フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニア

SUV

OTHER

アメマガ2022年6月号

ガレージジョーカー

千葉県

マウンテニア

マーキュリー

フォードで駆けろ

フォードには上級ブランドのリンカーンがあることは知られているが、中級ブランドのマーキュリーがあることも忘れてはいけない。日本ではマイナー存在だが、本国では普通に見かける一般的なブランドだ。フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニアを紹介しよう。

フォードよりもワンランク上マーキュリーを忘れるな!

フォードで駆けろ!輝きを放つブルーオーバル


この記事で紹介する車の情報           

車種       :2002y マーキュリー マウンテニア

ショップ:ガレージジョーカー
     TEL:0479-25-7740
     HP  |https://www.garage-joker.com/

エクスプローラーと兄弟車、高級仕様がマウンテニア

フォード企画を行なう上で、議論になったのがリンカーンを扱うかどうか。そしてリンカーンがOKならば、マーキュリーもOKということ。とはいえ、日本でマーキュリーといえば、年式の古いモデルばかりで、比較的高い年式は存在しないだろう…と思われたが、ガレージジョーカーにありました、02年型マーキュリー・マウンテニアが。

そもそもマーキュリーは、大衆車のフォードの上級ブランドという位置付けで、さらにその上が高級ブランドのリンカーンだ。「リンカーンまで高級じゃなくても、チョットだけ豪華仕様がいい」というユーザーは比較的多いのか、アメリカを訪れた際にマーキュリーのクルマとよく遭遇したのを思い出す。ガレージジョーカーがマウンテニアを仕入れた理由も、まさに「アメリカでよく走っているクルマ」だからだ。

今回のマウンテニアは、02年にフルモデルチェンジした2代目にあたるモデルで、外観はマーキュリー仕様となるが、基本的な構造はフォード・エクスプローラーと共通。インテリアが同年型エクスプローラーと比べると上質になっている。

 

デザインの好みにもよるが、エクスプローラーの購入を検討するならマウンテニアもあり。何より、日本でマウンテニアを乗るだけで珍しがられるのは間違い。

2002年にモデルチェンジし2代目となり、新設計の4輪独立懸架サスペンションや基本構造は2000年にモデルチェンジしたエクスプローラーと共通。マウンテニアの外観の特徴といえばボディ全体の下部パネル類がシルバーになっていることだが、今回のモデルはそれらをボディマッチペイント。ヘッドライトなどのライト類も新品に交換され、古さを感じさせる部分は改善済み。

エンジンはエクスプローラーと同じく4.0ℓ V6、4.6ℓ V8が設定されている。今回のモデルは4.6ℓだ。240hpを発揮し、5ATとの組み合わせで力強い走りを見せてくれる。点火系などの消耗品は新品交換済みだ。

基本的なデザインはエクスプローラーと共通となるが、ツートンレザーシートなど細かい部分で上質な作りになっている。エクスプローラーと同様に02年型からのマウンテニアにも3列シートが採用されている。


Thanks:GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
https://www.garage-joker.com/


PHOTO&TEXT:相馬一丈

アメ車マガジン 2022年6月号掲載


関連記事

RELATED


後悔のない人生を送るため、ずっと憧れていたマスタングの購入を決断。

たった一度の人生、後悔なく生きる。よく聞くことのある言葉だが、一度死を覚悟し生還した人の口から聞くと、その言葉の重みは全く違う。生存確率40%という大手術を乗り越えたTAKAさんは、後悔のない人生を送るため、ずっと憧れていたマスタングの購入を決断する。

Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

Jeepを意識したコンパクトSUVとして誕生したアーリーブロンコから派生しながらも、ブレイザー、ラムチャージャーに対抗するフルサイズSUVとなったブロンコⅡ。コレクタブルカーとなった初代に続いて、ブロンコⅡはフルサイズトラックに便乗して人気急上昇!

小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

メキシコ生まれの特別なダッジ。絶対的レア車ラム顔のSUV

人とは違うクルマを求めレア車を探す読者も多いだろうが、90年代のSUVで間違いなくレア車といえるのが、二世代目のラムトラックの顔でSUVとなるダッジ・ラムチャージャーだ。

アメ車に乗ることを夢みていたオーナーが親友のあとを追って遂にアメ車デビュー

20代の頃、親友と一緒にアメマガを見ていつかはアメ車に乗ることを夢見ていた大根さん。だが購入する勇気がなく、ずっと憧れのまま。転機となったのは、就職した会社にアストロ乗りがいたことと、夢を語った親友がアメ車を購入すると聞いたとき。「じゃ俺も買う!」と、親友の後を追って遂にアメ車デビュー!

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】