ムーンアイズのアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン

バン

シボレー

アメマガ2021年10月号

エクスプレス2500VAN

Let's Enjoy Van Life!

エクスプレス

2006 Chevrolet Express 2500 Van

Let's Enjoy Van Life! AMERICAN VANS -いまこそVANに乗ろうじゃないか!!-


ムーンアイズのサービスカーはアメリカンな魅力をフル積載!

2006 Chevrolet Express 2500 Van

車高も含めてストック状態ながらも、ムーンディスクの装着とカンパニーのレタリングによってアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン。ホットロッド史に名を刻むカンパニーとしての説得力もさることながら、使用目的にマッチしたさり気なさがポイント!

最低限のアレンジでサービスカーとしてアメリカ的な魅力を放つ

ホットロッドやアメ車に限らず、アメリカンなカスタムを意識する人にとっては無視できない存在の「ムーンアイズ」。レースシーンやホットロッドの歴史にも名を刻むスピードパーツのメーカーであると同時に、カーショーなどのイベント運営を通じて、アメリカンモーターカルチャーやその楽しみ方も世界中に浸透させている。

 

そんなムーンアイズの車両は、いわゆる営業車であってもアメリカンでクール。キャッチーなアイボールのロゴマークやカンパニーのレタリングが入るだけでアメリカンなわけだが、車種や使用目的なども踏まえたセンスの良いアレンジがポイント。そういう意味でこのエクスプレスは、あくまでもサービスカーとしてのレタリングとムーンディスクの装着による最低限のアレンジながら、なんともアメリカ的な魅力を放っている。

 

ベース車のエクスプレスが白/黒のスタンダードな仕様なのが、サービスカーに見合っている。シンプルなレタリングもサービスカー然としていい雰囲気。ムーンアイズUSAで使用していた車両を国内に持ち込んだと思いきや、なんとベースのエクスプレスは、意外にも正規輸入された06年型を国内で入手。ストックを保持した状態から、レタリングを入れてムーンディスクを装着し、18年にサービスカーとして導入。

 

空力特性を高めるムーンディスクはどんなモデルにも似合うのだが、腰高なAWDのサービスカーがこれほどカッコ良くなるとは想像できなかった。このムーンアイズ号によって、働くクルマとしてエクスプレスのカッコ良さと、ムーンディスクの万能性を再確認したのだった。

2006 Chevrolet Express 2500 Van

白ボディ&黒の樹脂パーツとのコントラストがスタンダードなヘビーデューティ車らしく、アメリカのワークホースでは定番。車高もふくめストック状態ながらも、カンパニーのレタリングとムーンディスクの装着でHot rod系サービスカーとして抜群のカッコ良さを放つ。

IMG_5654

このクルマの唯一のカスタムポイントなのがムーンディスクの装着。リムにビス止めするスタンダードに対して、速やかに脱着が行えるズゥス ファスン式を採用。性能面だけでなくルックス的にもクール。装着タイヤはYokohama Geolandar H/T(255/70R16)。

 

ムーンアイズでは、デモカー以外のいわゆる営業車だけでも、これまでに相当数が採用されてきたが、その中でもこのエクスプレスは、最もミニマルながら、抜群にアメリカらしいカッコ良さを放っている。
ベース車のキャラクター、使用目的、カンパニーのイメージとのバランスが絶妙。ワークホースにもムーンディスクがよく似合うこともアピールしている!!

IMG_5632

設定されたガソリンエンジンは、4.3ℓのV6からV8では4.8ℓ、5.0ℓ、5.3ℓ、6.0ℓ、6.6ℓの6種類。この個体は5.0ℓのV8にタフな8ラグ車用4L80E、4速ATの組み合わせ。2.5トン超えの車重を感じさせないパワフルでスムースな走りは、市街地から高速巡航まで不満なし。

IMG_5671IMG_5672

スタンダードなグレードならではのプレーンでシンプルなデザインにアメリカらしさを感じる。サードシートを装備する8人乗車仕様。シートはデザインも質感もよく、長距離の出張でも疲れない。積載量に応じた後部座席の脱着がイージーなのも◎。


Special Thanks ★ MOONEYES【ムーンアイズ】

TEL:045-623-9660
HP:www.mooneyes.co.jp

車高も含めてストック状態ながらも、ムーンディスクの装着とカンパニーのレタリングによってアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン。ホットロッド史に名を刻むカンパニーとしての説得力もさることながら、使用目的にマッチしたさり気なさがポイント!

IMG_9507


アメ車マガジン 2021年 10月号掲載

関連記事

RELATED


元ハイラックスサーフオーナーがカスタムしたシボレー・エクスプレス!多用途で魅力的なフルサイズ・バン

国産SUVからフルサイズ・バンに乗り換えたオーナーを取材!元々はビジネスバンとして使用していた2000年型シボレー・エクスプレスを大幅にモディファイ。ローダウンサスペンション、ドリルド&スロテッドブレーキローター、カマロ用の21インチホイールなどをカスタムし、釣りや旅などフルサイズ・バンの魅力を体現する。
2000 CHEVROLET EXPRESS

ウッドを感じられる優しいアストロ、キャンプ仕様にDIYカスタマイズ

1995 Chevrolet Astro LT AWD

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

1995 GMC GRUMMAN P20

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

【シボレーエクスプレス/GMCサバナ】アメリカン・オリジナルのフルサイズバン

American Cars Best20
CHEVROLET EXPRESS(シボレーエクスプレス) GMC SAVANA(GMCサバナ)1996y-

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。