H3カスタムの集大成に相応しいオーダーフォージドホイール!

SUV

ハマー

HAOU WHEELS

EXTREME CUSTOMS

覇王

アメマガ2021年9月号

H3

2006 HUMMER H3

EXTREME CUSTOMS


2006 HUMMER H3

「自分色に染め上げる」それがカスタムの醍醐味 MOBB City DOGGZ C.Cメンバーとして様々なミーティング、イベントに参戦する坂さん。カスタムに対してはストイックで、その眼は肥える一方。そんな彼の要求に対して期待値を超えるカタチで応えてくれたのがHigh FORGEDだ!

既存のホイールメーカーではハマるデザインが皆無

2020年末に新たなプロジェクトとして完全オーダーメイドの鍛造ホイールブランド「ハイフォージド」を立ち上げた鹿児島県の覇王。本誌でも年始に紹介したとおり、イメージを伝え、一からお好みのデザイン、リム幅、サイズからマッチングに至るまで、こと細かにオーダーできる画期的な試みは瞬く間にカスタムフリークたちを虜にしている。


紹介するH3のオーナーである坂さんは、クロスファイブを筆頭に数々のカーショーやイベントでアワード常連のハイレベルなクルマで結成されるMOBB City DOGGZ C.Cのメンバーとしてはもちろん、社会人になって初めてH3を購入後、11年間乗り続ける一本筋の通った男。流行り廃りで飛びつき、何台も乗り継ぐ飽き性ではなく、H3をこよなく愛するだけにその集大成として選ぶホイールにも、熱く成って然るべき。そんな熱い思いをぶつけて見事思い通りのホイールをカタチにしてくれたのがハイフォージドだ。

2006 HUMMER H3

イメージはプレーンなディッシュ系、いわゆる鉄チンホイールが進化したオールドスクールな22インチのディープリム。ブラッシュドミーリングカラーがその刺激的な12Jのリムの深さを際立たせ、キャップのみポリッシュで合わせることによってカークラブのロゴが際立つ。組み合わせるアチューロ・トレイルブレイドボスも355/40R22で、兄貴分のH2を超えてH1でも有り余るワイドトレッド幅でコーディネート。2歳の娘がスッポリ座って収まるリム幅は圧巻!


ボトムスを制する者はカスタムを制する。そんな肝となる部分を妥協しちゃいけない。こだわるならオンリーワン。ナンバーワンにならなくてもいいなんて謙虚なことは言わずに、思い描くイメージをハイフォージドでカタチにしてもらってみてはいかがだろう。カスタムとは既製品で着飾るものではない。カタチないモノをカタチにしていくことこそ醍醐味なのだから。

DSC_7691 DSC_7695 DSC_7759DSC_7768 DSC_7744DSC_7743

純正のレッドが色褪せてきたことをキッカケに、どうせ塗り直すなら一癖加えてみようとハウスオブカラーアイスパールのゴールドをブレンド。一見純正色に見えて光の強弱でフレークが際立つのが狙いだ。マフラーは4本出しをワンオフで製作し、各部クロームはすべてブラッククローム化。


背面タイヤはホイールのみの90年代ローライダーカスタムをオマージュしたもので、センターレイアウトの利点を生かしバックカメラを仕込む。

ハイフォージド、オールドスクールな22インチのディープリム DSC_7716

ハイフォージドの魅力の一つとして、センターキャップにショップのロゴやカークラブのロゴを導入できることが挙げられる。MOBB City DOGGZ C.Cの様にロゴそのものがクールな場合、むしろ取り入れない理由はない。プレーンなリムデザインだけになおさら映える!

2006 HUMMER H3

OWNER:坂 雪晴さん


HAOU WHEEL

TEL:0995-73-8684
HP:http://www.haouwheels.com
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 9月号掲載

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。