アクセントガレージはマニアックな本国モデルからビンテージまで幅広く取扱う

ショップ

アメマガリコメンドショップ

アクセントガレージ

大阪府

アメマガ2021年9月号

AXENT garage【アクセントガレージ】

AMEMAG RECOMMEND SHOP


AXENT garage【アクセントガレージ】

創業20周年を節目に大阪鶴見のAXENTがリニューアルオープン!

アメ車マガジンスピンオフムックの逆輸入車BOOKではタンドラやセコイアなど、選りすぐりの個体を本国より仕入れ販売してきたAXENTを紹介したが、そのルーツは今も色濃くマニアックな本国モデルからビンテージまで幅広く取り扱う。今回は改めて原点に戻り、ショップの魅力を紐解いていこう。

コンセプトは珍しい車種も扱う街のクルマ屋さん!

アメ車ショップと聞くと、車種やジャンルで強みを持つ専門店が多いイメージではあるが、同ショップはタンドラなどの逆輸入車を扱うお店としての認識が強い。しかし話を聞くと、レートの問題や現地のトレンド事情、その他諸々で、純粋にお客さんに喜んでもらえる価格設定で価値ある魅力的な個体をお届けしたい。そんなシンプルな姿勢が偶然当時の逆輸入車ブームとタイミングが重なっただけで、極端な話、昨今流行のチャレンジャーやモーターサイクル、アンティークなアメリカン雑貨にビンテージトレーラーなど、多種多様な個体を直輸入して販売し、お客様のカーライフにアクセントを与えられるようなスタンスで、知る人ぞ知る街のクルマ屋さんと言ったイメージ。


販売した後にホイールや足回りのカスタムの相談を受けたり、トレーラーの内装をキャンプ仕様や移動販売仕様にリノベーションしてみたり、求めるカタチやカーライフに寄り添って、一緒になって楽しむ姿勢が20年の時を経ても色褪せることなく、頼りにされる最大の魅力だ。表舞台や第一線のトレンドリーダーはキャラじゃない。主役はあくまでも顧客。そんな名脇役なスタンスで今後も様々な魅力溢れる車両をユーザーへと紡ぐ。クルマ屋さんの原点にして、もっとも重要な要素がアクセントには詰まっている。

2018 LINCOLN MKZ

2018 LINCOLN MKZ2018 LINCOLN MKZDSC_8003DSC_8012

AWDの3L V6を搭載するリンカーンMKZ。日本ではほぼ見かけないレア車ではあるが、3年前にお客さんから仕入れて欲しいと頼まれて日本へ輸入した個体。日本でVOSSEN20インチに履き替えているのでもちろん純正ホイール& タイヤもストック。オリジナルに戻して乗るも、もう少し車高を煮詰めてカスタムベースとするも、あなた次第!

1969 DODGE A108 TravcoCamper "Family Wagon"

1969 DODGE A108 TravcoCamper "Family Wagon"1969 DODGE A108 TravcoCamper "Family Wagon" DSC_7947DSC_7941 DSC_7956DSC_7951 DSC_7973DSC_7964

ポップアップルーフがハードタイプになって固定された様な個性的なフォルムに、丸テール、大型丸目ヘッドライトのキュートなキャラクターは必見!現状のインテリアは当時物のキッチンや飾り棚、コールマン製の備え付けタイプのクーラーボックスを完備。キャンピングベースとしてはもちろん、リノベーションしてキッチントレーラーとして楽しむのも悪くない。アクセントガレージでは車両の整備やメンテナンス、トレーラーハウスやキッチンカーの製作も多数実績を積んでいるので、思い描くイメージをぶつけてみると良いだろう。


AMERICAN ZAKKA

AMERICAN ZAKKAAMERICAN ZAKKAAMERICAN ZAKKAAMERICAN ZAKKAAMERICAN ZAKKA

本国仕入れの独自ルートを持つ同社だけに、クルマ以外の雑貨やホビーなんかも目ぼしい物は輸入して店頭で還元している。ビンテージサインや当時物のピンボール、アンティークレゴなど、マニアックでレアなアンティーク雑貨も多数在庫しているので、トレジャーハンティングがてら遊びに行ってみることをお勧めしたい。


A(Axelle)グループ エンターテイメント トレード AXENT garage

住所:大阪府大阪市鶴見区茨田大宮1-7-57
URL:https://axelle.jp/axent_garage/
TEL:06-6991-9006
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

AXENT garage【アクセントガレージ】


Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

関連記事

RELATED


ブルーリバーは十人十色なバンライフをサポートしている

アメマガリコメンドショップ
BLUE RIVER

大量生産品ではない、唯一無二の仕様を提案【ヘブンスペース】

アメ車を買って自分だけのカスタムもしたい!そう考えるユーザーから支持され続けるお店、ヘブンスペース。まったく異なる仕様に仕上がった2台のC-1500は、同社の幅広い技術力が垣間見える。

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2インチリフトアップでも37インチタイヤが装着可能【SCT-XWD】

ピックアップが好きだったことが嵩じて、四駆専門店を始めたSCT-XWDの六田社長。長年ラングラーのカスタムに取り組んできたが、JEEP+ピックアップというJTは、まさに格好の素材だと語る。

これから目指したいのは、地元のアメ車屋のオヤジ【GLOBAL】

福岡に次いで、アメ車専門店が多い熊本。今では多くの専門店が立ち並ぶが、信じ難いことに40年ほど前は皆無と言える状態。その熊本の地で、アメ車文化を開拓したのがグローバルだ。

 

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】