アメ車を取り扱うスカイオートのユーザーに集まってもらい、購入した経緯などを語ってもらった。

ショップ

アメマガ2022年3月号

スカイオート

埼玉県

ショップ探訪

アメマガリコメンドショップ

アメマガリコメンド

アメ車が欲しいけど専門店は敷居が高い…、と思い二の足を踏んでいる人は、非常に多いのでは? そんな悩みを解消するには、口コミというかナマの声が一番。そこで、様々なアメ車を取り扱うスカイオートのユーザーに集まってもらい、購入した経緯などを語ってもらった。

販売からメンテまで頼りになる専門店!

アメマガリコメンドショップ


北米仕様のアメ車が欲しいコアなユーザーにオススメ

ショップ探訪!旬のアメ車ショップに行ってみた!
スカイオート編

創業50年以上になる、埼玉の老舗アメ車専門店「スカイオート」。代表の村上さんは2代目になるが、「スカイオート=H1の専門店」というイメージを定着させた立役者と言える。「以前は国道4号線沿いにありましたが、中古車が中心でしたね。今では新車を数多く取り扱うようになり、アメリカから自社輸入していますが、きっかけとなったのはH1ですね」と村上社長は振り返る。

 

個性的なクルマが欲しいけれど、並行輸入車は故障や車検などが心配…という人も多いと思うが、スカイオートならそんな心配も無用。スタッフ全員がメカニックなので、様々なノウハウを持ち合わせているし、仮に何か不具合が発生しても迅速&確実にトラブルシューティングしてくれる。そんな細かな作業を積み重ねた結果、H1オーナーの駆け込み寺と言っても過言ではないまでに、厚い信頼を得ている。

そんなスカイオートが最近積極的に輸入しているのは、北米仕様のラングラーで、 こちらで紹介したV8を搭載するルビコン392 など、本物のJEEPが欲しい人には堪らなく魅力的なクルマを在庫中。ほかにもUSニッサンなども取り揃えており、様々な新車&中古車からお気に入りの1台を見つけることが可能。まずは珍しいアメ車を眺めに行くような、そんな軽〜いノリで遊びに行ってみては如何かな? スカイオートなら、良いアドバイスを貰えるハズだ。

スカイオートでは定期的にキャンプイベントを開催したり、今回のようにユーザーと一緒にBBQ をすることもある。マッスルカーからミニバン、さらにはH1やテスラまで、あらゆるアメ車&USDM がズラリと並ぶお店は、全国でもそうはないだろう。お目当のクルマを取り寄せてもらうのはもちろん、想定外のクルマと出会えるかも知れないので、まずは気軽にお店に足を運んでみよう。


キャンプに行くためにラックやヒッチを追加!

CHEVROLET TAHOE
宮階恭史さん

C1500 → 1999 ナビゲーター→ラム1500 →現在のタホと、トラックとSUV を行ったり来たりしている宮階さん。スカイオートとの付き合いはナビゲーターからで、10年以上になるそうだ。ちなみにタホは2020年9月に購入し、愛犬や奥様とキャンプに行くためカスタムを施している。

アメ車に対する先入観を払拭してくれるお店です

CHEVROLET EXPRESS
藤田夕貴さん

藤田さんの奥様がスカイオートの鈴木さんと知り合いで、マグナムを購入したのが始まり。その後エクスプレスに乗り換えるが「アメ車は燃費が悪く壊れると思っていたけれど、不安をすべて解消してくれました」と語る藤田さん。汚れていてもカッコよく見えるところもお気に入りだそうだ。

かれこれ20年程お世話になっています

JEEP WRANGLER UNLIMITED
八木下博文さん

ロードマスターやインパラ、ほかにもスポコンやベンツなどをスカイオートで購入してきた八木下さん。四駆としてはJKラングラーが初めてで、JKを買ったことでジェットスキーなどを始めたそう。ちなみにインパネのナビパネルは、スイフトスポーツ用を天地逆に使用している。

父に憧れて迷わずエスカレードを選びました!

CADILLAC ESCALADE
宮階綾大さん

宮階さんの息子さんも、実はアメ車オーナー。購入したのは2021年8月で、お父さんの影響もあり迷わずスカイオートに相談。お店に在庫していたエスカレードは、現行型のテールやレグザーニホイール、ワンオフマフラーなどにカスタム済みで、そこが気に入って即決したそうだ。

クルマ酔いしやすい奥様がアメ車だと酔わない!

LINCOLN TOWN CAR
稲垣幸平さん

“brother GAKKEY”としてリングに立つ、プロレスラーの稲垣さん。リンカーンを選んだのは、昔グアムで乗ったら奥様がクルマ酔いしなかったから、と愛妻家な一面も。ちなみのスカイオートで購入したのは初めてだが、定休日に視察するなど、意外と慎重すぎる一面も持つ。

朽ち果てそうなH1 とDIY でここまで復元しました

HUMMER H1

「H1を夢で終わらせない」というスカイオートのキャッチコピーに心揺すぶられ、照井さんがH1を購入したのは2011年のこと。7年乗って手離すが、もう一度乗りたくなり6.6のデュラマックスに換装したこのH1を、2021年4月に購入。「唯一無二な存在で、不便も魅力です!」と語る。


スカイオート【SKYAUTO】

住所:埼玉県越谷市南荻島708-1
電話:048-976-1235
URL:https://www.skyauto.co.jp
営業時間:10:00~20:00
定休日:第2・第4火曜日・毎週水曜日


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年3月号掲載


関連記事

RELATED


アメ車に関してトータルでサポートするコーストモータリング

どちらかと言えば訪れにくいイメージの強いアメ車ショップ。そのため初めての時はドキドキだったりする。だが訪れてみて話をすれば、何を戸惑っていたんだと思うもの。コーストモータリングはとってもフレンドリーで、どんなことでも親身になって対応してくれる、まさに頼れる兄貴的ショップだ。

【スカイオート】日本にはない魅力的なクルマを直輸入販売!

ハマーの駆け込み寺として、その名が全国に知れ渡るスカイオート。近年は魅力的なクルマを直輸入販売するが、スカイオートの魅力はそれだけではなく、手厚いアフターサービスに尽きる。

オリジナルブランド「EMMA」も展開する、アメ車&逆輸入車のプロフェッショナル【デイブレイク】

DAY BREAK【デイブレイク】

KPSのオリジナルプレートは、好きな文字を組合わせてプレートを作成することができる

【カリフォルニアモータース】西海岸の魅力を詰め込んだ埼玉の新たなカーショップ

埼玉県三郷市にオープンしたカリフォルニアモータースは、クルマとカフェ、アウトドアグッズが一体となったマルチカーショップ。バリスタ監修のカフェやブックカフェスタイルのエリア、専門スタッフが常駐し展示・販売するショプを取材!

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger