アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

アメマガ2023年9月号

ヴォルテックス横浜

神奈川県

エクスプレス

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。


十人十色の要望に応えるまさにオリジナルの内装

新型コロナウイルスに端を発し、他人と極力接することなく外出して楽しめる遊びとして巻き起こったアウトドアブーム。コロナ過が落ち着いた今でもこの流れは継続しており、より拍車が掛かっているようにも感じられる。アウトドア遊びの中でも一番の人気はキャンプで、テントを張るスタンダードなものから、キャンピングカー&トレーラーで行なうものまで、ありとあらゆるスタイルで楽しむ人たちが増えているとあって、キャンプ関連のイベントはどこも大盛況だったりする。

 

アメ車マガジンとしては自動車雑誌なのでキャンピングカー&トレーラーを主軸としたキャンプにスポットを当てたいし、それらがアメ車ベースであったり、アメリカ製だったりしたら言うことはない。しかし、我々が望むタイプのものを日本で目にする機会はそう多くない。なぜなら日本車もしくは欧州車をベースにしたものが主流を占めているためだ。アメリカにも数多くのキャンピングカーメーカーが存在しているというのに…。

 

だが、この状況を嘆いていても何も始まらないため、どこかにアメ車をベースとしたキャンピングカーを製作しているショップはないものかと探していたところに紹介されたのがヴォルテックス横浜だ。聞けば「好みや仕様用途に合わせて一から製作しますよ」とのことで、早速シボレー・エクスプレスをベースに製作されたキャンピングカーの車内を見てみると、両車の造りはまったくの別物。共通しているのは最後部にベッドが設置してある、または設置できるようになっているぐらいで、そのほかのシンクやテーブルなどの配置に共通性はなく、まさに好きなように造りこむことができるのだ。

これらの製作を担当する和田さんに話を伺ったところ、「既成のってカッコ良くないし、使い勝手が悪いじゃない。だからユーザーさんの用途に合わせつつ実用的でカッコイイものを造ってあげたい」とのこと。これまで大工として腕を磨きつつ、プライベートではアメ車を所有してきた和田さん。しかもキャンプ好きだけにアメ車乗りの思いもしっかりと把握。まさに痒いところに手が届くとはこのこと。ちなみにヴォルテックス横浜では製作済みのキャンピングカーの販売もしているが、車両を持ち込みによるオーダーも受け付けているので、まずは気軽に相談してみてほしい。

Chevrolet Express
外観はごく普通、しかしドアを空けると快適な車内


天井から側面、そして床にリアルウッドとフェイクを適材適所に配して仕立てられた室内が特徴のロールーフ。ウッドテイストが漂いまさに癒しの空間へと仕立て上げられている。こちらはベッドが常設となっており、その下にはトイレがセットされるとともにリアドア側には収納と電動シャワー設備が備えられている。サイドドアを側にはキッチンがセットされ、反対側には椅子を配置。そして中央部にはテーブルが設けられている。

Chevrolet Express
ハイルーフモデルならではの室内高を生かす


ハイルーフモデルは最後部がコの字型のリビングルームとなっており、室内高もあって解放感のある快適性に優れる。中央にセットされたテーブルは取り外し可能で、さらに脚を取り外すことでベッドの床板として利用することで大人3人が就寝できる広々としたベッドルームが出現する。サイドドアを開けてすぐの棚にはシンクを備えたキッチンを設置し、反対側にはトイレ&クローゼットをセットしている。


SHOP info:VORTEX YOKOHAMA
住所:神奈川県横浜市旭区上川井町564
TEL:050-5277-3005
営業時間:11:00-19:00
定休日:月曜
URL:https://www.redlinecars.jp/


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2023年9月号掲載


関連記事

RELATED


未来の五輪を目指す子供たち、メンバーの夢も乗せて走るエクスプレス

国産ミニバンでは物足りないキャンパーが増えている?【2006 シボレーエクスプレス】

空前のキャンプブームの現在、アズルモータリング・アメリカンショールームには、国産ミニバンでは物足りないとして、フルサイズバンを求め訪れるユーザーが増えている。そうしたユーザーに対して、フルサイズバンのカスタムも提案し、その代表モデルがミリタリースタイルのエクスプレスだ。

中学生の頃に見たナイトライダーが俺のアメ車人生のスタート

中学生の頃に見たナイトライダーをキッカケに、18才でファイヤーバード・トランザムを購入したKさん。それ以来、愛車はアメ車オンリーで次々と乗り換え。思い出のトランザムと共に、夢の複数台アメ車ライフを満喫中!

ムーンアイズのアメリカンな魅力MAXのエクスプレスバン

2006 Chevrolet Express 2500 Van

どっちのスタイルがお好み?もちろんベルエアのことですよ!

50年代を代表するアメ車と言えば? もちろん人それぞれ答えは異なるが、多くの人がベルエアの名前を出すに違いない。歴代モデルの中でも特に第一世代は曲線を多用しており、可愛らしくもある。

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger