未来の五輪を目指す子供たち、メンバーの夢も乗せて走るエクスプレス

バン

シボレー

アメマガ2023年1月号

エクスプレス

クアートFAB

岐阜県

アメ車を10倍楽しむ方法

トランポ

アメ車を10倍楽しむ方法!


本場のスケボーカルチャーを多くの人に広めて行きたい

2003 CHEVROLET EXPRESS

アメ車専門店の仕事は、ただ車両を販売するだけだろうか? 割り切った考えのお店はあるかも知れないが、多くのお店はアメ車をもっと多くの人に知って欲しいと思っているだろう。アメ車マガジンでお馴染みのクアートは、未来のメダリストを育成する笹岡さんの想いに共感。遠征するトランポの相談を受けた時に快諾したそうだ。

小学4年生の時にスケボーを始めた笹岡さんは、かつてはプロとして活躍。武者修行の一環としてアメリカで戦ったこともあるが、その時に現地のチームが使っていたのがエクスプレスだったそう。「チーム全員がそれに乗って、各地のコンテストを転戦するんです。場合によっては野営することも。でもとにかくカッコ良かったので、自分もそうしたいと思いましたね。実際国産のミニバンでは人が乗れても荷物が載らない。ボディとアルミはブラック一色で統一していますが、今後サポート企業のロゴを入れる予定です」とのこと。ただでさえエクスプレスは目立つが、それにチーム全員が乗って颯爽と現れたら、カッコ良くないわけがない!

 

普段はパークの監修や自らのスクール「トライフォース・スケートボードアカデミー」を運営。そのスクールの選抜メンバーで構成されるのが「トライフォース・セレクトチーム」で、ここで紹介する4名がメンバーだ。

 

笹岡さんの夢は、もちろん未来のゴールドメダリストを育成すること。「残念ながら日本にはまだコンテスト専用のパークはないんです。各地で既存の施設を使いますが、どうしてもイコールな条件ではない。なので子供たちがコンテストの前にライドする機会を作るため、エクスプレスで全国を巡ります」とのこと。子供たちだけでなく、自分の夢も乗せる。このエクスプレスには、そんな希望も詰め込まれているのだ。

エクスプレスは基本的にノーマルで、装着するFUELホイールは黒くてゴツゴツしていることでチョイス。ほかにはマフラーを交換。真っ黒な姿が気に入っているが、今後はチームステッカーの追加も計画しているそうだ。エンジンは5.3ℓのV8を搭載。人や荷物をたくさん乗せてもグイグイ走るのが魅力。チームメンバーが成長して大きくなっても、このエクスプレスなら窮屈な思いはしないだろう。

OWNER : KENTO SASAOKA

左)EITO KUSHIDA 中左)AO NISHIKAWA 中右)HINATA MITAKE 右)RUI UCHIDA

近年のスケボー界は10代のライダーが非常に多く、スポンサーがついている子供も少なくないそうだ。ちなみに笹岡さんは3人兄弟で、全員スケボーで名を馳せており、弟さんはアジアオリンピックで優勝。さかのぼるとお父さんが小学生の時にプロとしてデビューしており、まさになるべくしてなったと言える。自分が現地で見て、体験した経験を若い世代に伝え、彼らを羽ばたかせる。そのための翼が、このエクスプレスなのだ。


QUARTT FAB【クアートFAB】

TEL:0583-81-9167
HP:http://quartt.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

半世紀を超えて魅力を放つ同い年のカマロ!【1971 CHEVROLET CAMARO】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

国産ミニバンでは物足りないキャンパーが増えている?【2006 シボレーエクスプレス】

空前のキャンプブームの現在、アズルモータリング・アメリカンショールームには、国産ミニバンでは物足りないとして、フルサイズバンを求め訪れるユーザーが増えている。そうしたユーザーに対して、フルサイズバンのカスタムも提案し、その代表モデルがミリタリースタイルのエクスプレスだ。

中学生の頃に見たナイトライダーが俺のアメ車人生のスタート

中学生の頃に見たナイトライダーをキッカケに、18才でファイヤーバード・トランザムを購入したKさん。それ以来、愛車はアメ車オンリーで次々と乗り換え。思い出のトランザムと共に、夢の複数台アメ車ライフを満喫中!

ムーンアイズのアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン

2006 Chevrolet Express 2500 Van

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】