公私共に使うエスカレードはワイルドなマットブラックボディ

SUV

アメマガガールズ

キャデラック

アメ車女子

アメマガ2021年12月号

アメ車女子のライフスタイル

エスカレード

彼女たち流のアメ車との付き合い方
CADILLAC ESCALADE

#アメ車女子のライフスタイル


CADILLAC ESCALADE

ネイルサロン経営者の足はワイルドなマットブラックのエスカレード!

ネイリストと言えば、イメージ的には奇抜な色のクルマを好む印象ではあるが、紹介するYukariさんの愛車は純正ブラックを通り越して、ワイルドなマットブラックボディ。色を乗せて足し引きするセンスが問われるからこそ、あえて愛車はどの色彩にも属さないフラットなカラーにこだわる。

カスタムには興味ないけど色の表情に妥協は辞さない

夕焼けを通り越してすっかり夜になった9月中旬の日曜日。当日は仕事の都合で夜しか撮影場所に駆け付けられなかったと話すユカリさん。闇夜に潜みつつもV8サウンドの重低音、そしてヘッドライトの横幅の大きさから、すぐに彼女だと気が付いたものの、シルエットは暗闇の中に溶け込んでしまって判別不可能。


そう、彼女の愛車は全身ブラック。それも光に対してギラッと艶めくグロッシーな純正ブラックではなく、こだわって全身マットブラックへと変貌を遂げたエスカレードだった。

CADILLAC ESCALADE

当日待ち合わせしている相手が女性オーナーだと分かってはいるのに、このワイルドなエスカレードを見たとたん、付き添いの彼氏か旦那さんか、それとも強面な人でも来たのかな…と思いつつも軽く会釈をして運転席を覗くと、なんとドライバーはセクシーな女性オーナー! 「いや、そのギャップは反則ですよ。マジで(笑)」と心の中でツッコミつつ、話を聞くと職業は女性の手先を煌びやかに仕立てるネイルサロンを開業したばかりの経営者。

BEE21AB0-DEAF-4A78-B43C-0454FA3239A6

仕事先への通勤はもちろん、ネイルサロンの商材を買い込むビジネスカーとして、そしてプライベートではプードルのアレンちゃん、ジゼルちゃん、そして大きなスタンダードプードルのトルクちゃんの3匹の愛犬を乗せてドッグランへ出かけるなど、公私共にこのエスカレードが大活躍。


3匹への愛情はリアガラスに張ってあるステッカーからもご想像のとおり、後部座席は完全にお犬様仕様で、座席2つを潔く取り去って愛犬たちが快適に移動できるように配慮するほどだ。


ボディカラーを変える大胆なアレンジはしつつもホイールは純正で、カスタムにはそんなに興味は無さげ。でも色だけは職業柄妥協できないのが本音。そして導き出した答えが暖色・寒色・鮮明・グラデーションなど、どこにも属すことのないマットブラックだった。 強面の男性が乗っていたら怪しさ満点だけど、綺麗なお姉さんに乗られちゃ堪らない!「ドライブしてると無駄に視線を感じる…」という話も素直に頷ける。

DSC_3486

何とは聞かされずに旦那さんから「大きいクルマいる?」と聞かれ、冗談で言ってると思いながら「いるー?」と返事したらサプライズプレゼントされたのがキッカケで、愛用するエスカレード。

DSC_3497DSC_3457

幅は大きくてもロングボディじゃないのでタホ同様に駐車スペースで大きくはみ出す心配もない。ラグジュアリーで内装やシートもゴージャスなのに、何の躊躇もなくマットブラックにして椅子を2脚取り去り、愛犬を乗せて豪快に乗りこなす姿は、凄くカッコいい!

CADILLAC ESCALADE

owner : Yukari


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2021年 12月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]