生々しいライフスタイルを丸ごと楽しむ集い!

イベントレポート

KUSTOM TRUCKIN Riverside Daycamp & BBQ

アメマガ2021年9月号

KUSTOM TRUCKIN Riverside Daycamp & BBQ

AMERICAN TRUCKS -ピックアップトラックの無限なる可能性-


KUSTOM TRUCKIN Riverside Daycamp & BBQ

スラムド系トラッキンカスタムのオーナーたちは、普段あまりプライベートを感じさせない、どこかクールで無口、他のジャンルのカスタムカーとは異なる、ちょっと危ない連中の様な印象。でもそれは間違いです(笑)。

生々しいライフスタイルを丸ごと楽しむ集い!

どことなく近寄りがたいオーラを放つトラッキンカスタム集団。カスタムやジャンルの多様化、SNSの普及で多少は距離感が縮まったとは言っても、危ない系の人が乗っていそうなイメージは、お世辞にも拭いきれたとは言い切れない。別にそれを払拭しよう的な真面目な集いでもないのだが、3年連続参加している筆者が声を大にして言いたいのが、みんな奥さんの前では素が出ているし、子供の前ではちゃんと父親。友人たちの前ではいつまでも子供みたいなことをしてバカ騒ぎする生々しさがあるってこと。

DSC_4967

そんな生々しさが願わずとも見え隠れするのが一泊して楽しむキャンプの良い所で、「えっ、あのオーナー結婚してパパになってる!」とか、「普段クールだけど娘の前だとデレデレ♡」みたいなシチュエーションが、願わずとも垣間見えてしまう。スイッチを完全にOFFった至福の時間はアワードを競ったり、愛車を磨いてカッコつけるカーショーとは異なるスタンス。お酒を飲み交わし、普段あまり目にしないオーナーの生々しい一面をお互いに見せ合うことで縮まる距離感はハンパない。

下のC10と共に以前夫婦で登場したS10は、現在V8エンジンへ換装してベッド部分の造り込みなど大幅にリニューアル。噂によるとラットな白いフォードトラックも近々手に入れるとか!?

DSC_4816

プライベーターの域を完全に超えたハードなフレームワークで中岡氏の元に相談へ訪れる若者たちも年々増加中。気さくで優しい兄貴的な人柄は、上の世代から若い世代までを繋ぐキーマンとしてリバーサイドキャンプ実行委員に徹しつつも、妻や娘を巻き込んで自らも全力で楽しむ姿勢が実に好印象。ここ最近は新たなビッグプロジェクトも進行中!

DSC_4856

2020年に拝見した時は未塗装状態だったが、2021年はオレンジに全塗装を終えて参加。「ボンネットが閉まらないなら当たる部分を開けてしまえ!」的なハードボイルド加減も個人的に大好物。メタルワークを駆使したワンオフダッシュを今後どう調理していくか?期待が高まる!

DSC_4919

まるでコンテナを運ぶトレーラーヘッドのような雰囲気のノンベッドスタイルで参加する強者も!中も外もカスタム進行中といった具合ではあるが、コンストラクションスタイルで未完成のまま現在進行形で乗りこなす様がカッコイイ!ベッドがないおかげでフレームワークやガソリンタンクの行方、エアサスインストールレイアウトが一目瞭然で逆に好都合だったりする。

今回個人的にツボだったのがIPPEIさんのエルカミーノ!ベッド部分にジャストフィットする即席テントに寝床を構え、夜はベッド丸ごと間接照明を隣のタープから連結させる映えっぷり!ルーフ上のテントほど高くないのでサクッと出入りできるところも粋!

DSC_5006

プロジェクターで映画鑑賞したり、キャンプファイヤーを愉しんだり、気兼ねなくお酒を嗜み、一夜を共にすることで深まる絆は格別。


EVENT REPORT
5-6TH JUN 2021
PLACE:和歌山県神野々キャンプ場
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]