クルマ全体の印象をハイセンスに纏めたハマーH2

SUV

ハマー

ホイール

H2

HAOU

HAOU WHEELS

EXTREME AMERICAN

アメマガ2021年10月号

覇王

2006 HUMMER H2

EXTREME AMERICAN


2006 HUMMER H2

ステルスグレー×ブラックの計算し尽くされたコントラスト

モノトーン基調のカラーコントラストに徹することで、鍛造の表情を存分に発揮する。ダークトーンの中に映えるボトムスの絶妙な輝きは、一通りカスタムライフを謳歌したオーナーの集大成!

センターキャップのロゴは、なんと手書きをデータ化!

京都在住の横山さんがカスタムに目覚めたのは19歳の頃。当時トレンドの最先端だったビップカーでチームに所属し、4年ほどカスタムのイロハを学んだのが始まりだ。その後、白いサバーバンに乗り始めたことをキッカケに今度はビップカーとはまったく異なるアメリカンカスタムカルチャーの虜になったと言う。

2006 HUMMER H2

サバーバンではボディにマッチするホワイトリムのレクサーニを合わせて楽しんでいたが、やり尽くしたところで次なるベース車両を物色。あえて一世を風靡したH2で大人っぽいカスタムをしても面白いのでは? とマニアックなボディカラーに絞った。選んだのはステルスグレーだ。

 

ちなみに2021年の1月に商談が始まり、3月に納車したばかりでわずか半年足らずにしてフルノーマルからここまでの進化を遂げた。グリルやバンパーを始めとする脱クローム化によって重厚感を増し、リフトアップ&オーバーフェンダーで理想のリムを履く準備を整えた後、その集大成としてカスタムの要となるホイールとしてオーダーしたのが覇王ホイールのハイフォージドだ。

2006 HUMMER H2

タンドラに乗る共通の友人が既に愛用しており、紹介してもらったことがキッカケだったそうで、一番のこだわりは横山スタイルにちなんだ「YS」のロゴだ。既存の字体ではなく、直筆の手書きをデータ化して制作してもらったオンリーワンのセンターキャップによって、主張するカスタムのこだわりは、色とりどりの派手なカスタムとは一線を画す。大人の嗜み、身嗜みはまさに、足もとからと言えるだろう。

DSC_9475DSC_9477

マットブラックにバルカンヘッドライト&フォグで合わせたフェイスは、HUMMERの文字をボディ同色でコーディネイトするなど、細部にまでこだわりが際立つ逸品。4本出しステンレスマフラーの音量も重厚感に溢れ、ダークトーンの組み合わせでクルマ全体の印象をハイセンスに纏めたH2。

22インチの12J、-44でオーダーメイドしたハイフォージドホイール DSC_9439 DSC_9459

22インチの12J、-44でオーダーメイドしたハイフォージドホイール。165.1の8穴は特殊ピッチだけに多車種流用が難しく、既製品でお気に入りのリムデザインがない場合はオーダーするという選択肢が最有力。タイヤはATTURO TRAIL BLADEのMTで37×13.50R22をセット。12Jあれば10歳の息子も椅子替わりに使える(笑)。

DSC_9501

OWNER:横山さん


HAOU WHEELS【覇王ホイール】

TEL:0995-73-8684
HP:http://www.haouwheels.com
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。