スタイルに合わせた仕様でアウトドアライフを満喫【ヴォルテックス横浜】

バン

シボレー

ダッジ

アメマガ2024年1月号

ヴォルテックス横浜

神奈川県

エクスプレス

ラムバン1500

アウトドアライフの醍醐味は、誰にも縛られることなく、自由に、そして気の向くままに行動して楽しむことにある。ならば相棒も自分色に染めた仕様にすれば満喫度合いも高まるに違いない。


自由気ままに楽しむためにオリジナルにこだわる

2004 CHEVROLET EXPRESS
1998 DODGE RAM VAN 1500

コロナ禍に端を発したアウトドアブームは行動制限が解除されてもそのまま続いており、その勢いはとどまる気配を見せない中、ヴォルテックスヨコハマでは好みや仕様用途に合わせて一から製作するキャンピングカーを打ち出している。

 

まずシボレー・エクスプレスはAWDがベースということで、そのメリットを生かすべくリフトアップされているのはもちろん、ボトムスにはオフロードタイヤを組み合せている。さらにエクステリアにはフロントガード、サイドステップ、ルーフラック&LEDランプを装着することで、タフなスタイルを構築。

そしてこのエクステリアのテイストに合わせるべくインテリアはどういった作り込みを施そうかと考えた結果“アクティブ”をコンセプトに作り込みは最小限にとどめ、サードシートとラゲッジスペースを活用してベッドをセットするのみとした。だがフロントシートを回転式とし、セカンドシートとの間には取り外し式のテーブルを設置することでリビングスペースとしただけでなく、セカンドシートはフルリクライニングすることで就寝スペースとしても活用できる仕掛けを施してある。

そしてもう一方のダッジ・ラムバンはというと、エクステリアはフルノーマルであるため、いかにもキャンピングカー的な雰囲気を一切感じさせない。しかしサイド&リアの観音ドアを開けば、作り込まれたベッドにシンク、テーブルなどがセットされ、キャンピングカーとしての機能が満載。ラムバンではもっとも全長の短いショートをベースとしながらも、ここまでの機能が盛り込めるという意欲作となっている。

 

ヴォルテックスヨコハマでは製作済みのキャンピングカーの販売もしているが、車両持ち込みによるオーダーも受け付けているので、まずは相談してみてほしい。


2004 CHEVROLET EXPRESS
ワイルドな旅を実現する車中泊仕様

AWD、そして程良くリフトアップしたシルエットに合わせて、エクステリアにはフロントにグリルガード、ボトムスには315/75R16 のオフロードタイヤ&ミッキートンプソンホイール、オーバーフェンダー、サイドロッカーガード、そしてルーフラックを装備。

フロントシート2脚を回転式にすることに加え、リアシートとの真ん中に取り外し可能なテーブルを設置することで、リビングスペースを生み出した。さらにセカンドシートはフラットにリクライニングするため、大人2人の就寝が可能。

サードシート&ラゲッジスペース部分を目いっぱい使用してベッドを常設。こちらも大人2人の就寝が可能。さらにベッド下は収納スペースとして、キャンプ道具を始めとするアイテムを収めることができる。


1998 DODGE RAM VAN 1500
あえてショートボディを選び、できる限りの機能を集約した意欲作

天井から側面、そして床にリアルウッドとフェイクを適材適所に配して仕立てられた室内が特徴のラムバン。最後部をベッドスペースとするのではなく、サイドドアのない運転席側にベッドを設置。下側を引き出すことで大人2人の就寝を可能としているだけでなく、上部の床板を跳ね上げることでソファにも変形が可能。サイドドアを開けてすぐの棚にはシンクを備えたキッチンを設置し、助手席のみ回転式として広々としたリビングスペースが設けられている。

ウインターシーズンで車中泊をする時には欠かせないFFヒーターはもちろん、ルーフにはソーラーシステムが設置されているため、エンジンを掛けることなく電化製品の使用が可能。それぞれのドアには小物を収納できるポケットが設けられているほか、トイレも常備されている。

アナタ好みのキャンピングカー造ります

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか? それを具現化してくれるのがヴォルテックスヨコハマだ。

製作を担当する和田さんは「既成のってカッコ良くないし、使い勝手が悪いじゃない。だからユーザーさんの用途に合わせつつ実用的でカッコイイものを造ってあげたい」ということで、どんな要望にも応えてくれる。


VORTEX YOKOHAMA【ヴォルテックス横浜】
住所:神奈川県横浜市旭区上川井町564
TEL:050-5277-3005
HP:https://www.redlinecars.jp/
営業時間:11:00~19:00(月曜定休)


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2024年1月号掲載


関連記事

RELATED


アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

未来の五輪を目指す子供たち、メンバーの夢も乗せて走るエクスプレス

国産ミニバンでは物足りないキャンパーが増えている?【2006 シボレーエクスプレス】

空前のキャンプブームの現在、アズルモータリング・アメリカンショールームには、国産ミニバンでは物足りないとして、フルサイズバンを求め訪れるユーザーが増えている。そうしたユーザーに対して、フルサイズバンのカスタムも提案し、その代表モデルがミリタリースタイルのエクスプレスだ。

中学生の頃に見たナイトライダーが俺のアメ車人生のスタート

中学生の頃に見たナイトライダーをキッカケに、18才でファイヤーバード・トランザムを購入したKさん。それ以来、愛車はアメ車オンリーで次々と乗り換え。思い出のトランザムと共に、夢の複数台アメ車ライフを満喫中!

姉妹の旦那さんが共にアメ車に乗っているとの情報から取材に伺ったが…

絆企画としてはまさにピッタリ! しかも超レアケースな2組のファミリー。義理兄弟でアメ車に乗っていますとの情報をいただき取材に伺った筆者が想像したケースの、さらに斜め上を行く展開にビックリ!

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger