる大切なツール!

大阪を拠点としてエルカミーノを足に、アメ車をはじめ欧州車にスタンス、軽自動車までオールジャンルなクルマの撮影に勤しむ男がいる。撮影基準はオーナーとクルマの向き合い方と実にシンプルで、極端な話ノーマルでもオーナーが真剣にそのクルマと向き合っていると感じれば撮影に応じるといったスタンスだ。一台撮影するのにかける熱量はハンパなく、オーナーの求める世界観を吟味して、頭で整理しながら何時間もかけて撮影に挑むなんてことも多い。彼自身、アメ車だからとかカスタムカルチャーが云々といった固定概念に縛られない、直感的で個々のイメージを重要視する姿勢が作品欲を駆り立てている。

DSC_7301

何故ここまでストイックにこだわれるのか?その答えは彼自身のエルカミーノとの向き合い方にヒントが隠されていた。エルカミーノを知ったのは小学生の頃、地元のハーレーショップ上田自動車がGボディ前期物、おそらく83年型のエルカミにバイクを積んでトランポとして走らせていたことから始まる。見れば見る程にその虜となった彼は、いつかは自分もGボディのエルカミーノに乗る者だと学生ながらに確信を得たという。


しかしそのタイミングは中々訪れず、ようやく巡り合えたのが34歳の時。高校の同級生で当時から親交の深いナオキモータービルドの宮田氏が移店リニューアルしたことをキッカケに、自分も次のステージへと一念発起してエルカミーノの購入に踏み切ったと話す。エルカミーノから見える景色は瞬く間に彼のカメラライフを豊かにし、それと同時に撮影件数も増えて同じ趣を持つ者同士の輪を広げ続けている。

DSC_7303DSC_7304

小学生の時に見たエルカミーノはボンネットマスコットがボウタイじゃなくてハーレーのアイコンであるイーグルだった。当時はオレンジ×ブラックツートンのオフィシャルカラーだったこともあり、本気でハーレーのクルマみたいな印象を受けており、大人になってはじめてエルカミーノがシボレーブランドであることを知る。

DSC_7327DSC_7334 DSC_7331

内装はモケットベンチで3連メーターの追加やビレットスペシャリティーズのステアリングを換装する程度にとどめており、比較的クリーンな印象。過剰なカスタムよりも快適に乗れるか否かを重視する。

DSC_7279DSC_7274

メカニックな知識はほとんど持ち合わせていないので「とにかく気持ち良くどこへでも走って行けるように仕上げて欲しい!」と高校時代からの友人である宮田氏へお任せオーダー。重整備のほか、フレックスアライトの電動ツインファンを導入するなど、熱対策もバッチリ!

DSC_7260DSC_7324

堺の磨き専門店One Porishへ依頼してボディ&ホイールは極艶。お世辞抜きで色味が1トーン上がったと絶賛。ショックはUMIのモノチューブでマフラーはPAYPSのクロスフローを採用。乗り始めはもっとドロドロV8を轟かせたいと宮田氏にせがむも、「音がデカ過ぎたら下品なるで!」と却下されたというエピソードも(笑)。

1987 CHEVROLET EL CAMINO

カメラにハマったきっかけは、仲間たちと走りに行った時に携帯で撮った写真を誉められたこと。ターニングポイントなんて割とすぐ傍に転がっていて、実行に移して継続するか否かが分かれ道だったりする。彼は素直にうれしくて、もっと良い写真を撮りたい願望に身を委ね、日に日にチャレンジする被写体やシチュエーションもハイレベルに。その腕前が評価されてクロスファイブではオフィシャルカメラマンとしても活躍。本誌イベント取材の撮影も手伝うなど活動の幅を広げている。

彼の作品はインスタ(@yoppi_lfphoto) でCheck it Out!

DSC_7315

カメラは先輩から安く譲ってもらったエントリーモデルのニコンD3100を経て750へ。レンズはシグマの単焦点一択!寄りたい時は身体ごと近づく主義だ。レンズフードと愛車のピンストライプは研ぎ澄まされたセンスに影響を受け続けるTwenty two fourにお任せして入れてもらったものだ。

1987 CHEVROLET EL CAMINO

OWNER : YOPPI


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger