ドラッグレースに徹したスパルタンなチャレンジャー

クーペ

ダッジ

兵庫県

チャレンジャーRT SCATPACK 1320 DRAG-PACK

アメマガ2021年11月号

BUBU阪神

チャレンジャー

チャレンジャーRT SCATPACK

HIGH PERFORMANCE MUSCLE CARS
2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK


2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK

本場USのドラッグレーサーを市販化。そんな本格派で公道を走る“ アメリカンジョーク” な話を、本気で実現させてしまうノリの良さがダッジブランドの魅力。1320フィート(0.25マイル)を制するスパルタンな味付けは格別!

スーパービーからアングリービーへ。その真価に迫る!

2019年モデルよりR/Tスキャットパックのオプションとして加わった「1320ドラッグパック」。2020年2月にもBUBU阪神に在庫しており、当時は大阪の北港マリーナまで持ち出して近辺を走らせてのドライビングインプレッションも込めて取材したモデルだ。

 

当時はスパルタンなスペックにダークグリーンの落ち着いた渋みのあるボディカラーがジェントルで好印象と紹介したが、今回撮影した車両はいわゆる定番色にして人気カラーのホワイト。これがまた粋な選択肢としてそそる。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK

スーパーチャージャーに頼らず、6.4LのHEMI本来のパフォーマンスを生かしつつ、非対称のリミテッドスリップディファレンシャルや41スプラインリアアクするハーフシャフト。

 

ドラッグレースにとって重要な要素であるスタート時におけるリア重量比率の最適化を実現させる、ドラッグモード対応アダプティブダンピングサスペンションのインストールなど、R/Tスキャットパックベースながら、その味付けはスパルタン。運転席のみ標準装備で助手席や後部座席は+1ドルのオプション設定としたしやかなジョークの中にも、そのストイックぶりが窺える。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK

そんなモンスター級のチャレンジャーをハイインパクトカラーで乗るのではなく、あえて定番カラーのホワイトでR/Tスキャットパックと分別がつかないレベルに馴染ませといて、スタートダッシュでその差を見せつけるなんて乗りこなしでもされたら…なんて考えるだけでワクワクするのは私だけではないハズだ。

DSC_1599

最高出力485hp、最大トルク475lbftを発生させる6.4L V8HEMIを搭載。時速100km/h到達まではわずか3.8秒と凄まじい加速力で、ゼロヨンを11秒台で走らせるハイパフォーマンススペックの持ち抜素。SRT392やR/Tスキャットパックと同じエンジンをベースとしながらも、ドラッグパックが如何にドラッグレース用に徹した味付けを加えているかを物語る数値である。

DSC_1565DSC_1590

DRAG PACKの証であり、数字に込められた想いからもその姿勢に本気を感じさせる。アングリービーのエンブレムはタダモノではない証であり、バッジのみならずエアキャッチャーヘッドランプにも“隠れアングリービー”が存在する。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK 1320 DRAG-PACK DSC_1567

ドラッグモード付きの減衰力調整式サスペンションを採用しており、モード選択を切り替えるとスタートダッシュでスポイルしがちなリアの沈み込みを軽減。鍛造アルミホイール20インチにはネクセンのドラッグスペックタイヤ(275/40R20)を標準で装備。現車はブレンボ4ピストンキャリパーに赤いカバーの装飾が加わり、レーシーに拍車をかけた仕立てとなる。

DSC_1609 DSC_1615

キーをオンにするとメーターのメインモニターにアングリービーが登場。デジタルではあるが、メーターの数字表示がどことなくモダンでモパーマッスルらしさを色濃く残す辺りも特筆物。シートはアルカンターラ×レザーのコンビで市販化するドラッグパックのほぼすべては助手席& 後部座席のオプション付。しかし1席約52kgなので、ない方がゼロヨンでは有利だ!


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
HP:https://www.bubu.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 11月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】