ハマーH3のコンパクトさであのルックスは、今更ながらアリかもしれない

SUV

ハマー

アメマガ2022年5月号

THE PICK UP TEST DRIVE

ガレージダイバン

東京都

H3

ハマーブランド消滅から12年。しかしハマーの強烈なインパクトは未だに健在だ。もちろんH1、H2もイイが、H3のコンパクトさであのルックスは、今更ながらアリかもしれない。

扱いやすい個性派SUV、H3は今後評価が高まる予感!?

THE PICK UP TEST DRIVE


2007y HUMMER H3

初期モデルは非力なエンジンが不評、07年以降の3.7ℓが狙い目!

2010年にハマー・H2&H3の生産が終了したことにより、GMからハマーのブランドは消滅。しかし2021年になって、ハマーが復活するというニュースが飛び込んできた。しかも電動自動車となる、その名も「ハマーEV」。販売時期は今年の2022年と言われ、久しぶりにハマーが注目を浴びそうだ。

 

今回ガレージダイバンでピックアップしたのは、H2の弟分である07年型H3・タイプG。H2登場から3年遅れて05年に登場したH3は、爆発的なH2人気も重なり、「コンパクトなH2モデル」として大きな話題となった。「頑丈なハマーに奥さんを乗せられて安心」という理由で、本国ではH3は奥様用として購入するユーザーが多かったようだ。

人気の一方で、不満が大きかったのが3.5ℓ直5エンジンの非力さ。その声を反映してか07年にはマイナーチェンジを行ない、エンジンは3.7ℓ直5にパワーアップ。さらに08年には、5.3ℓV8を搭載するH3アルファが登場する。日本正規モデルは、08年に三井物産オートモーティブからGMジャパンに移管され右ハンドル仕様も登場。ただし今回のH3は新車並行モデルで、左ハンドルとなっている。

 

H2ほど豪快なカスタムを施すH3は少なかったため、中古市場ではノーマルに近いモデルが比較的多い印象だ。サイズ的にも5m未満で、何よりも特徴的なルックスは、今もなお廃れることはない。ガレージダイバンは、それを見越してH3を積極的に導入し、初めてのアメ車としてH3をアピールしているのだ。

IMPRESSIONS
アメ車はやっぱりV8じゃなきゃダメ?直5でも不満は感じない

H2はいつ見てもデカい。それ故、乗る場所と乗る人を選ぶクルマだ。だがH3は、サイズ的に日本人が違和感なく乗れるSUVのひとつだ。市街地を走行しても、大きさで気を使うことはまったくない。3.7ℓ直5エンジンは、スタート時から軽快に動き出してとてもスムーズ。だが、一気にアクセルを踏み込んだ反応はやや遅い印象。この辺の高速レスポンスを不満に思うのならV8モデルを候補にすべきだが、街乗りと普通の高速走行では、3.7ℓでも十分余裕を持った走りを見せてくれる。

最強のV8もイイが3.7ℓ直5でも軽快に走る

世間では、コンパクトで扱いやすいSUVを求めるユーザーが増えている。様々なモデルが候補になるなか、ガレージダイバンが注目したのがH3。個性的なデザイン、ボディサイズ、3.7ℓエンジンと、初めてのアメ車としておススメできるポイントがH3 には揃っている。

国内未設定のボディカラーも注目

H2とH3のボディサイズ(07年型モデル比)を比較すると、H2(全長×全幅×全高)5170mm・2060mm・2010mm、H3/4742mm・1872mm・1897mm。H2は、後期から背面タイヤになるため全長は5mを超えるが、タイヤを抜いたボディサイズでいえば、圧倒的な差は無い。やはりコンパクトに感じるのは全幅で、一般的な駐車場に収まる2m以下ということからみても、H3は日本で十分適応できるサイズといえる。

 

エンジンは、05~06年型では3.5ℓ直5だったが、07年型からは3.7ℓ直5(242馬力)に変更され、08年型からは5.3ℓV8(300馬力)を搭載するアルファも登場している。

 

グレードはレザーシートが標準のタイプG(本国仕様)。なお、ディーラー車のタイプGと装備に多少の違いがある(サンルーフの有無など)。ディーラー車との違いで言うと、ルーフマーカーが設置されているのが本国仕様だ。

 

アフターでの変更点は、社外17インチホイール&オールテレーンタイヤと、ディーラー車の標準は見えにくいと不評のバックカメラをバンパー下に設置し、視認性をアップさせているところ。ボディカラーは国内未設定のスレートブルーメタリック。内外装ともに綺麗な状態を保たれ、初めてのアメ車として間違いなくお勧めできるモデルだ。

エンジンは07年から3.7ℓ直5へ拡大。馬力も220hp→242hpへアップしている。H2よりは車重が軽いとはいえ、2トンを超える車体には3.5ℓでは物足りなさを感じるので、やはり3.7ℓは欲しい。08年からはV8モデルも存在するが、中古車価格は一気に高騰する傾向にある。H1、H2とは違い、ボンネット開閉は一般的なスタイルとなる。

唯一変更しているのが、ウルトラモータースポーツ17インチホイールと、グッドイヤーオールテレーンタイヤの装着。ディーラー車ではルーフマーカーが装着されていないが、並行モデルでは標準装備。ハマーに乗るならば、やはり欲しい装備の一つだろう。

上級グレードタイプGの特徴である、シートヒーター付きレザーシート。ブラックのパイピングが備わるベージュのシートは、上質な印象を与えてくれる。大きな傷や汚れもなく、年数に見合った使用感だ。

H2と比べると、助手席のアシストグリップが無いなど、乗用車テイストのデザインとなるインテリア。H3はフルタイム4WDだが、インパネにあるトランスファー切り替えスイッチで、4WDハイ・4WDハイデフロック・4WDローデフロックに切り替えられるなど、本格的なオフロード走行も可能。また、ディーラー車に標準装着されるルーフ設置のバックカメラは見えにくいと不評だが、今回のモデルはバンパー下にカメラを設置しているため視認性は高い。

リアシートは60:40分割可倒式。完全フラットにこそならないが、広々としたラゲッジスペースを作ることができる。リアシートバックレスト裏は樹脂素材で覆われているため、レザーシートを気にすることなく汚れた荷物などを積むことができる。


SPEC

全長×全幅×全高● 4742×1872×1897mm ホイールベース● 2842mm エンジン●直5 排気量● 3.7ℓ 最高出力● 242hp 最大トルク● 33.5kg-m トランスミッション● 4AT


試乗SHOP:GARAGE DAIBAN【ガレージダイバン東京本店】

所在地/東京都江戸川区一之江8-4-5
TEL/03-5607-3344
URL/http://www.daiban.com/
営業時間/10:00~19:00
定休日/月曜日

東京都江戸川区に車両販売を行なう本店があり、千葉県千葉市に整備&パーツ販売を行なうGDファクトリーがあるガレージダイバン。様々な車種を販売していくなかで、マスタングの販売&カスタムでは多くのユーザーから支持を受けている。マスタングの在庫ラインナップは常に充実しているが、それ以外に店頭に並ぶモデルは個性的だ。高年式の特別モデルから、ヴィンテージモデルまでバリエーションは豊富。

GDファクトリー千葉店

所在地/千葉県千葉市稲毛区長沼町208-1
TEL/043-215-3344


写真&文/相馬一丈

アメ車マガジン 2022年5月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429