66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメマガ2022年7月号

GM CARNIVAL

ノヴァ

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

エッジを効かせたモダンなスタイリング

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


スタイリッシュなルックスでとりわけ人気の高いシェビーⅡ

'67 CHEVY Ⅱ NOVA SS

シェビーIIはフォード・ファルコンのライバルとしてシボレーが新設計で導入したコンパクトカー。ファルコンには存在した2ドアワゴン、セダンデリバリー、セダンピックアップを除いたセダン、ワゴン、クーペ、コンバーチブルに絞ってラインナップ。66年からの第二世代では、エッジを効かせたよりモダンなスタイリングとなり、セミファストバックのルーフラインもチャームポイント。

 

ちなみにカタログ表記ではシボレーChevyIIが車名で、パッケージとしてノバ・スーパースポーツが存在。67年型で初めてSSパッケージにおいてNOVA SSバッジを採用、69~79年型で車名がNOVAとなる。エンジンは2.5ℓの直4から3.2ℓ、3.8ℓの直6が主流。V8には275hpを発揮する283ciや4速マニュアルに限定して350hpの327ciもラインナップ。

67年はカマロがデビューしたことによって販売台数は前年の1/3以上減少して10万台程度。中でもノバSSは1万台程度で、V8搭載車となるとわずか8200台と、意外なほど希少だったりする。

 

基本的にはエコノミーな大衆車でも、そのスタイリングの良さやドラッグレースでの活躍によって、ホットロッドのフィールドでは人気が高い。ハイパワーなV8エンジンへの換装をはじめ、ボルトオン式の独立懸架サスによるフロントクリップなど、充実した社外パーツで簡単にアップグレードが可能なのも大きな魅力。

 

撮影車はSSのオリジナル車としての魅力をキープしながら、エンジンは350ベースの383ストローカー、ATは3速TH350でアップグレード。ドラッグレースでは超定番のWELDホイールを装着。アメリカでは価格が高騰する中で、アップグレードに投入する予算も今まで以上に高まっているだけに、こんなシンプルで王道的なルックスが今こそ新鮮でクール!

レッドのペイントとクローム&ポリッシュパーツのコントラストが目を惹く。エッジの効いたスタイリングが際立つストレートなボディ。コンパクトでフレンドリーなキャラクターの中にもドラッグマシンとしての戦闘的イメージが共存する。

エンジンは本来設定のない350ciをベースに、ストローカーによって383ciにインチアップ。2速ATのオリジナル、パワーグライドは3 速のTH350 に変更した王道のアップグレード。点火系、吸排気、クーリングファンは機械式から電動式にアップデート。MOROSO製バルブカバー、EARL'S製フィッティングなどの投入パーツもオールドスクールな全体の雰囲気にマッチしている。

WELD Racing 製のホイールは、F はProster、R はDraglite の組み合わせ。入手時からの装着で、ドラッグレースでは前後異なるケースはめずらしくないので、そのまま採用。タイヤはF:Yokohama GT classic 165/80R15、R:BFG Radial T/A 235/60R15を装着。

センターコンソール&セパレートシートはSSパッケージのお約束。シート、内張、ステアリングはストックをキープし、追加メーターとB&M製シフターの装着がドラッグマシンを主張。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹

アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


オールズモービルのスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!

シニア向けで落ち着いたラグジュアリー指向の“オールズモービル”をグルービーな若者向けの“ヤングモービルズ”として仕立てたスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!GM社内規約400ci以内を超える455ci搭載も特別モデルならでは!

カマロが大好きなので 在庫がどんどん増えてます【東海カーズ】

様々なビンテージアメリカンを得意とする、愛知の東海カーズ。カマロが好きなのは分かるが、ちょっと多すぎないか? と思うほど、豊富に在庫を取り揃えているので、お気に入りの1台が見つかるだろう。

半世紀を超えて魅力を放つ同い年のカマロ!【1971 CHEVROLET CAMARO】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

半世紀を超えてもなお、ファンを魅了し続けるベビカマ

2ℓ搭載がスタンダードになった現代版のシボレー・カマロ。決して現行モデルが物足りない訳じゃない。扱いやすさに快適性、燃費にパフォーマンスと、何を比較しても半世紀前のモデルの比じゃない。それでも魅力的に映えるカマロのファーストモデル。通称「ベビカマ」。その魅力に迫る。

モパーマッスル信者だった、彼を虜にしたC7グランスポーツ

2017 CHEVROLETCORVETTE GRAND SPORT

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429