ブルーリバーは十人十色なバンライフをサポートしている

ショップ

BLUE RIVER

Let's Enjoy Van Life!

アメマガリコメンドショップ

アメマガ2021年10月号

大阪府

アメマガリコメンドショップ
BLUE RIVER

Let's Enjoy Van Life! AMERICAN VANS -いまこそVANに乗ろうじゃないか!!-


BLUE RIVER

ブルーリバーはフルサイズバンの在庫台数日本一!

関東にはフルサイズバン専門店があるのに、何故か関西ではフルサイズバンを扱うショップが極端に少なかった。しかし、ここ数年は〝バンライフ〟がハッシュタグと共にSNSで賑わいを見せ、大阪でも盛り上がってきている。その陰の立役者が、紹介するアメ車専門店の老舗ブルーリバーだ。

十人十色な楽しみ方に応じた納車スタイルが魅力

関東や関西のみならずフルサイズバンの人気が高騰中の昨今、「デカ過ぎて日本では乗りにくいのでは?」といった固定概念も、国産ミニバンの大型化や5mを余裕で超える国産ピックアップが当たり前に流通する今となってはさほど気にならなくなってきた。 ぶっちゃけタンドラを始めとするフルサイズトラックの方が大きかったりするし、ボンネットが短く、見切りが良いフルサイズバンは割と運転しやすかったりもする。シェビーバンは全長5.1mと意外に短く、その気になればハイエースのワイドに乗るくらいの感覚で普通に乗れてしまうのがフルサイズバンの魅力だ。

DSC_0318

紹介するブルーリバーはそんなフルサイズバンの宝庫!ハイルーフ、ロールーフ、シェビー顔のG20&G30にバンデューラ、長いのから短いのまで様々なモデルをその場で吟味できるだけの在庫数を有しており、お客さんの意向に沿って、整備のみでの納車か、お好みの色でニューペイントを施すか、さらには本国よりグリルやレンズ類、モール一式まで手配してフルレストアレベルの仕上げで納車といった選択肢も。

 

またインテリアに関してもDIYでコツコツ仕上げたい方には、その分リーズナブルに提供するなど、十人十色なバンライフをサポートしている。

 

店頭と徒歩圏内のストックヤードを合わせてアメ車ばかり40台を在庫しており、もちろん在庫にないベース車両もオーダーすれば日本国内、本国の両方から探してくれる。とりあえず色々見比べてみたいと検討中のアナタ!ブルーリバーに行けば好みの一台が見つかるはずだ!

DSC_0337

フルサイズバンのみならずC-1500やタホ、サバー、C10も豊富に在庫しており、ブルーリバーの名を全国に轟かせたアストロも常時4、5台在庫している。奥からフルノーマル、フルエアロ、オリジナルペイントと並んでおり、手前の旧マスクは2001年モデルをベースにフェイスコンバートしたもので、要望があれば好みの仕様に仕立てて販売してくれるところも魅力。アストロカスタムと言えばブルーリバーは今なお健在だ!

DSC_2517

高年式でも30年近くが経過したモデルだけに、塗装のヤレを気にする方にはオールペイントをお勧めしている。モデルイヤーに沿ったオリジナルツートンペイントはもちろん、個性的な色の組み合わせでオリジナルオーダーにも対応。ビレットホイールなどイメージするバンライフを相談すればカタチにしてくれる。

20210223-DSC_4080-Edit 20210306-DSC_4779-Edit20210306-DSC_4754-Edit

年式は古くても保管状況や本国を含む前オーナーの乗り方次第では、グッドコンディションを保つレア個体も存在する。現車は熊本への納車直前のもので、インテリア、エクステリア共に極上コンディション! 関西近郊のみならず南は九州、北は北海道まで全国納車可能。気になる個体があれば気軽に問い合せしてみると良いだろう。


BLUE RIVER【ブルーリバー】

住所:大阪府和泉市室堂町596-14
電話:0725-56-6400
E-mail:yamakura@blue-river.jp
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

DSC_0263


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

関連記事

RELATED


アクセントガレージはマニアックな本国モデルからビンテージまで幅広く取扱う

AXENT garage【アクセントガレージ】

【カーミニーク上尾TOWER店】5階建ての巨大なタワーがランドマーク的な存在!

CAR3219 上尾TOWER店

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

高い整備力を誇るナオキモータービルドにOBSの“メカニズム” を解説してもらう

大きく分けて95年モデルまでのTBIと96年モデル以降のVORTECの2種類のエンジンが存在するOBS。ここではこの2つのエンジンの特性やメリット&デメリットなどを、開業当時からOBSを見てきたナオキモータービルドで伺ってきた。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。