サブライムグリーンの74年型チャレンジャーと72年型チャージャーラリーパッケージ

クーペ

ビンテージ

ダッジ

チャレンジャーRT

チャージャー

THE VINTAGE

オートギャラリー

チャージャー Rallye Package

チャレンジャー

アメマガ2022年4月号

東京都

1972 Dodge Charger Ralyle Package
1974 Dodge Chalelnger R/T

THE VINTAGE 色褪せることなく魅せる、その風合いがたまらない!


1972 Dodge Charger Rallye Package
1974 Dodge Challenger R/T

モパーの魅力を体現する超絶人気車!

最近のクルマにはない個性的なスタイリングや、ダウンサイジングとは無縁な大排気量エンジンなど、ビンテージアメリカンの魅力は語り尽くせない。そんな中でもマッスルカーは、映画の影響もあって、世界的に見ても人気が沸騰中だ。

オリジナルにこだわるかパフォーマンスを求めるか

アメ車やUSトヨタなど、国産車にはない個性的なクルマを積極的に販売するオートギャラリー東京。どちらかと言うと現行モデルを数多く扱う印象があるが、実はビンテージモデルも扱っていない訳ではない。今回のビンテージアメリカン特集に合わせた訳ではないが、まさにベストタイミングでカリフォルニアからこのチャレンジャーとチャージャーが上陸したので、紹介しよう。

1974 Dodge Chalelnger R/T _45I7783

まずはサブライムグリーンが目にも鮮やかな、1974年型のチャレンジャー。一見すると車高を下げているだけで、スタイリングはほぼノーマルの様に思うかもしれない。だがホイールの奥を覗いてみると、前後共にドリルドスリットローターが! 実はこのチャレンジャーには、バイパーSRT10のブレーキユニットが移植済み。しかも、リアサスペンションはリーフから独立懸架へアップデートが図られている。

 

「ビンテージカーが欲しいけど、現代車の走りを知ったらやはりブレーキはちょっと弱いし、毎日乗るのは疲れてしまいそう…」と言う声が聞こえなくもないが、しっかりしたブレーキや、リーフとは桁違いに高い路面追従性を実現しているので、前述した様な不安はまったくないと言えるだろう。

 

往年のスタイルや、良い意味でのバイブレーションはそのままだが、クルマとしての安全性を向上させたのがこのチャレンジャー。ビンテージモデルと現代車の良いところを組み合わせた、ちょっとズルいクルマかも知れない。

1972 Dodge Charger Ralyle Package _45I7665

そんなチャレンジャーに対してチャージャーは、ちょうど半世紀前に製造された1972年型。50年も経過していたら走行距離はさぞ…と思うかもしれないが、まさかの6.9万kmとのこと! まさにタイムスリップしてきたかの様な低マイレージ車で、よくぞまぁ、こんな個体が見つかったもの。オートギャラリー東京も「奇跡の1台」と言うだけのことはある。

 

チャージャーは、映画のせいでコンシールドタイプの人気が高いが、保安基準の変更で70年型からは丸目4灯にフェイスリフトを実施。モパーらしいワルな顔からどことなく愛らしいスタイルに変わったので、この辺りは好みが分かれるところだろう。ちなみにエンジンフードにはパフォーマンスペイントが施されており、ラリーパッケージという装備も備わる。

 

ほんの10年ほど前までなら、ちょっと頑張れば手が届いたプライスであったビンテージマッスル。だが今や、高嶺の花と言ってもおかしくない存在へとシフトしてしまった。残念ながらここから価格がダウンすることはまずあり得ないので、本当に欲しいなら今がラストチャンスと言えるかも知れない。しかも、同じコンディションの個体は2台と見つからないだろう! それらを考慮するなら、取るべき行動は1つだけ!さぁ、どうする?


1974 Dodge Challenger R/T

1974 Dodge Chalelnger R/T _45I7468 _45I7512 _45I7473 _45I7483

フロントフェイスは71年モデルへとコンバートされ、タイヤはミッキートンプソンで、フロントは26×10.0R18、リアは28×12.0R18を装着。バイパーのブレーキを移植するため、大径ホイールに変更。バイナルトップやフロントリップなども装備。オーソドックスなスタイルだが、中身はまるで別物のクルマだ。

_45I7492 _45I7524

フロントサスペンションはオリジナルのままだが、リアはリーフリジッドから独立懸架式コイルに変更。現代的な乗り味に進化しており、マッスルカーに恥じない走りを実現。

_45I7598

エンジンは340・V8エンジンを搭載。MOROSOのヘッドカバーだけでなく、キャブレターやインテークはエーデルブロック製に交換。K&Nのエアクリーナーにロングチューッブのへダースも装着しており、エンジンのポテンシャルを引き出すカスタムは、ほぼ一通り施されていると言えるだろう。

_45I7558 _45I7569 _45I7582

インテリアはオリジナルをほぼキープするが、ハンドルロックなどを装備。またインテリアはブラックとウッドのコンビとなる。シートもリフレッシュ済みで、新車同然と言える。


1972 Dodge Charger Rallye Package

1972 Dodge Charger Ralyle Package _45I7634 _45I7643 _45I7647

1970年のモデルチェンジ以降は、固定式のヘッドライトを採用。これによりフロントマスクの印象が大きく変わったと言える。ボンネット中央の盛り上がりを強調する、パフォーマンスペイントを施す。

_45I7661 _45I7675

サスペンションは当時としては一般的な方式。フロントは独立懸架方式、リアはリジッド式リーフスプリングとなる。乗り心地が良いとは言い難いが、味はある。

_45I7741

チャレンジャーと同じく、340を搭載。ラジエーターは26インチサイズを装備しており、熱対策も万全。エーデルブロックのキャブやTAYLORのプラグコードに交換済み。さりげなく、一通り手が加えられている。

_45I7711 _45I7720 _45I7731

インテリアはフルオリジナルをキープ。727トルクフライトトランスミッションを組み合わせる。当初は6 連メーターを採用していたが、1971年以降はこの車両のように、大型の4連メーターに変更されている。


AUTO GALLERY TOKYO【オートギャラリー】

TEL:042-799-5222
HP:https://www.autogallery.co.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。