元ハイラックスサーフオーナーがカスタムしたシボレー・エクスプレス!多用途で魅力的なフルサイズ・バン

バン

シボレー

アメマガ2021年10月号

エクスプレス

Let's Enjoy Van Life!

国産SUVからフルサイズ・バンに乗り換えたオーナーを取材!元々はビジネスバンとして使用していた2000年型シボレー・エクスプレスを大幅にモディファイ。ローダウンサスペンション、ドリルド&スロテッドブレーキローター、カマロ用の21インチホイールなどをカスタムし、釣りや旅などフルサイズ・バンの魅力を体現する。
2000 CHEVROLET EXPRESS

Let's Enjoy Van Life! AMERICAN VANS -いまこそVANに乗ろうじゃないか!!-


2000 CHEVROLET EXPRESS

初めてのアメ車に思い切って一番デカいのをチョイス!

小さいよりは大きい方が良い。どうせ釣るなら大物狙いで!大は小を兼ねるとはよく言った物で、新築のガレージに収まるギリギリのサイズ感で選んだエクスプレス。道具の多いフィッシングからファミリーユースまでオールマイティーに大活躍!

国産SUVから思い切ってフルサイズバンオーナーへ

半年前まではハイラックスサーフのオーナーで、過去にはミーティングに参加して姉妹紙であるレッツゴー4WDに載ったこともあるTakeruさん。ジミーで取材に向かうと「あの時の!」と覚えてくれていた。まさか8年近くの時を経て、また筆者が巡り巡ってアメ車マガジンで取材することになるとは、何だか運命を感じた次第である。

 

さて、そんな彼が満を持して初めてのアメ車に選んだのが2000年型のエクスプレス。ナオキモータービルドの藤本氏も過去にサーフを愛用しており、その頃からの付き合いという旧知の仲であり、彼のショップのビジネスバン、いわゆる社用車として活躍していたブロンズカラーのエクスプレスを売りに出すと聞いて興味津々。

DSC_0057

元々ハードに使用することを想定して重整備を重ねてきたこともあって、コンディションは上々。おまけにローダウンやフロントブレーキドリルドスロットローター、セラミックブレーキパットで制動力強化を図り、カマロ純正21インチをパウダーコート塗装して流用履きするハイセンスな仕立てに即決で購入を決めたとのこと。

結婚して子供ができて家を購入してとなれば、一般的な流れとしては趣味の四駆を諦めて国産ミニバンへってな話をよく聞くが、彼は大幅にスケールアップしてフルサイズバンを迎え入れた。

2000 CHEVROLET EXPRESS

初めての左ハンドルにしてはハードルの高いロングボディ&フルサイズではあったが、納車後はすぐにサイズ感にも慣れて、ここ最近は様々な釣りスポットへドライブしては、岸壁へ乗り付けてフィッシングを楽しんでいるそうだ。全然釣れない時は広大な車内で寛いで過ごしたりもできるし、アレもコレもと欲張ってギアを積み込んでも、有り余るラゲッジスペースはまさに理想。大きいことは良いことだ!ゆとりを楽しむことこそフルサイズバンの醍醐味だ。

DSC_0012

C/K、タホ、サバーなどのO.B.Sやヴィンテージのイメージが強いナオキモータービルドではあるが、実はフルサイズバンを社用車として長く愛用しており、イベント遠征やパーツの配送、レスキューなど、近郊から遠方出張までハードに乗ることを想定して、販売車両同等に整備は万全。ちなみに現在の社用車が白いエクスプレスだ。

DSC_0024 DSC_0028

ただのバンで終わらせないところもナオキモータービルドの腕の見せどころ。良い塩梅のロワード加減に社外ホイールではなくカマロ純正21インチのマニアックなリムをパウダーコート塗装でブロンズボディにマッチさせ、おまけにドリルドスロットローターまで入れる辺りが粋!

DSC_0045 DSC_0042 DSC_0050DSC_0047

運転席と助手席の間は大人が余裕で移動できる幅を確保しており、セカンド&サード間の移動もゲート横のスペースから楽にアクセス可能。このゆとりの幅がミニバンでは味わえないフルサイズバンならではの魅力である。

DSC_0085

OWNER : Takeru


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

最新記事


2023/12/01

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

2023/11/30

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

クーペ

ビンテージ

シボレー

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

2023/11/29

走りが楽しいクルマだから、潜在能力を引き出したい!【2016 チャレンジャー392スキャットパック】

クーペ

ダッジ

見せるカスタムを施したチャレンジャー数多くあるが、マッスルカーらしく走れるチャレンジャーを提案するのは、広島CARBOXがその最右翼。今回はマッスルカーの本質を楽しむ、オーナーを紹介しよう。

2023/11/28

5年ぶりに開催したアメマガキャラバン北海道

アメマガキャラバン

ランキング


2022/05/31

知名度が抜群に高いのがファースト・ジェネレーションのダッジ・チャレンジャー

クーペ

ビンテージ

1973 DODGE CHALLENGER

2019/03/27

漆黒のごとく深い艶を放つシェベル。そのコンセプトはマイアミから生まれたNEW STYLE。

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメリカン・ヴィンテージカーの金字塔、シボレー・シェベルについてご紹介。1970年にカスタムされたシボレー・シェベルSSに焦点を当て、その特徴やアップグレードを詳細に解説する。深みのあるブラックボディ、モダンなカスタム、LS1エンジン、大型ホイール、強化ブレーキ、高度なサスペンションなど見どころ満載。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]