クルマ好きが集まり、大いに盛り上がりを見せた「ウィールズミーティング2021」

イベントレポート

ウィールズミーティング

岩手高原スノーパーク

アメマガ2021年9月号

ウイールズミーティング2021 10thアニバーサリー


2年振りの開催で、晴れて10周年を迎えた東北のオールジャンルカスタムカーショー

CARS AND BIKES WHEELS MEETING 2021 10th Anniversary【ウイールズミーティング2021 10thアニバーサリー】

2021年も多くのクルマ好きが集まり、大いに盛り上がりを見せた「ウィールズミーティング」。本当であれば、2020年に記念すべき10周年を迎えるはずだったが、新型コロナウイルスの影響により持ち越しを余儀なくされた。果たして2021年は開催できるのかと、主催する地元カークラブのFUNNY TOYの面々たちはきっとヤキモキしたことだろう。だが、岩手は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置区域に指定されることなく無事に開催。


【WHEES MEETING 2019】 オールジャンルの東北のカスタムカーショー!!

DSC_3763

当日は快晴で絶好のイベント日和というだけでなく、コロナ禍で溜まったストレスを晴らそうと、エントラントはローライダーをはじめ、トラッキン、アメリカンSUV、ストリートラット、さらにカスタムバイクなど、アメリカンスタイルのカスタムカーや欧州車などもカーショーに華を添える。さらにメインステージではスペシャルゲストの「CREAM」のライブで大いに盛り上がり、恒例のセクシーダンスが始まれば、さらにヒートアップ!!

DSC_3623

そしてカーショーのメインであるアピールタイムではローライダーはランニングホップやスリーホイラーをキメるなどギャラリーを盛り上げ、久々となるイベントを大いに満喫できた。

新旧のアメ車が会場を華やかに彩る!!

カーショーはアメ車を筆頭に、日本車や欧州車など国籍を問わずエントリー。さらにジャンルも問わないとあって様々なカスタムカーが出揃っていたが、やはりアメ車のエントリー率がダントツに高く、ホットロッドから最新モデルまでバラエティ豊富。

恒例のアピールタイムでギャラリーを魅了!!!

DSC_3782-1

カーショーだけではなくアピールタイムも見どころのひとつとなっているウィールズミーティング。ローライダーはランニングホップやスリーホイラーをキメ、トラッキンはバーンアウトで白煙を上げる姿にギャラリーは大盛り上がり。さらにスーパーカーの同乗走行もあり来場者を飽きさせない。


PLACE:岩手県岩手高原スノーパーク


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/05/23

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。