定番だからこその安定感と安心感が「アメリカンレーシング」の魅力だ。

ホイール

アメマガ2022年4月号

THE VINTAGE

アメリカンレーシング

American Racing【アメリカンレーシング】

THE VINTAGE


American Racing【アメリカンレーシング】

答えはいつだって“シンプル・イズ・ベスト”

時代の移り変わりに左右されることなく、これまで守り続けてきたシンプルなデザイン。定番だからこその安定感と安心感が「アメリカンレーシング」の魅力だ。

アメ車に限らずビンテージモデルが注目されている昨今だが、バリエーションの豊富さで群を抜くだけでなく、消耗パーツの供給体制、そしてカスタムするアフターパーツの流通量など、ほかと比べてもアメ車のビンテージモデルほど恵まれた環境にあるクルマはないだろう。中でも足もとを華麗に彩るホイールのラインナップといったらそれこそ豊富で、何をセレクトしたらいいのか見当もつかない…なんてことにもなりかねないが、迷うのであれば原点回帰が一番の近道。そこで今回、編集部的にオススメするのが、永遠不変のド定番である「アメリカンレーシング」。

 

同ブランドにはフラッグシップモデルである「TORQ THRUST」を筆頭に「VINTAGE」「MODERN」など、ビンテージモデルだけでなく、最新モデルにもマッチする様々なタイプを用意しているが、そのデザインは基本的にシンプル。今どきはどうしても華美なデザインが目立ちがちではあるものの、シンプル美を貫くアメリカンレーシングのスタンスからは確固たる信念が感じられる。これこそが編集部的に同ブランドを推す理由だ。

「TORQ THRUST」

AR105MT TORQ THRUST M

AR105MT TORQ THRUST M
16×7J~18×10J

VN615 TORQ THRUST II

VN615 TORQ THRUST II
16×7J~18×10J

「VINTAGE」

VN511 SALT FLAT SPECIAL

VN511 SALT FLAT SPECIAL
17×7J~20×9.5J

VN510 DRAFT

VN510 DRAFT
18×8J~18×10J

VN506 RALLY

VN506 RALLY
17×7J~20×9.5J

「MODERN」

AR935 REDLINE

AR935 REDLINE
18×8J~20×10J

AR932 SPLITTER

AR932 SPLITTER
20×9J~22×10.5J

AR921 TRIGGER

AR921 TRIGGER
15×7J~18×8J

「アメリカンレーシング」はアフターマーケットホイールの生産工場として1956年に創業し、70年近い歴史と伝統を持つ世界を代表するホイールブランド。日本でもTorqThrustやOut Lowなどのビンテージスタイルのデザインが80~90年代にかけて爆発的な人気となり、アメ車乗りには憧れのブランドであった。現在ではこれらの伝統的なビンテージデザインのほか、オーソドックスでありながらも落ち着いたデザインの大口径モデルも提供している。


MLJ

TEL:03-5473-7588 
URL:http://www.mljinc.co.jp
PHOTO:MLJ
TEXT:編集部
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


ベルエアを手にした10年前から徐々にフィフティーズの世界観に興味を持ち始めた

クルマを通じてその年代の音楽やファッションに興味を持つことは割と多い。だけど何もかもがその年代色に染まるなんてことはかなりレア。紹介するオーナーは夫婦揃ってロカビリー!ファッションからカルチャーまでフィフティーズの虜に!

オーナーのシボレー210はわざと錆を誇張したり、壊れていないところに手を加えたりしない

クルマとファッション、音楽は切っても切り離せない存在だ。音楽からクルマへ入る人もいれば、ファッションからクルマへ辿り着く人も。カーカルチャーはライフスタイルを映し出す鏡として大きな役割を担い、逆もまた然りである。

「いつかビンテージのアメ車に乗りたい!」と選んだのは、1969年型のマスタング・ファストバックだ。

カッコイイ物や美しいものに心がときめくのは当たり前だが、それがファッション業界に身を置く人なら、なおさらだろう。ヘアサロンを営む市橋さんが選んだ初のアメ車は、1969年型のマスタング・ファストバックと言うのも納得だ。

精悍なルックスの69年型マスタング、最初のマック1はコイツから

ハイパフォーマンスカーならではの精悍なスタイリングの美しさと、エコノミ
ーカーにも通じるフレンドリーな扱いやすさを兼ね備えるマスタング史上最
もバランスの良い初代マック1。このカッコ良さはライバルたちを黙らせる!

全マスタングオーナーの駆け込み寺的存在のお店【ガレージK&M】

30年近くにわたり、日本のマスタングオーナーを支え続けてきたガレージK&M。創業した浦安で15年間、市川では13年間営業を続けて来たが、2021年の10月に、同じ千葉県でも柏市に移転。リニューアルオープンを果たした新店舗を紹介しよう。

 
×