シェイカー、ワイドボディ、新色の3拍子揃った最旬モパーマッスル!

クーペ

ダッジ

兵庫県

シェイカーフード

チャレンジャーRT SCATPACK

チャレンジャー

ワイドボディ

BUBU阪神

rt

アメマガ2021年8月号

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-

チャレンジャーRT SCATPACK SHAKER WIDEBODY

2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY

FUN to DRIVE MUSCLE CAR -マッスルカーに乗る悦楽-


2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY

チャレンジャーはほかと比較してもモデルラインナップが充実しており、2021年モデルも9つのモデルを用意していたのだが、さらに2つのモデルを追加。その内の1台であるR/TスキャットパックシェイカーワイドボディがBUBU阪神に入庫したというので紹介しよう。

21年モデルに追加されたニューモデルが入庫!

初めてのアメ車としてはもちろん、チャレンジャーからチャレンジャーへと乗り継ぐコアな愛好家まで、ここ数年安定した人気を誇るダッジ・チャレンジャー。国内市場においてもファーストモデルは比較的リーズナブルで、手を出しやすい価格帯となってきており、免許を取得してすぐの若い子がチャレンジャーの一択で愛車探しをする姿も珍しくなくなってきた中で、チャレンジャーの最旬をお届けするべくBUBU阪神に入庫したばかりだという、2021年モデルのR/Tスキャットパックシェイカーワイドボディを取材してきた。

2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY 2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY

何だか心を躍らせるネーミングがズラリと並ぶこのモデル。実は2021年モデルに追加された車両で、R/Tスキャットパックシェイカーワイドボディのほかに、T/A392ワイドボディも追加されている。何しろモパーマッスルを語る上では欠かせない存在と言えるシェイカーフードボンネット、そしてマッスルな印象を高めるワイドボディが、アフターパーツによるカスタムメイドではなく、ディーラーメイドの新車で手に入るとなれば選ばない理由はない。


さらには、2020年より新採用されたカリフォルニアらしさを色濃く表現するシナモンスティックカラーと、この個体はまさに最旬を余すことなくまとったトレンドリーダー。ブラック×キャメルナッパをベースにスーパービーの刺繍をあしらったアルカンターラのインテリアも格別。シェイカーのワイドボディが選択できるようになったとは言っても、スキャットパックのワイドボディは本国でも入手困難な希少モデルだけに、気になる方はぜひ早めに問い合わせして見ると良いだろう。

A33I0535-3 A33I0540

フロアMTモード付の8速ATは、退屈なオートマティックシフトを封印して、意のままに操るマニュアル操作で392HEMIの魅力を存分に堪能することも可能。キャメルナッパ&アルカンターラ×ブラックのインテリアはシナモンスティックのエクステリアとの相性も抜群。

A33I0500A33I0496

1970年と1971年モデルに採用されたフレッシュエアインテークシステムのシェイカーフードを再現。その名のとおり大排気量の揺れをダイレクトに味わうのが醍醐味だが、現行車両は主に振動よりも吸気効率の向上を図るのが目的だが、性能云々よりもそのビジュアルが堪らない!

A33I0490

ワイドボディの恩恵を受けて305/35ZR20のパフォーマンスタイヤを標準で装備。フロント6podのブレンボブレーキに専用サスペンションなど特別な装備が際立つ。


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp
PHOTO:竹内公憲
TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 8月号掲載

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。