シェイカーフード搭載のチャレンジャーR/Tプラスシェイカーの魅力

クーペ

ダッジ

ヘルキャット

シェイカーフード

チャレンジャー

東京都

オートギャラリー

チャレンジャーRT PLUS SHAKER

高性能モデルの証「シェイカーフード」を標準で搭載


高性能モデルの証「シェイカーフード」を標準で搭載 往年のフォルムを再現

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER

ホットなモデルをどこよりもいち早く日本へインポートする術に長けているオートギャラリー東京 が、往年のフォルムで魅了するチャレンジャーR/Tプラスシェイカー を緊急招集!!

ヘルキャットだけがチャレンジャーではない!

マスタング を筆頭に、カマロ 、チャレンジャー といったモダンマッスルエイジたちの人気は高まる一方で、ベースグレードでも必要にして十分なパフォーマンス性能を備えているにもかかわらず、さらにその遥か上をいくハイパフォーマンスモデルが次々と登場し、やはり「アメ車=マッスルカー」という図式は今なお健在。その流れを汲んでオートギャラリー東京 では積極的にモダンマッスルエイジたちを導入中。これまでにも、話題のニューマシンが入庫したと聞けば取り上げてきただけに記憶にある読者も多いことだろう。

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER バック

さて今回入庫したクルマは2015年型ダッジ・チャレンジャーR/Tプラスシェイカーだ。チャレンジャー にはV6エンジンを搭載する「SXT」から707馬力を叩き出す「ヘルキャット」 までラインナップは全10種類。なかでも中核となる「R/T」には5種類を用意している背景からしても、一番力を注いでいることが分かる。

 

ここに紹介するR/Tプラスシェイカー はR/Tグレードの中では上位から二番目となる。しかし、最上位の「R/Tスキャットパック」 は6.4ℓ V8エンジンを搭載しているため、ある意味こちらが最上位と言ってもいい。そんなR/Tプラスシェイカー 。やはり目を引くのはシェイカーフード だろう。2014年モデルで復活させた往年のスタイルを、2015年型以降では標準ラインナップに加えたのだ。

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER フロントDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER リアDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER テールランプ

ボディカラーはビレットシルバーメタリック。グリルのロゴはシェイカー仕様のみクラシックタイプがあしらわれる。一体型だった先代とは打って変わって、新型のテールランプは両サイドに分けた独立型。

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER パワーユニットパワーユニット 5.7ℓV8HEMI

パワーユニットは5.7ℓV8HEMIで、最大出力は372hp(6MTは375hp)、最大トルクは55.3㎏-m(6MTは56.7kg-m)。ボンネット中央部をくり抜いて突き出したシェイカーがこのグレードの特徴。もちろんエンジンを冷却する性能を備えているが、“揺れる”かは自身で確かめて欲しい。

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER ホイール

装着するホイールはオプションのライトウエイトタイプで、カラーはマットブラック。サイズは20X9J。タイヤサイズは245/45ZR20。

DODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER ハンドルDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER メーターパネルDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER インテリアDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER ギアDODGE CHALLENGER R/T Plus SHAKER サンルーフ

平面基調だった先代モデルに比べ新型のインパネ回りは抑揚を付けて躍動感を高めているだけでなく、各部操作類をドライバー側に傾けた配置でコックピット型のレイアウト。アナログタイプの2連メーター中央のモニターには、エンジン始動時にシェイカーのロゴを映し出す。シートはスポーティなバケットタイプ。ブラック&ルビーレッドのナッパレザーを用い、さらにルビーレッドのステッチとシェイカーのロゴが施されている。サンルーフも装備。

 

チャレンジャー というと話題はヘルキャット となりがちだが、R/Tプラスシェイカー でも必要にして十分のパフォーマンスを備えているだけに、コチラの魅力も捨てがたい。


取材協力:AUTOGALLERY TOKYO
TEL:042-799-5222
HP:www.autogallery.co.jp
撮影&原稿:相場恒弘

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2