66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

クーペ

ビンテージ

シボレー

アメマガ2022年7月号

GM CARNIVAL

ノバ

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

エッジを効かせたモダンなスタイリング

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


スタイリッシュなルックスでとりわけ人気の高いシェビーⅡ

'67 CHEVY Ⅱ NOVA SS

シェビーIIはフォード・ファルコンのライバルとしてシボレーが新設計で導入したコンパクトカー。ファルコンには存在した2ドアワゴン、セダンデリバリー、セダンピックアップを除いたセダン、ワゴン、クーペ、コンバーチブルに絞ってラインナップ。66年からの第二世代では、エッジを効かせたよりモダンなスタイリングとなり、セミファストバックのルーフラインもチャームポイント。

 

ちなみにカタログ表記ではシボレーChevyIIが車名で、パッケージとしてノバ・スーパースポーツが存在。67年型で初めてSSパッケージにおいてNOVA SSバッジを採用、69~79年型で車名がNOVAとなる。エンジンは2.5ℓの直4から3.2ℓ、3.8ℓの直6が主流。V8には275hpを発揮する283ciや4速マニュアルに限定して350hpの327ciもラインナップ。

67年はカマロがデビューしたことによって販売台数は前年の1/3以上減少して10万台程度。中でもノバSSは1万台程度で、V8搭載車となるとわずか8200台と、意外なほど希少だったりする。

 

基本的にはエコノミーな大衆車でも、そのスタイリングの良さやドラッグレースでの活躍によって、ホットロッドのフィールドでは人気が高い。ハイパワーなV8エンジンへの換装をはじめ、ボルトオン式の独立懸架サスによるフロントクリップなど、充実した社外パーツで簡単にアップグレードが可能なのも大きな魅力。

 

撮影車はSSのオリジナル車としての魅力をキープしながら、エンジンは350ベースの383ストローカー、ATは3速TH350でアップグレード。ドラッグレースでは超定番のWELDホイールを装着。アメリカでは価格が高騰する中で、アップグレードに投入する予算も今まで以上に高まっているだけに、こんなシンプルで王道的なルックスが今こそ新鮮でクール!

レッドのペイントとクローム&ポリッシュパーツのコントラストが目を惹く。エッジの効いたスタイリングが際立つストレートなボディ。コンパクトでフレンドリーなキャラクターの中にもドラッグマシンとしての戦闘的イメージが共存する。

エンジンは本来設定のない350ciをベースに、ストローカーによって383ciにインチアップ。2速ATのオリジナル、パワーグライドは3 速のTH350 に変更した王道のアップグレード。点火系、吸排気、クーリングファンは機械式から電動式にアップデート。MOROSO製バルブカバー、EARL'S製フィッティングなどの投入パーツもオールドスクールな全体の雰囲気にマッチしている。

WELD Racing 製のホイールは、F はProster、R はDraglite の組み合わせ。入手時からの装着で、ドラッグレースでは前後異なるケースはめずらしくないので、そのまま採用。タイヤはF:Yokohama GT classic 165/80R15、R:BFG Radial T/A 235/60R15を装着。

センターコンソール&セパレートシートはSSパッケージのお約束。シート、内張、ステアリングはストックをキープし、追加メーターとB&M製シフターの装着がドラッグマシンを主張。


PHOTO&TEXT:石橋秀樹

アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


オールズモービルのスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!

シニア向けで落ち着いたラグジュアリー指向の“オールズモービル”をグルービーな若者向けの“ヤングモービルズ”として仕立てたスーパーマッスルカー、ハースト/オールズ!GM社内規約400ci以内を超える455ci搭載も特別モデルならでは!

カマロが大好きなので 在庫がどんどん増えてます【東海カーズ】

様々なビンテージアメリカンを得意とする、愛知の東海カーズ。カマロが好きなのは分かるが、ちょっと多すぎないか? と思うほど、豊富に在庫を取り揃えているので、お気に入りの1台が見つかるだろう。

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

プロツーリングほど手を加えず “ちょうど良い塩梅”で乗るべき名車【エルカミーノ】

最新のエンジンや足回り、ブレーキシステムでパリッと仕上がったビンテージマッスルはもちろんカッコいい。でもエルカミーノのキャラクターにはカジュアルに乗りやすく、適度にパフォーマンスを向上させて乗るくらいがちょうど良いのではと思う。そんなコンセプトで着々と製作しているF.A.S.Tの69エルカミーノをPick up!

69年型から、以前はシェビーⅡのサブネームだった「ノバ」に車名統一。1970y シボレー ノバ【ガレージカーカス】

メンテナンスからカスタムまで。新旧アメ車、逆輸入車などをトータルで扱う「ガレージ カーカス」。今回そのピットで見つけたのは1970年型のシボレーノバ、2ドアクーペだった。

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2