大人の嗜みでちょうど良い塩梅に仕立たBUBU阪神のチャレンジャー

クーペ

ダッジ

チャレンジャー

ワイドボディ

チャレンジャーRT SCATPACK

チャレンジャーRT SCATPACK WIDEBODY

兵庫県

BUBU阪神

アメマガ2022年3月号

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

AMERICAN CUSTOMS


2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

フェンダーマット塗装とローダウンでワイドフォルムに拍車を掛ける!

BUBU阪神の在庫車両は本国モデルの希少カラーや限定モデルが中心。そんなイメージを抱きがちな読者必見。要望があればどの様な仕様にもカスタムして納車が可能。その代表作として今回自社カスタムコンプリートを施したチャレンジャーを徹底リポート。

純正然としたフォルム造型を生かすのが、大人の嗜み

カスタムと聞くとハイインパクトカラーや鍛造大口径、ディープリムにエアサス。中にはガルウイングなど、イベントで見かけるショーカー的なイメージを抱きがちではあるが、中にはさり気なくほかと差別化させたり、こっそりと個性を主張する絶妙なさじ加減を良しとするスタイルも存在する。詳しくない人から見れば純正かと見間違えるほどナチュラルに溶け込む落ち着いた仕立てもまた、カスタムの醍醐味と言える。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY

そんな大人の嗜みでちょうど良い塩梅に仕立てるのが紹介するBUBU阪神のチャレンジャー。R/Tスキャットパックワイドボディをベースにリップスポイラー同色のマットな質感でワイドフェンダーをマッチペイント。さらにロー&ワイドフォルムを惹きたてるべく、H&Rローダウンキットでロワードフォルムへ。ほど良くスパルタンな仕立てとなったところで、それに遜色ない様にモパー製のボンネットフードピンを設けて、エンジンルームへと目をやるとタワーバーとエアインテークがレーシーさを引き立てる。ボトムスはデビルズリムの20インチに305/35ZR20を装着しており、ブレンボ6ポッドブレーキシステムが予め装着済。この辺りまで手を加えてしまいがちではあるが、余力を残して楽しむところも粋。カスタムの醍醐味は手数の多さだけじゃない。どの様に素材の魅力を増していくかに面白味がある。

 

チャレンジャーはグレードや仕様が豊富で、ディーラーメイドカスタムのクォリティーが高い個体なので、その絶妙な塩梅を見極めるセンスがスタイリングの決め手となると言えるだろう。

DSC_5925 DSC_5920

485hpを発生させる6.4L、V8の392HEMIエンジンを搭載するスキャットパック。そのパフォーマンスをエアインテークでさらに向上させてタワーバーで剛性を強化。ボンネットフードピンは一手間増えるが、その存在感は格別。タダモノではないオーラがヒシヒシと伝わってくる。

IMG_0925IMG_0931 DSC_5904

H&Rのローダウンキットでワイドフォルムに拍車を掛けたロー&ワイドフォルム。オーバーフェンダーをマットブラックに塗装することでその造型美を鮮明に印象付ける。デビルズリムの太いホイールに装着される305/35ZR20は同等の社外品に換装するよりも、オリジナル重視がベター!


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
www.bubu.co.jp
PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年3月号掲載

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。